2017年04月03日

闇金ウシジマくんPART3

闇金ウシジマくんPart3.jpg

2016年 日本
監督: 山口雅俊
出演: 
山田孝之: 丑嶋馨
本郷奏多: 沢村真司
藤森慎吾: 加茂守
浜野謙太: 戌亥
やべきょうすけ:柄崎

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
山田孝之が高金利の金融屋を演じる人気シリーズで、真鍋昌平による原作コミックの「フリーエージェントくん編」「中年会社員くん編」を基にした社会派ドラマ。女性を口説くためネットビジネスで一獲千金を狙うフリーター、遊ぶ金欲しさに借金を重ねるサラリーマンに丑嶋馨が立ちはだかる。主演の山田のほか綾野剛、本郷奏多、藤森慎吾らが出演。監督は、これまでのシリーズ同様、山口雅俊。欲にまみれた登場人物たちの行く末と、大金が動く危険なマネーゲームが見どころ。
********************************************************************************************************

原作漫画でその存在を知り、映画版はなぜかPART2を観たもののPART1を観ていないというイビツな形で向き合っているこのシリーズであるが、PART2を観る限り映画版も面白く、したがってPART3たる本作品の鑑賞にいたるもの。

 「闇金ウシジマくん」というタイトルながら、主人公であるはずのウシジマくんはあまり表だって活躍しない。「闇金だから」かもしれないが、シリーズの主役は「闇金で金を借りる人たち」である。しかも「闇金で借りる=普通のところでは借りられない」人たちだから、その実態はまさに社会の暗部といったところである。

 今回の主役は派遣労働者の沢村真司とサラリーマンの加茂守である。沢村は派遣会社で何とか食いつないでいる。街で撮影中のタレント麻生りなを見かけながら、金のない自分には無縁だと絶望的な気分に浸っている。そんな中、秒速で億を稼ぐと町中にCMが溢れるネット長者の天生祥のセミナーに目が留まる。参加するだけなら無料という謳い文句にセミナーに参加した沢村は、これに賭けてみようと親から本講座に必要な100万円を借り入れる・・・

 一方、妻がいながら保険のセールスレディと浮気をしているサラリーマンの加茂守は、日々嫌がらせを受けているが、それを金を無心してくる同僚の仕業と思いこんでいる。同僚に渡す金と密かに狙っている美人キャバ嬢を落とすためには金が足りず、ウシジマくんのカウカウファイナンスを訪れる。5万円の申し出に対し、利息前払で渡されるのは2万5千円。とんでもない暴利であるが、借りる方は「後で何とかなる」と考えるのだろう。大して疑問も持たずに借りていく・・・

 怪しげなネット長者も、ふたを開けて見れば次々に追加で金を要求され、それを払わないと稼げないと思わされる仕組み。当然、世の中そんなに甘くない。ちょっと考えれば、主催者に100万円、200万円と払うのだったら、そこで売っている教材を30万円で買った方が早いとわかりそうなものであるが、思い込んだらそういう正論は頭に浮かんでこないのだろう。沢村はそれでも賢く、やがて騙す方へとシフトしていく。

 こういう人間たちを見ていると気分が沈んでくる。原作漫画もやたら暗い。ウシジマくんは要所要所に登場するも、主人公はやっぱりこのどうしようもない人間たちである。しかし、ウシジマくんも何もしないわけではない。すべて元の木阿弥となった沢村に、「お前は自分の全人生を賭けて勝負したんだろ?すげーじゃねえか。なんもしてねー奴よりよっぽどマシだ。」と語ったりする。その是非はともかく、沢村の行動は「よっぽどマシ」なのであり、ウシジマくんのセリフは真実である。

 そんなシリーズも次のファイナルで終わりのようである。ここまで来たからには観ないといけない。そして今さらながら、PART1もである。どんなエンディングなのか。原作もそこまでは読んでいないので、楽しみにしたいと思うのである・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ