2017年06月05日

X-メン

X-MEN.jpg

原題: X-Men
2000年 アメリカ
監督: ブライアン・シンガー
出演: 
パトリック・スチュワート: チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX)
ヒュー・ジャックマン: ローガン(ウルヴァリン)
ジェームズ・マースデン: スコット・サマーズ(サイクロップス)
ファムケ・ヤンセン: ジーン・グレイ
ハル・ベリー: オロロ・マンロー(ストーム)
アンナ・パキン:マリー・ダンキャント(ローグ)
イアン・マッケラン:エリック・レーンシャー(マグニートー)

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
アメリカの人気コミック『X-メン』を20世紀FOXが7年かけてついに映画化。単なるスーパー・ヒーロー映画ではなく、善と悪の神話的戦いを描きつつも若者からも圧倒的指示を受けるストーリー展開。『タイタニック』のデジタル最新技術を結集した斬新なVFX映像は迫真の超能力バトルを描きだした!全米NO.1ヒット作。
********************************************************************************************************

 今やシリーズ6作、スピンオフ4作となったシリーズの出発点となった第1作。最新作を除いてすべて観ているが、こういうシリーズは何度でも観てみたいと思うもの。今回、久しぶりに第1作を観てみることにした次第。

 近未来。人類の突然変異であるミュータントの存在が認知され、今やそれを危険視する人々が出てきている。ケリー上院議員はその急先鋒であり、ミュータント規制法案の成立を訴えている。そんな一方で、触れた者の力を奪う能力を持った少女・ローグが、自らの能力に目覚めてしまう。キスをした恋人が意識不明の状態になり、ショックを受けたローグは家を出て放浪するうちにウルヴァリンと出会い、行動を共にする事になる。

 そんな2人に、突然大男のミュータントが襲いかかる。そこに現れたのは、目から強烈なビームを放射するサイクロップスと嵐を巻き起こすことができるストーム。ピンチを脱したウルヴァリンとローグは、「恵まれし子らの学園」へ運ばれる。そしてウルヴァリンはジーンと出会い、その治療を受ける。そしてそこは、プロフェッサーXが率いる「Xメン」によって守られたミュータント専門学校である。

 シリーズを通して観ていると、マグニートーとプロフェッサー達との関係はもうわかりきっているし、ウルヴァリンが体に金属を埋め込まれた経緯も『ウルヴァリン:X−MEN ZERO』でわかっているので、すんなり入ってくる(最初に観た時はどうだったのか思い出せないが・・・)。シリーズでお馴染みのミスティークもここではマグニートー派で、Xメンとは敵対している。

 マグニートーは、「ミュータント登録法案」を推し進めていたケリー上院議員を拉致し、彼をミュータントへと変化させる。そして学園に潜り込んでいたミスティークの工作によって、ローグを誘い出しこれを拉致する。その能力を拡張させて、エリス島で行われるサミットに集まった各国首脳をミュータントへと変えようとするのである。プロフェッサーは、これまたお馴染みの装置「セレブロ」を使いローグの行方を探そうとするが、ミスティークによる仕掛けで意識を失ってしまう・・・

 こういうシリーズをもう一度観てみるというのもいいものだと改めて思う。一度観ても10数年すればあらすじなど忘れてしまっていたりするし、何気ないシーンでもその意味に改めて気付いたりするからである。いわば「二度見の楽しさ」と言えるかもしれない。そう言えば、小中学生の頃は、映画を観に行くと2回続けて観ていたものだと思い出す。2度目はゆとりをもって観られるので、新たな気付きを得られたりすることもある。

 このシリーズも続けてもう一度すべて観直しても面白いと思う。少なくとも次の2作目は、既に観てから10年以上経過しているし・・・観ていない映画を観るのも楽しいが、良いと思った映画を二度三度と観るのも良いと思う。
『スターウォーズ』シリーズと並び、そういう楽しみ方をしていきたいシリーズである・・・


評価:★★☆☆☆



posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | SF/近未来ドラマ