2007年12月31日

【ローズ・イン・タイドランド】My Cinema File 155

tideland_Jeliza-Rose.jpg

原題: Tideland
2005年 イギリス=カナダ
監督: テリー・ギリアム
出演: 
ジョデル・フェルランド:ジェライザ・ローズ/人形の声
ジェフ・ブリッジス:ローズの父親ノア
ジェニファー・ティリー:ローズの母親
ジャネット・マクティア:デル
ブレンダン・フレッチャー:ディケンズ
サリー・クルックス:デルの母親

<映画.com>
********************************************************************************************************
「ブラザーズ・グリム」のテリー・ギリアム監督が、少女の幻想的な想像力を独自の世界観で映像化。母親が急死して、元ロック・スターでジャンキーの父親と草原の中のボロ家にやってきた女の子、ジェライザ=ローズ。孤独な彼女の前に、次々と不思議なことが起こり始める……。主演のジョデル・フェルランドは人気ゲームの実写版『サイレントヒル』にも出演。父親役には「シービスケット」のジェフ・ブリッジス。
********************************************************************************************************

世話の焼けるママが突然死んで、逃げるように元ロックスターのパパと街を出てテキサスにあるお祖母ちゃんの家にやってきた10歳のジェライザ=ローズ。
お祖母ちゃん亡き後ほったらかしだったボロ家に辿り着く早々、パパはクスリで“バケーション”に出てしまい、仕方なく親友のバービー人形の頭を連れて探検を開始する。
意味不明な言葉を発するリスを追って秘密の屋根裏部屋を見つけ、家の周りに広がる金色の草原では幽霊女に出くわして…

ロックをやる父親と怠惰な母親。
家の中はゴミだらけ。
おまけに父親が打つクスリの準備をさせられる・・・
そういう環境下で育ったローズ。
もの凄い環境下なのだが、生まれた時から当たり前になってしまっていると本人にとっては違和感はないものなのかもしれない。

母親が発作で死んでしまい逃げるようにして父親と父親の実家に転がり込む。
だけどそこは廃墟。
さっそくクスリを打つ父親だが、椅子に腰掛けたまま死んでしまう・・・
ローズはそれに気付かず一人遊びを続ける。
空想の世界で友達と遊ぶのが楽しみなのだ。

なんとも不思議な感じの映画だ。
不思議な国のアリスになった気分のローズの空想と近所に住むちょっと変わった親子との交流で映画が進む。
当初は何かファンタジー系の映画かと思っていたが、まったく違っていた。

エンディングの列車事故が何を意味するのかよくわからなかった。
主演の少女ローズは独壇場に近いが大したものだと関心する。
人によっては評価は分かれるのかもしれない映画だが、ローズの評価は高いのではないだろうか。
これが2007年最後の映画でした。


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 16:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ

2007年12月30日

【ザ・ウォッチャー】My Cinema File 154

the-watcher.jpg

原題: THE WATCHER
2000年 アメリカ
監督: ジョー・シャーバニック
出演: 
キアヌ・リーヴス:グリフィン
ジェームズ・スペイダー:キャンベル
マリサ・トメイ:ポリー
アーニー・ハドソン:イヴィ
クリス・エリス:ホリス

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
アンチ・ヒーローを志向する傾向のあるキアヌ・リーヴスがついに完全な悪役を演じた。しかも女性を殺害しながらも能面のように感情を露にしないという徹底した悪漢だ。彼とスペイダーの組み合わせも絶妙。追う側であるスペイダーはFBI捜査官ながら心身共に病んでいる。ところが追われる側であるリーヴスは全く精神にブレがなく確固たる信念を抱いているように見えるのだ。このギャップが正義の拠り所を曖昧にして恐怖を煽る。キャスティングの勝利と言える作品だ。
********************************************************************************************************

FBI捜査官のジョエル・キャンベルは、デイヴィッド・アレン・グリフィンという名の連続殺人鬼の横行に悩まされていた。グリフィンは孤独な女性ばかりを狙い、追いつ追われつのゲームを楽しむかのように殺すやり方。そしてついに、キャンベルの愛人を殺害。彼女を救えなかったことで心に傷を負ったキャンベルは、ロスからシカゴに転任を願い出る。しかし、グリフィンの挑戦はまだ終わらない・・・

キアヌ・リーブスが連続殺人鬼に扮して登場する。
「ザ・ウォッチャー」とのタイトルにある通り、連続殺人鬼グリフィンはじっと観察する。被害者を、そしてなぜかFBI捜査官のキャンベルを。

狙われるのは孤独な独身女性。
ターゲットを決めるとじっくりと行動パターンを観察し、そして狙い定めて家に忍び込む。
無防備な被害者たちは次々と毒牙にかかり、しかも証拠をまったく残さない。

そんな冷酷な殺人鬼をキアヌ・リーブスが演じる。
本来は正義の主人公を演じるべきスターが悪役に回るというのもイメージの逆をついて面白い。
『ターミネーター』(第1作目)のシュワルツネッガーなどは強烈なイメージであった。
ここでも連続殺人鬼キアヌは光っている。

証拠をまったく残さぬ手口はスマートであり、2枚目のキアヌのイメージとはぴったりとくる。
おそらくそのまま犯行だけが目的で続けていたのならまだ当分尻尾は捕まえられなかったのかもしれない。
だが、縁のあるFBI捜査官を「追い求めた」ために次第に尻尾を現すようになって行くのだ。

全体としては「そこそこ」の映画というイメージだ。
キアヌ・リーブスといえば「スピード」と『マトリックス』シリーズのインパクトが大きいが、実はけっこう「そこそこ」の映画にも出ている。
これもそうと言えるが、見ても損はないと言えるだろう。


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 18:02 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 犯罪ドラマ

2007年12月29日

【ソウ3】My Cinema File 153

saw3.jpg

原題: SAW III
2006年 アメリカ
監督: ダーレン・リン・バウズマン
出演: 
トビン・ベル:ジグソウ / ジョン・クレイマー
アンガス・マクファーデン:ジェフ・レインハート
ディナ・メイヤー:アリソン・ケリー
ショウニー・スミス:アマンダ・ヤング

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
斬新なアイデアと巧みなストーリー展開が話題を呼び、世界的大ヒットを記録したサスペンス・スリラー『ソウ』シリーズ第3弾。密室に監禁された者たちが凄惨なゲームに翻ろうされ、究極の恐怖を体感する。シリーズを生み出したジェームズ・ワンと、リー・ワネルのコンビが原案と製作総指揮を務め、前作に引き続きダーレン・リン・バウズマンが監督を担当。想像を絶する恐ろしい死のゲームの行方や、ついに明かされるジグソウの謎と運命に注目。
********************************************************************************************************

女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。
死体が行方不明となっていたエリック刑事ではなかったことに、ケリーは胸をなでおろす。でも、ジグソウはもう動けないはずなのに、これらの仕掛けはいったい誰がやったのか?しかも、今までのジグソウのパターンとは違うようだ。その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、どこかの地下室に監禁されていた…。新たなゲームが、スタートしたのだろうか?

シリーズ第3弾。
前作までと同様突然死のゲームに放り込まれた犠牲者達が残酷な生き残り方法に耐えてゲームに勝とうとする。
失敗すれば死あるのみ。

第1作では「誰が、何のために」という謎が最後まで続いた。
第2作からは犯人ジグソウが目一杯登場。
本作でも前作からジグソウとその弟子とわかったアマンダがフルに登場する。
残酷なシーンが随所に散りばめられているので苦手な人にはきついかもしれない。

本作でメインターゲットとされたのは愛する息子を交通事故で失い失意と憎悪の中で生きるジェフと家庭の問題に悩む医師リン。
ジェフに課された課題は息子の死に関連した3人の人物を赦せるか?
またリンには瀕死のジグソウの延命が課される。
試練を乗り越えて生き残れるか、見ている方も「ゲーム」に引きずり込まれる。

そしてまた第1作、第2作の裏話も披露される。
「あれは実はこうだったんだよ」という話は前作を見ている者にとっては興味深い。
最後の最後まで展開が読めず、しかしすべてはジグソウの仕掛けの中で進んで行く。
よくこんな脚本考えたなぁと関心ひとしきり。

ストーリー的にはこれで完結なのだが、先日「ソウ4」が公開された。
どういう風にストーリーをつなげるのか、これも興味深い。
シリーズ1〜3を見てしまうと4も見ざるを得ない。
次の「ゲーム」もまた楽しみである・・・


評価:★★★☆☆






posted by HH at 17:36 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | スリラー

2007年12月24日

【ユナイテッド93】My Cinema File 152

united93.jpg

原題: United 93
2006年 アメリカ
監督: ポール・グリーングラス
出演: 
ベッキー・ロンドン:ジーン・ピーターソン
シャイアン・ジャクソン:マーク・ビンガム
チップ・ジエン:マーク・ローゼンバーグ
クロー・シェーン:オーナー・エリザベス・ワイニオ
クリスチャン・クレメンソン
コーリイ・ジョンソン:ルイス・J・ナック2世


<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
アメリカ史上最悪のテロ攻撃事件として記憶された2001年9月11日の出来事を、当事者の視点から再現した衝撃的作。『ボーン・スプレマシー』のポール・グリーングラスが脚本と監督を手がけ、4番目のハイジャック犠牲となった、ユナイテッド航空93便の乗員と乗客らが経験した未曾有の恐怖心をリアリスティックに描く。離陸からハイジャック、そして運命の瞬間までを時間軸にそって再構築し、悲劇の結末を臨場感たっぷりに伝える。
********************************************************************************************************

2001年9月11日。ニューアークの空港は、朝の喧騒に包まれていた。離陸の準備を整えたユナイテッド航空93便は、40名の乗客を乗せ、サンフランシスコへ飛び立つ。その直後、ワールド・トレード・センターに2機の民間機が激突した。その頃、ユナイテッド93便の機内でも、テロリストが爆弾を持って操縦室を制圧。機内は混乱に陥るが、地上で起こっている事態を知った乗客と乗員たちは、わずかな武器を手に立ち上がった…

まだ記憶にも新しい9.11同時多発テロ。
「ユナイテッド93」とはその時ハイジャックされた4機のうち、ピッツバーグ郊外に墜落したユナイテッド航空93便の事である。

映画はハイジャック犯たちが準備をし、機内に乗り込むところから淡々と進む。
最初のハイジャック機であるアメリカン航空11便については、管制官も「ハイジャックかもしれない」と半信半疑。
久しくハイジャックが起きていなかったため、「まさか、間違いじゃないのか?」という懐疑的なニュアンスも伝わってくる。

最初の1機がワールドトレードセンターに激突してから段々と前代未聞の事件である事が明らかになっていく。
一連の流れは特にドラマチックな盛り上がりを見せるでもなく、まるでドキュメンタリーを見ているような気がする。

情報が錯綜する。
混乱する現場。
臨場感溢れていて、機内よりもむしろ管制官や空軍の対応の方が面白い。

CNNの速報で、猛煙に包まれるワールドトレードセンターを見た時の衝撃は自分自身の記憶も蘇って、その衝撃を改めて思い出したほどである。
93便の乗客達も機内電話でテロ事件の事を知り「行動」に移るわけであるが、残念ながらハッピーエンドには終わらない・・・

この映画は娯楽というよりやっぱりドキュメンタリーではないかと思う映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 23:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 実話ドラマ

2007年12月23日

【ウルトラヴァイオレット】My Cinema File 151

Ultraviolet.jpg

原題: Ultraviolet
2006年 アメリカ
監督: カート・ウィマー
出演: 
ミラ・ジョヴォヴィッチ:ヴァイオレット・ソン・ジャット・シャリフ
キャメロン・ブライト:シックス
ニック・チンランド:ファーディナンド・ダクサス
ウィリアム・フィクナー:ガース
セバスチャン・アンドリュー:ナーヴァ

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
新種のウイルスに感染した超人間“ファージ”と、彼らを抹殺しようとする人間の攻防を描いた近未来アクション。監督は『リベリオン』のカート・ウィマー。ファージの戦士ヴァイオレットを『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチが熱演する。上海ロケによって生み出されたスタイリッシュな近未来世界の映像と、剣と銃を駆使したアクロバティックなアクション、さらにはミラの美しきスーパーヒロインぶりが見どころ。
********************************************************************************************************

近未来、アメリカ政府が開発したウィルスが漏れ、それに感染した人間は高い身体能力を持つ超人間「ファージ」に変化していた。その力を恐れた人間政府は、彼らを抹殺し始めるが、生き残ったファージは地下組織を結成し、政府との戦いを始めた。ファージを滅ぼす最終兵器が開発されたことを聞きつけ、組織は一人の殺し屋を送り込む。彼女の名はヴァイオレット。かつて最愛の家族を政府に奪われ、復讐に燃える最強の戦士だ。
ヴァイオレットはその最終兵器の入ったトランクを盗み出すが……

ミラ・ジョヴォヴィッチと言えば『ジャンヌ・ダルク』と『バイオハザード』シリーズ。どちらも「闘う女」が主人公で、そういうイメージが強い。
しかもとびきりの美人ときている。
闘う美女というイメージがゆえにこの映画に抜擢されたのではないかと思う。
この映画はまさに「闘う美女」。

普通は主人公も時としてピンチに陥ったりする。
だが、ヴァイオレットは圧倒的な強さで次から次へと敵をなぎ倒す。
敵に銃を突きつけられて取り囲まれても一瞬にして相手をすべて倒してしまう。
ありえないのにありえる。
格闘というよりは華麗なる「ダンス」を見ているようである。

近未来ということであるが、未来のテクノジーもなかなか見ていて楽しめた。
小さなスーツケースに子供がすっぽり入っていたり、外見は丸腰にも関わらず服の一部から銃や剣を抜き出したり、ビルの側面をバイクで走り天井を歩いたり・・・

背景はほとんどがCGなのだろうか?
現実感がまるでない映像となっている。
まるでプロモーションビデオのようである。
そういえばこの映画は「ミラのプロモーションビデオ」という評価もあったが、そう言われてみればその通りである。

終始無敵のヴァイオレット。
最後にちょっとやられたりするが、最後まで華麗なダンスを見せてくれる。
時間も短く手軽に楽しめる映画だ。


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 11:16 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション