2012年08月02日

ダークナイト・ライジング

ダークナイトライジング.jpg


原題: The Dark Knight Rises
2012年 アメリカ
監督: クリストファー・ノーラン
出演: クリスチャン・ベール(Bruce Wayne / Batman)/アン・ハサウェイ(Selina Kyle / Catwoman)/マイケル・ケイン(Alfred)/ゲイリー・オールドマン(Jim Gordon)/トム・ハーディ(Bane)/マリオン・コティヤール(Miranda Tate)/ジョセフ・ゴードン=レヴィット(John Blake)/モーガン・フリーマン(Lucius Fox)

<STORY>********************************************************************************************************
ジョーカーとの戦いから8年、バットマンはゴッサム・シティーから姿を消し、ブルース・ウェインは隠遁生活を送っていた。
そんな彼の家にセリーナ・カイルという女性が忍び込み、彼の指紋を盗み出す。
彼女に盗みを依頼した組織が何か大きな計画を立てていると気付いたブルースは、再びバットマンのコスチュームに袖を通す。
その頃、不気味なマスクをつけたベインという男が、ゴッサム・シティーの地下で大規模テロを計画していた…。
********************************************************************************************************

前作「ダークナイト」に圧倒され、続く本作の登場に狂喜乱舞。
期待に高まる胸を抑え、鑑賞。
結果は、大満足の一作であった。
ただ一点を除いては・・・

前作「ダークナイト」から8年後、ジョーカーの悪に染められたデントは、その最後の姿を伏せられ、英雄として尊敬されている。
悪人たちはデント法によって処罰され、デントを殺害したとされるバットマンは姿をくらましたまま。
ブルース・ウェインも人目を忍んで暮らしている。

そんなウェイン邸に忍び込んで、ブルースの母の形見のネックレスを盗み鮮やかに姿を消したのはキャット・ウーマン。
一方、平和なゴッサム・シティの地下ではマスクの巨人ベインが悪の企みを巡らせている。
ゴードン本部長は平和を良しとしながらも、真実を隠す辛さに心を痛めている。
そして街の平和を守ろうとする熱い警官ブレイク。

役者が揃ったところで、悪は動き出す。
ジョーカーは次々に普通の人々を悪に染めて行った。
その手口は巧妙で、人々はみなその術中にはまった。
しかし、今度の巨悪ベインは何よりも力ですべてをなぎ倒す。
そしてあっという間にゴッサムシティを大混乱に陥れ、シティの人々は為す術もなく彼の元にひれ伏す。

前作ではジョーカー、そして本作ではベイン。
ヒーローモノでは悪が巨大であればあるほど、物語は面白くなる。
ヒーローがピンチに陥り、そして倒れても“立ち上がる”。
敵が強ければ強いほど、その過程は観る者を鼓舞する。

ジョーカーによって次々に悪に染められていく人々を観ていて、前作では正義の無力感に絶望的な気分を味わわされたが、本作では立ち上がる人々の姿に胸を熱くさせられる。
そしてそれを盛り上げてくれるのが、ハンス・ジマーのテーマ音楽。
今や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなどでも名を馳せ、映画音楽は、「昔のジョン・ウィリアムス、今のハンス・ジマー」という感じがするが、本作でもストーリーを幾重にも盛り上げていく効果をあげている。

バットモービルを始めとして、バットマンそのものの見せ場ももちろんあるし、キャット・ウーマンとの絡みも巧みだ。
「バットマン映画」としての楽しみも十分に味わえるが、この映画を「バットマン映画」としてしまうのは実に惜しい。

主演のクリスチャン・ベールは今や本当に見逃せない俳優になってしまった。
キャット・ウーマンのアン・ハサウェイもゴッサム・シティには不似合いな美しさ。
いろいろと幅広く演じているが、こういう役どころも魅力的だ。
その他、ゲイリー・オールドマン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンらのお馴染み陣もすっかり欠かせないキャラクター。
2時間45分という長さをまったく感じさせる事なく、最初から最後までゴッサム・シティに釘付けにされてしまった。
いつまでも胸に残る映画である・・・


評価:★★★★★
   
   

ダークナイトライジング2.jpg


    
     
   ネタばれ覚悟で続きを読む
posted by HH at 23:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 心に残るオススメ映画