2017年06月02日

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん.jpg

2012年 日本
監督: 山口雅俊
出演: 
山田孝之: 丑嶋馨
大島優子 (AKB48): 鈴木未來
林遣都: 小川純
やべきょうすけ: 柄崎
崎本大海: 高田
片瀬那奈: 大久保千秋
市原隼人: アキト

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
真鍋昌平による累計500万部のヒット漫画を原作にした深夜テレビドラマの劇場版。切れ者で冷酷非情、強心臓な闇金業者・丑嶋を中心に、欲望に踊らされる者たちの悲哀を、笑いとエロス、暴力といったスパイスを巧みに利かせて活写する。『鴨川ホルモー』の山田孝之が、ドラマ版に続いて主人公の丑嶋を怪演。人気アイドルグループ・AKB48の大島優子と『荒川アンダー ザ ブリッジ』シリーズの林遣都が、丑嶋とかかわりを持ったばかりに、奈落の底へ急降下する男女にふんして物語を盛り上げる。メガホンを取るのは、ドラマ版の演出などを手掛けていた山口雅俊。
********************************************************************************************************

 このシリーズは、PART2PART3、そしてザ・ファイナルと観てきたシリーズであるが、肝心のPART1を観ずに来てしまっていた。よって改めて鑑賞となった次第である。

 闇金であるカウカウファイナンスを営む主人公丑嶋。取り立てに遭うのはギャンブルにハマった母親。高校を卒業したばかりの娘とまだ小さい息子がいるが、生活にはしまりがなくだらしない。どうやらスナックで働いているようだが、借金を返せるわけでもなく、それどころか娘の未來に立て替えさせる有様。未來も進学するわけでもなく、就職するわけでもない。そして友人に誘われて出会いカフェで働くようになる。

 そんな彼女は、イケメンダンサーを集めたイベントを企画してのし上がろうとする純と親しくなろうとしている。純は、次のイベントを企画するが、イケメンダンサーのゴレンジャイには足元を見られてなめられ、関係者からも女や金を無心される有様。次第に自転車操業となっていく中、ダンサーの1人が女関係で凶暴な男肉蝮に拉致されてしまう・・・

 スタート作品ということで、期待して観たところではあるが、だいぶ盛り込んではみたものの、省略されてしまっている部分が何となく気になってしまった。例えば、カウカウファイナンスに元社員の女性がたびたび登場してそれなりにみんなと行動を共にするのだが、そこに何やらありそうな事情が見えてこない。まぁ、気にしなければいいのであるが・・・

 それにしても、闇金に手を出す人たちは、やはり追い込まれていたり、それなりのレベルだったりである。未來のだらしない母親も、小さな子供を連れて平気でパチンコに行くし、お腹が空いたと言えばお菓子を渡す始末。挙句に金に困って娘に売春を強要するばかりか3Pを持ち掛ける。こんな母親いるのかと思わなくもないが、世間のニュースなどを見ていると、こんな母親がいてもおかしくはないのが悲しい。こんな母親から育った子供の行く末にも恐ろしいものがある。

 一方でイベント企画の純は、上を目指す心意気や良しであるが、金と女の臭いを嗅ぎつけて群がる者たちに追い込まれていく。考え方、マネジメント力があれば少しは違うと思うが、悲しいことにそれほどの経験は積んでいない。1人振り回される姿が悲しげである。こうした闇金から金を借りる人たちが、どちらかと言うと主人公と言えるのは、シリーズ原点でも同様。あえて言えば、「ウシジマくんの出番が多い」ということだろうか。今回は、凶暴な肉蝮を退治する活躍を見せる。

 原作のドロドロした雰囲気にはやや及ばない気がするが、いい感じの内容であると思う。シリーズ全般を通して観て損はない。観る順番は違っていても違和感はなく、どこから切って観てもいいと言える。改めて終わりなのが残念な気がするシリーズである・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ