2009年04月30日

【マッドマックス】My Cinema File 384

マッドマックス.jpg

原題: MAD MAX
1979年 オーストラリア
監督: ジョージ・ミラー
出演: メル・ギブソン/ジョアン・サミュエル/スティーヴ・ビズレー/ヒュー・キース・バーン

****************************************************************************************
時は荒廃した近未来。
巷では暴走族による凶悪事件が多発していた。
事件は、暴走族でもあり警官殺しの凶悪犯ナイトライダーが、暴走族専門の特殊警察「M.F.P」から、追跡専門に改造されたパトカー「インターセプター」を奪って逃走することから始まる。
それを「M.F.P」のメンバーたちが乗ったパトカーが追走するが、ナイトライダーはことごとく振り切っていった。
「M.F.P」に所属する警官マックス・ロカタンスキーは、無線に入ってきた情報を聞きつけ、おもむろに黄色いインターセプターを発進させていく。
そしてマックスはナイトライダーを発見し追いつめるのだが、マックスが操るインターセプターに恐怖を感じたナイトライダーは運転操作を誤り、事故現場に突っこんで即死してしまった・・・
****************************************************************************************

ご存知メル・ギブソンの出世作である。
ただし、本当の意味で「マッド・マックス」シリーズが有名になったのは第2作からだ。
核戦争後の荒廃した世界で暴走族との死闘を描き、各方面にも多大な影響を与えている。
しかし、この第1作は近未来としながらも、ほぼ現実の世界と変わらない。
暴走族といっても、第2作以降のようなアブナイ凶暴性は皆無と言える。

若かりし日のメル・ギブソン。
声こそ変わらぬ低音であるが、若々しく甘いマスクは凄みなど微塵も感じさせられない。
年を経るごとに味がでるものだとすると、「リーサル・ウエポン」シリーズで頂点に達するまではまだまだだ。
そんなちょっと物足りないヒーローであるが、一方で暴走族もレベル的には街のちんぴら程度であり、これも凄みはない。
まあ時代を経てそういう悪役も進化していくものだと考えれば、30年前ではこれで十分だったのかもしれない。

ストーリーも単純である。
パトカーを奪った暴走族のメンバー、ナイトライダー。
それを追う警官たち。
しかし、翻弄されてしまう。
メル・ギブソン扮するマックスが見事ナイトライダーを追い詰めるが、ナイトライダー自身は事故って死んでしまう。

ナイトライダーの敵討ちに来た暴走族のメンバーとマックスとの戦い。
しかし、勝負はあっけなく、発展途上の映画としてはこんなものなのかもしれない。
いずれにせよ、「マッドマックス2」の登場によってこのシリーズは真骨頂を迎える。
そういう意味では、「ターミネーター」シリーズの第1作と同じような「露払い」的な映画と言えるのかもしれない・・・


評価:★★☆☆☆
posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | バイオレンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック