2012年03月07日

ハナミズキ

ハナミズキ.jpg

2010年 日本
監督: 土井裕泰
出演: 新垣結衣/生田斗真/向井理/薬師丸ひろ子/木村祐一

<STORY>********************************************************************************************************
北海道で母と暮らす紗枝の夢は、海外で働くこと。
幼い頃に病死した父が庭先に植えたハナミズキの木に見守られ、高校生に成長した紗枝は、東京の大学を目指して勉強に励んでいた。
そんなある日、彼女は父の跡を継いで漁師になろうとしている康平と出会い、恋に落ちる。
離ればなれになる不安を抱えながらも、紗枝を応援する康平。
紗枝は見事、志望校に合格するが、2人は遠距離恋愛になってしまう。
康平の不安と寂しさが募る中、紗枝は大学で同じ夢を持つ先輩・北見と出会う…。
********************************************************************************************************

一青窈の代表作である『ハナミズキ』をモチーフにしたラブストーリーという触れ込みの映画。
芸能ネタに疎い私でもさすがに知っている一青窈の『ハナミズキ』。
そんな事もあってか、興味を惹かれた映画である。

舞台は北海道。
高校生の紗枝は、海外で働く事を夢見て東京の大学への進学を目指している。
同じ高校生の康平は、卒業後は父の跡を継いで漁師になるつもりでいる。
そんな二人が、ローカル線に乗りあわせ、ふとしたことから知り合い、やがて恋に落ちる。

楽しい日々は過ぎ、二人は高校を卒業する。
紗枝は東京の大学へ進み、地元で漁師になった康平とは遠距離恋愛となる。
東京での華やかな生活を送る紗枝に対し、康平は不安になる。
そんな気持ちは痛いほどよくわかる。
遠距離恋愛でなくても、違う大学に行って、自分の知らない人たちに囲まれている彼女をみれば、誰でも不安な気持ちになるだろう。
なんだか懐かしい気持ちだ。

そんな遠距離恋愛の危機をうまく乗り切った二人だが、康平の父の死、持ち船の売却によって康平の運命も大きく狂う。
残された家族のため、泣く泣く紗枝と別れる。
そして時は過ぎ、康平は知り合いの女性と結婚する・・・
それぞれ違う道を歩む二人だが、時折運命のいたずらが二人の歩む道を交差させる。
断ち切れぬ思いに気がつく二人。
そして道はまた離れていく・・・

作り込まれたドラマの匂いがプンプンし、苦手な人は拒絶反応を起こすだろう。
ストーリー自体それほど感動的なものだとも思わない。
しかし、なぜだろうか観ていて拒絶反応は起こらない。
それどころか、じわじわと心に温かく、切ない思いが広がってくる気がする。
それはストーリーに秘められたものというよりも、それによって呼び起された自分自身の経験のような気がする。

誰もがどことなく似たような経験があるのではないかと思う。
そんな過去の思い出が、ストーリーに触発されて蘇ってくる。
離れて行った道が、再び接近する。
ラストで交差した二人の道がその先どうなるのか、想像するのは観る人の自由だ。
そんな想像を楽しんでみたい気がする映画である・・・


評価:★★☆☆☆
   
   
posted by HH at 23:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | 恋愛
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/256287216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画 ハナミズキ をみた
Excerpt: ハナミズキ スタンダード・エディション [DVD]クリエーター情報なしTCエンタテインメント この」映画は2004年にリリースされた一青窈さんの大ヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにした10年におよぶラ..
Weblog: 僕のつぶやき。 ネットの窓から。
Tracked: 2012-08-14 22:52