2008年11月30日

キューポラのある街

キューポラのある街.jpg

1962年 日本
監督: 浦山桐郎
出演: 吉永小百合/東野英治郎/市川好郎/鈴木光子/森坂秀樹/浜村純/菅井きん/浜田光夫

****************************************************************************************
鋳物の町として有名な埼玉県川口市。
銑鉄溶解炉キューポラやこしきが林立するこの町は、昔から鉄と火と汗に汚れた鋳物職人の町である。
石黒辰五郎も、昔怪我をした足をひきずりながらも、職人気質一途にこしきを守って来た炭たきである。
この辰五郎のつとめている松永工場には五、六人の職工しかおらず、それも今年二十歳の塚本克巳を除いては中老の職工ばかり。
それだけにこの工場が丸三という大工場に買収され、そのためクビになった辰五郎ほかの職工は翌日から路頭に迷うより仕方なかった・・・
****************************************************************************************

温故知新で過去の名作を観るシリーズ。
ちょっと年代が上の人であれば川口と言えばキューポラ、キューポラと言えば川口とまずは反射的に思っていたはず。
そんな川口=キューポラのイメージを決定付けたといえる一作。

1962年と言えばまだ新幹線も開通していない時代。
今でも京浜東北線、東北本線の鉄橋が荒川を越えてすぐのところにある川口。
汽車から電車へと変わっているとはいえ古いタイプの電車が行き交う町でのロケは当時の町並みが覗けて興味深い。

職人気質の辰五郎を父に持つ中学3年のジュンを主人公とした物語。
鋳物工場にも近代化の波が訪れ、辰五郎の勤め先である小さな鋳物工場は大手の工場に買収され、辰五郎も職を失う。
高校へ進学したいジュンであるが、家計の事情が大きな壁となる。

ジュンがアルバイトをするパチンコ店。
台の裏で玉を補給する仕事。
家の前の水道でお釜を洗うジュン。
家はガラスの引き戸で戸を開けるとすぐに茶の間兼寝室。
電報もそのまま隣の人に預けてしまうので読まれてしまう。
個人情報も何もあったものではない。
こんなシーンに当時の世相がわかる。

友人の家族が北朝鮮へ帰る事になる。
かつて大々的に行われていた帰還事業だ。
「ほくせん(北鮮)」「なんせん(南鮮)」という言い方も新鮮だ。
辰五郎はやがて労働組合の力で職を得て働き始める。
なんだか偏りが感じられると思っていたら、原作者は共産党員だとか。

そこには目を瞑るとしても世相を反映したこうした映画は個人的には興味津々。
これからもたくさん観たいと思う。
ジュンは働きながら定時制高校へ進学する道を選ぶ。
時代の息吹だろうか溢れる希望がこぼれ落ちてきそうな映画である。

評価:★★☆☆☆
posted by HH at 12:08 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2008年11月29日

ザ・シューター極大射程

shooter.jpg

原題: SHOOTER
2006年 アメリカ
監督: アントワーン・フークア
出演: マーク・ウォルバーグ /マイケル・ペーニャ/ダニー・グローバー/ケイト・マーラ/イライアス・コティーズ

****************************************************************************************
元海兵隊の名狙撃手、スワガー。
軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。
彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。
スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。
演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。
すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった・・・
****************************************************************************************

どうやら原作がなかなかヒットした本であるようだが、内容は知らずに観た。
「極大射程」という何だかよくわからないタイトルであるが、どうやら長距離狙撃を得意とする主人公に絡めてつけられたのであろう。

冒頭、観測手とともに草むらに隠れて標的を待つスワガー。
観測手とともに行動する、というのが何だか新鮮だった。
というのもこの手の狙撃物は「山猫は眠らない」などのように単独で獲物を狙うからだ。
ゴルゴ13もそうだ。
だが、観測手とペアで行動する、というのも合理的だ。

冒頭の作戦でパートナーを失ったスワガー。
退役して山奥で暮らすが、そこに訊ねてきたのはジョンソン大佐。
大統領暗殺を防ぐために狙撃手の立場から防御ポイントを教えて欲しいというものだった。
山奥を出て調査を始めるスワガー。
しかし、実はそれは陰謀でまんまと狙撃犯に仕立て上げられ、かつ2発も撃たれて重傷を負う。

そこからの逃走劇が実はみどころの一つだ。
軍隊で得たサバイバル技術を駆使し、重傷を負いながらFBIの包囲網を抜け、尚且つ自ら手当てして逃げ切るのだ。
雑貨屋で買った塩、砂糖などで点滴を作ってしまうところはリアルで凄みがある。

また彼を追う新米FBIニックの観察眼も見ものだ。
ドジを踏んだ新米の言う事など誰も聞かない。
だが、一人状況を調べてこの事件は何かがおかしいと気付く。
一つ一つの資料から矛盾点を挙げていくところは、こういう事が好きなためか一際興味をそそられる。

もっとも後半はスーパーマン振りをいかんなく発揮するスワガー。
思わず突っ込みをいれたくなるところもあるが、まあご愛嬌だ。
巨大な悪にはあまりにも脆弱な法。
その壁を突破するスワガーにすきっとさせられるエンディング。
なんとなくジェイソン・ボーンを髣髴とさせるスワガーなのである・・・


評価:★★☆☆☆
posted by HH at 12:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション

2008年11月26日

潮騒

潮騒.jpg

1964年 日本
監督: 森永健次郎
原作: 三島由紀夫
出演: 吉永小百合/浜田光夫/望月優子/石山健二郎/菅井一郎

****************************************************************************************
歌島は伊勢海に面する周囲一里にもみたない小島である。
そこでは、男達は漁に出、女達は海女となって貝をとった。
漁師の息子新治は、今日も太平丸に乗って浜に帰ってきた。
そこで新治は舟を引きあげようとする船主照吉の娘初江に会い、手をかして舟を引きあげてやった。
新治は浜にあがると、山の手にある灯台長のところに魚を届けにいった。
しかしそこで新治は、もらったばかりの給料を浜で落したことに気づき、あわてて引きかえした。
浜には、そんな新治を、笑いながらも、給料袋をひろって家に届けてくれた初江がまっていた・・・
****************************************************************************************

温故知新ではないが、古い映画は好きでここのところよく観ている。
どちらかというと世相がよくわかる1950年代モノに強く興味を惹かれるが、これは60年代の物。
10年違うとモノクロからカラーへと変わる。
それだけでも感じが違ってくる。

原作は三島由紀夫の有名な小説。
もう何度か映画化されているらしい。
この映画は1964年の吉永小百合版である。
(その後山口百恵版も作られた→どうやら若手美人女優を売り出すための手っ取り早いPR映画という気がしないでもない)

舞台は歌島という島であり、田舎の漁村ゆえに当時の世相を知るにはあまり役立たない。
ストーリーは単純で田舎の漁村に暮らす漁師の若者新治と村の有力者の娘初江の純愛物語である。
狭い村ゆえに若い男女は目に付きやすい。
すぐに互いを意識しあうようになる二人。
やがて村の灯台でこっそり会うようになる。

現代でいけばすぐにできちゃった結婚となりそうなのであるが、「嫁入り前の娘がそんな事したらいかんのや」とお堅い態度の初江。
「どうしてもいかんのか」とのんきな質問をする新治。
「あんたの嫁さんになる事を決めたからその時まではいかん」と答える初江。
なんとも微笑ましい、背中がかゆくなりそうなやり取りである。
こういうのが当たり前の世の中だったのだろうが、はたして現代は良いのか悪いのか、判断は難しいところである。

やがて二人の関係は村で噂となっていく。
周りの後押しがあったり、事件があったりして最後は美しいハッピーエンドになるのだが、現代の若者とはまた違った感覚に触れるのも興味深い。
三島由紀夫の原作にほぼ忠実に映画化されているようであり、やっぱり温故知新で観ておいて損はない映画である。


評価:★★☆☆☆
posted by HH at 20:16 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 恋愛

2008年11月25日

パーフェクト・ストレンジャー

perfectstranger.jpg

原題: Perfect Stranger
2007年 アメリカ
監督:  ジェームズ・フォーリー
出演:  ハル・ベリー/ブルース・ウィリス/ジョヴァンニ・リビシ/ゲーリー・ドゥーダン

****************************************************************************************
議員のスクープを握りつぶされて会社を辞めた元新聞記者のロウィーナ。
彼女はある夜、幼馴染のグレースから広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルの話を聞いた。
その数日後、グレースは変死体となって発見されてしまう。
死の真相がハリソンの口封じではないかと疑ったロウィーナは、大スクープを得るべく独自の調査を開始。
元同僚のマイルズの力を借り、偽名でハリソンの会社にもぐりこむことに成功するが…
****************************************************************************************

観終わってみると、最後になってどんでん返しが続く面白いストーリーだった。
腕のいい記者のロウィーナ。
巧みに議員のスクープを掴み記事にしようとする。
しかし最後に政治力でボツにされ、頭に来て記者を辞めてしまう。

そうしたところに現れた幼馴染のグレース。
どうやら広告業界の大物ハリソン・ヒルと不倫関係にあるらしい。
その彼女がヒルを懲らしめると息巻いていたまま変死体となって発見される。
事件の匂いを嗅ぎつけたロウィーナはさっそく彼に接近する。

ヒルとロウィーナの息詰まるやり取り。
最後の最後にヒルの悪事をあばきめでたし、めでたし・・・
となるかと思っていたのだが・・・
途中でなんども挿入されるロウィーナの過去の一シーン。
何のことやらよくわからなかったが、最後に意外なストーリーが隠されていた。
驚いたままエンディング。
しかし、さらに付け加えて「その後」を暗示されるラスト。

けっこう練りに練ったストーリーであり面白い。
面白いのであるが、大絶賛というレベルではない。
まあ「ヒネリが入っていてよかったかなぁ」という感じなのだ。

ブルース・ウィリスも「ダイハード」などとは違った静かな役柄なのであるが、この映画では大物脇役なのだ。
ハル・ベリーももともと美人だがパーテイードレスをまとうと一層それが引き立つ。
「X−MEN」ともまた違うイメージでいいのだが、どうもここではそれだけのような感じがする。
面白いのだが何かが星一つ足りない気がする映画である。


評価:★★☆☆☆
posted by HH at 21:47 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | サスペンス

2008年11月24日

アポカリプト

Apocalypto.jpg

原題: Apocalypto
2006年 アメリカ
監督: メル・ギブソン
出演: ルディ・ヤングブラッド/ダリア・ヘルナンデス/ジョナサン・ブリューワー/モリス・バード/カルロス・エミリオ・バエズ

****************************************************************************************
マヤ文明後期の中央アメリカ。
ジャガー・バウは部族長の父や妻、幼い息子、仲間たちとともに平和な日々を送っていた。
しかしその平和は突然崩れ去ってしまう。
村がマヤ帝国の傭兵に焼き討ちされたのだ。
目の前で父を殺されたジャガーは、捕まって都会へと送られる。
各地で捕縛された人間が奴隷として売り買いされる都会。
そこで彼を待っていた運命は、あまりにも過酷なものだった…
****************************************************************************************

メル・ギブソンといえば「マッド・マックス」でアクションスターとして強烈な印象を残し、「リーサル・ウエポンシリーズ」のハチャメチャな主人公も大当たりで、好きな俳優の一人でもあるが、この作品では監督。
前作「パッション」も監督だったが、これから監督路線になるのだろうか・・・

観始めて驚くがこの映画は英語ではない(マヤ語だそうである)。
アメリカ人は映画の中では世界中の誰もが英語を喋っていると思っているのかと思いきや、ここらあたりがギブソン監督の持ち味なのかもしれない。

「文明が征服される根本原因は内部からの崩壊である」
冒頭で出る意味ありげな言葉。

そしてジャングルの中での狩りのシーン。
仲間たちと獲物を仕留める。
その場で解体する。
残酷なようであるが自然の中で人間も動物も公平に生きている証のようにも思える。
のろまな仲間をからかい、笑いの溢れる村。

しかし「村が襲われた」と言って逃げていく別の村の者達の姿がジャガー・バウの脳裏に強く残る。
見知らぬ恐怖が付きまとう。
それが現実となる朝・・・

なんとか家族を古い井戸の中に隠すが、自身捕まってしまうジャガー・バウ。
目の前で父親を殺され、井戸に垂らしたロープも切られてしまう。
仲間と共にいずこかへと連行される。
そこで待ち受けていたのは生贄となる運命。

たやすく「処理」される仲間達・・・
残酷なシーンであるが、冒頭の狩りのシーンと対比させると実はそうではないのかもしれない。
彼らの文明では「残酷」という言葉は存在しない。
「残酷」という言葉は現代文明そのものなのかもしれない、などと思いを巡らす。

古井戸で脱出できないであろう家族が気になるバウ。
しかし自分の運命も風前の灯・・・
そこからの脱出劇。
ジャングルの中で追う者だった男が追われる者となる。
生き延びて家族を助けなければいけない。

迫力ある逃走劇は後半の見所だ。
自分の森。
父が狩りをし、子供達がやがて狩りをする森。
恐怖に打ち勝ち力強く生き残ろうとするバウ。

「アポカリプト」とは新たな始まりという意味だそうである。
メル・ギブソン監督のメッセージがひしひしと伝わってくる映画である。


評価:★★★☆☆
posted by HH at 11:32 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史ドラマ