2016年05月08日

エクスペンタブルズ3

エクスペンタブルズ3.jpg

原題: The Expendables 3
2014年 アメリカ
監督: パトリック・ヒューズ
出演: 
シルヴェスター・スタローン: バーニー・ロス
ジェイソン・ステイサム: リー・クリスマス
ドルフ・ラングレン: ガンナー・ヤンセン
ランディ・クートゥア: トール・ロード
アーノルド・シュワルツェネッガー: トレンチ
ジェット・リー: イン・ヤン
アントニオ・バンデラス: ガルゴ
ウェズリー・スナイプス: ドクター・"ドク"・デス
メル・ギブソン: コンラッド・ストーンバンクス
ハリソン・フォード: マックス・ドラマー

<映画.com>
********************************************************************************************************
シルベスター・スタローンの脚本・主演で、名だたるアクションスターが豪華共演する人気シリーズ『エクスペンダブルズ』の第3作。バーニー率いる消耗品軍団=エクスペンダブルズの前に、チーム結成時のメンバーでありながら、バーニーと袂を分かち、悪の武器商人になったコンラッド・ストーンバンクスが現れる。チームの弱点を知り尽くした過去最強の敵に対し、エクスペンダブルズは崩壊の危機に直面する。「ブレイブハート」のメル・ギブソンがコンラッド役に扮し、エクスペンダブルズにコンラッド捕獲のミッションを下すCIAの作戦担当者ドラマー役で『インディ・ジョーンズ』のハリソン・フォードも出演。そのほか「デスペラード」「マスク・オブ・ゾロ」のアントニオ・バンデラス、「ブレイド」のウェズリー・スナイプス、『トワイライト・サーガ』「ザ・ヘラクレス」のケラン・ラッツらがシリーズ初参戦。
********************************************************************************************************

毎回豪華出演陣で楽しませてくれる『エクスペンダブルズ』シリーズの第3弾。今回もウェズリー・スナイプス、メル・ギブソン、ハリソン・フォードらが新たに登場。およそアクション俳優を名乗る者総出演といった感じである。この映画自体が「アクション俳優辞典」ともなりそうで、ここに出演していないと一流とは認められないなんてことになるかもしれない。

冒頭、バーニー・ロス率いるエクスペンタブルズは、囚人護送列車を襲撃する。そして助け出したのは、ドクター・デス。エクスペンダブルズの初期のメンバーだという。そしてそのままミッションに向かう一行。ある武器商人の排除が目的であったが、その武器商人が実は死んだはずのエクスペンタブルズ創設メンバーであるストーンバンクスだとわかる。ストーンバンクスの反撃で作戦は失敗。メンバーも一人が倒れ、エクスペンタブルズは撤退する。

バーニー・ロスは、強敵を相手に仲間を失いたくなく、現有メンバーに解散を宣言し、新たな若いメンバーでチームを組むことにする。そしてCIAのドラマーの指示の下、ストーンバンクス捕獲作戦に乗り出す。しかし、ストーンバンクスもさすがに創設メンバーであり、一旦は捉えられるも反撃により逆にエクスペンタブルズ新チームのメンバーを捕らえてしまう。バーニー・ロスは、単身メンバー救出に向かうことにする・・・

クライマックスは、旧チームで新メンバーの救出に向かう作戦。アズメニスタンという国の廃墟のビルを舞台に、アズメニスタン軍を利用するストーンバンクスとエクスペンタブルズが激突。戦車や戦闘ヘリなどを導入するアズメニスタン軍に対し、新旧エクスペンタブルズのメンバーは10人。しかし、アズメニスタン軍も相手が悪かった。例によって、ちぎっては投げ、投げてはちぎりで一方的にアズメニスタン軍を掃討。それはまるで『風の中のマリア』で紹介されていたオオスズメバチによるミツバチの虐殺のようである。

とにかくあれこれ考えることなく、純粋に観ることに徹すれば飽きることはない。ヒーローは徹底的に強く、悪は常に敗れ去るものなのである。かくして軍隊相手に一人の戦死者を出すこともなく、見せ場だけはたくさん用意してくれてハッピーエンドとなる。まだまだシリーズは続くのだろうか、まだ出演していないアクションスターは誰だろうかなどと早くも次に思いは及ぶ。続編がさらに出来るのなら、理屈抜きに楽しみたいと思うシリーズである・・・


評価:★★☆☆☆



posted by HH at 11:33 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アクション/シリーズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック