2013年01月11日

【007 スカイフォール】My Cinema File 976

007 スカイフォール.jpg

原題: SKYFALL
2010年 アメリカ
監督: サム・メンデス
出演: 
ダニエル・クレイグ(James Bond)
ジュディ・デンチ(M)
ナオミ・ハリス(Eve)
ハビエル・バルデム(Raoul Silva)
レイフ・ファインズ(Gareth Mallory)
ベン・ウィショー(Q)

<STORY>********************************************************************************************************
トルコのイスタンブールで、極秘データを盗んだ敵を追っていたMI6エージェント“007”ことジェームズ・ボンドは、敵ともみ合ううちに狙撃され、川に落ち生死不明に。
MI6では007を死亡したと判断する。
その頃、MI6本部が爆破され、サイバーテロ予告が届く。
これらのテロはMI6を率いる“M”に恨みを抱く者の犯行だった。
イスタンブールで密かに生き延びていたジェームズ・ボンドはMI6に戻り、MI6を襲う敵に立ち向かうことを決意する…。
********************************************************************************************************

もうお馴染みの「007」シリーズ第23弾。
これがなんと50周年記念作品なのだという。
50年という月日は長いが、それだけ長く続くシリーズというのには、それなりの魅力というものがある。
しかし、最近その魅力が薄れてきているように感じるのは、自分だけだろうか・・・

冒頭、現場に侵入した007は、撃たれた仲間を発見する。
何やら重要なデータの入ったパソコンはハードディスクを奪われていた。
Qの指令で瀕死の仲間を置いて、追跡する007。
非常な世界の幕開け。
そして町中を巡る迫力ある追跡劇。
やがて逃亡者を追いつめる。
相手ともみ合う007。
Qの指示を受けたイブは、戸惑いながら引き金を引くと、撃たれて川に転落していったのは007・・・

007を死亡したとみなしたMI6。
しかしQのパソコンが何者かに遠隔操作され、あろうことかMI6本部が爆破される。
“死亡”したあと、酒に溺れる日々を過ごしていた007は、突然Qの前に現れ復帰を宣言する。
しかし、衰えた体力は適正レベルを下回っていた・・・

シリーズ23作目と息が長いシリーズとなった。
ダニエル・クレイグも6代目のジェームズ・ボンド。
スーツでビシッと身を固め、ウィットに飛んだ会話で美女を口説く。
名前を聞かれると、“Bond, James Bond”と答える答え方もお馴染みのもの。
こうしたところは、ジェームズ・ボンドそのものである。
しかしながら、何かが違う。

それは一言で言うと不似合いな「泥臭さ」であろう。
全編を通じて、一生懸命走り、格闘する。
汗にまみれ、泥にまみれる007。
しかし、ジェームズ・ボンドはもともと肉体派のアクション・スターではない。
イーサン・ハントジェイソン・ボーンとは違うのである。

今回は50周年という事を意識しての事だろうか。
回顧的にアストンマーチンDB5を登場させたり、ジェームズ・ボンドが老いと戦うようなところも見せて、一味の違いを出していた。
しかし、本来のジェームズ・ボンドのスタイルをこそ維持してほしいものだと思わずにはいられない。

Qの開発した兵器を、ろくに説明も聞かずに受け取り、ピンチの際にさらりとそれを利用してのける。
常に洗練された立ち居振る舞いで、筋肉をひけらかさない。
美女と見ればきっちり口説き、ラストではMからの連絡をぶち切って美女と二人で消えていく・・・
こうしたスタイルが失われてしまっている。

ストーリーとしては、文句なく面白い。
だけどこれが007映画だと言われると、ちょっと萎えてしまう。
もうあのジェームズ・ボンドには会えないのだろうか。
ファンとしては、寂しい最近の007である・・・


評価:★★★☆☆


007シリーズ
「007 カジノロワイヤル」
「007 慰めの報酬」
「007 ムーン・レイカー」





    
posted by HH at 23:51 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | アクション/シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

『007 スカイフォール』お薦め映画
Excerpt: ★★★★ ボンドも組織の一員であるので、今回はまるで世の中年男性のように辛い立場に立たされるが、いつも通り世界を股にかけ大活躍。大がかりなアクションシーンも堪能できる。時代や政局、犯罪形態がどう変わろ..
Weblog: 作曲♪心をこめて作曲します♪
Tracked: 2013-01-16 19:24