2017年06月11日

Dearダニー 君へのうた

Dearダニー 君へのうた.jpg

原題: Danny Collins
2015年 アメリカ
監督: ダン・フォーゲルマン
出演: 
アル・パチーノ:ダニー・コリンズ
アネット・ベニング:メアリー・シンクレア
ジェニファー・ガーナー:サマンサ・リー・ドネリー
ボビー・カナヴェイル:トム・ドネリー
クリストファー・プラマー:フランク・グラブマン
カタリーナ・キャス:ソフィー
ジゼル・アイゼンバーグ:ホープ・ドネリー

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
ジョン・レノンが新人アーティストに宛てた励ましの手紙が、数十年を経て本人に届いたという実話から着想を得たドラマ。曲を作るのをやめた往年の人気アーティストが、ジョン・レノンが自分宛てに送っていた手紙を読んだのを機に人生を見つめ直す。監督は、『塔の上のラプンツェル』などの脚本を手掛けたダン・フォーゲルマン。主演を務めた名優アル・パチーノを筆頭に、アネット・ベニング、ジェニファー・ガーナーら実力派が結集。全編で流れるジョンの楽曲も作品に彩りを添えている。
********************************************************************************************************

実話の映画化というのはよくあるが、これは実話からヒントを得て創られたというもの。若い頃の自分にジョン・レノンが手紙を書いてくれていて、それが長い年月を経て本人に届けられたというもの。映画のストーリーもさることながら、その事実の方も気になってしまう。

主人公は、絶頂期を過ぎた往年のロックスター、ダニー・コリンズ。コンサートには多くの観客を動員するも、ファンの年齢層も高く、歌う曲も往年のヒット曲という状態である。そんなある日、長年マネージャーを務めているフランクが、ダニーにプレゼントを持ってくる。それは何とジョン・レノンからの手紙。43年前、駆け出しの頃のダニーが雑誌のインタビューに応えているのを読んだジョン・レノンが、ダニーを励ますために書いたものであった。

その手紙には、富や名声に惑わされず、音楽への愛情を持ち続けることの大切さが綴られていた。当時の自分を思い出したダニーはツアーをキャンセルし、会ったことのない息子トムに会いに出かけていく。ヒルトン・ホテルに滞在し、そこの従業員達と交流を深めながら、新曲の作曲にチャレンジし、そして息子と和解しようと家を訪ねて行く・・・

こうしてロックスターのダニーが、周りの人たちとの交流をして行く様子が描かれて行く。なにせ、老いたりとはいえロックスター。その収入は、尋常ではない。金には不自由はしないものの、若い女と婚約し、常にクスリと酒とを手にする生活。父を拒否し、庶民の生活を送る息子の生活とは対照的である。なにせ100ドルのチップがなくて、車をあげてしまったりするのである。

そんなロックスターを演じるのは、アル・パチーノ。さすが名優だけあって、ステージで歌うロックスターの姿も違和感がない。いいおじいさんになってしまった感があるが、いつまでも映画の中で輝いていてほしいと思う役者さんである。劇中では、背景にジョン・レノンの曲が何曲も流れる。それもまた良しの映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ