2017年03月04日

X−MEN:アポカリプス

X−MEN:アポカリプス.jpg

原題: X-Men: Apocalypse
2016年 アメリカ
監督: ブライアン・シンガー
出演: 
ジェームズ・マカヴォイ:チャールズ・エグゼビア / プロフェッサーX
マイケル・ファスベンダー:エリック・レーンシャー / マグニートー
ジェニファー・ローレンス:レイヴン・ダークホルム / ミスティーク
オスカー・アイザック:エン・サバ・ヌール / アポカリプス
ニコラス・ホルト:ハンク・マッコイ / ビースト
ローズ・バーン:モイラ・マクタガート
エヴァン・ピーターズ:ピーター・マキシモフ / クイックシルバー
ソフィー・ターナー:ジーン・グレイ
タイ・シェリダン:スコット・サマーズ / サイクロップス
ルーカス・ティル:アレックス・サマーズ / ハボック
コディ・スミット=マクフィー:カート・ワグナー / ナイトクローラー
アレクサンドラ・シップ:オロロ・マンロー / ストーム

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
ヒットシリーズ『X-MEN』の第6弾にして完結編。数千年の眠りから目覚めて人類に新しい秩序をもたらそうとするミュータントのアポカリプスに、プロフェッサーXらX-MENが立ち向かっていく。監督は、シリーズ第1作、第2作、第5作も手掛けたブライアン・シンガー。『フィルス』などのジェームズ・マカヴォイを筆頭に、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザックと実力派スターが結集する。VFXを駆使した壮絶なバトル描写の数々に加えて、X-MEN結成をめぐるエピソードにも注目。
********************************************************************************************************

 息の長いシリーズになっているが、個人的にも気に入っているので、欠かさず観ているシリーズ最新作。今回は古代エジプトに遡る。ミュータントであるエン・サバ・ヌールは人々を支配している。彼は自分が老いると、他のミュータントの体に自分の魂を移して生きながらえている。しかしまさに魂をうつす儀式を行おうとしたところ、反乱に遭いピラミッドに生き埋めになってしまう。そして月日が流れる。

 時に1983年、前作(『X-MEN: フューチャー&パスト』)から10年後の世界。カイロに潜入しているCIAエージェントのモイラ・マクタガートは、あるグループが崇拝していた遺跡から「エン・サバ・ヌール(アポカリプス)」が目覚めるところを目撃する。カイロの下町を歩き回ったアポカリプスは、窃盗で生き延びてきた少女オロロ・マンローの能力を増幅させ、配下におく。

 アポカリプスは、「黙示録の四騎士」を従えるという言い伝えがあったが、その通りに自身の配下に見合うだけの実力を持つ残り3人のミュータントを探し始める。一方、冷戦下の東独では、「ミスティーク」ことレイヴンが、地下で行われるファイト・クラブでチャンピオンに君臨する翼が生えたミュータントの「エンジェル」を見つける。そして次の対戦者として連れてこられたのは、瞬間移動の能力を持つカート・ワグナーであり、レイヴンはこれを助け出す。

 アポカリプスは、東独で剣を操るサイロック、ファイト・クラブから逃げ出したエンジェルを配下につける。一方、前作のキューバ危機の際に戦った「ハボック」ことアレックス・サマーズの弟スコットが、ハボックと同様に赤い破壊エネルギーを目から放つ能力に目覚める。プロフェッサーXことチャールズ・エグゼビアの「恵まれし子らの学園」に連れてこられたスコットは、そこで強力なテレパスであるジーン・グレイと知り合う。

 こうして悪の主人公であるアポカリプスが、その強大な力を元に再び世界を支配しようとするのに対し、チャールズが中心となったミュータントが世界の危機に際し、共闘していくのが、今回のストーリー。チャールズに対するもう一人の重要人物マグニートーは、その能力を隠し妻と娘と暮らしているが、ふとしたことから能力がバレ妻子を失うことになるなど、後のシリーズにつながる過去が明らかにされていく。

 『スターウォーズ』シリーズのように、最初の三部作のあと過去に戻って新たな三部作が展開されているが、この作品は都合第6作目であり過去に戻ったシリーズの3作目となる。それはまさに『スターウォーズ』シリーズと同じであり、それを十分意識しているのであろう、劇中でも『ジェダイの帰還』を鑑賞するシーンが出てくるが、ご愛敬だろう。

 マグニートーは善と悪とがころころ変わり、ミスティークもこの三部作では完全に善玉であり、そうした部分も面白いところである。中心キャラクターと言ってもいいウルヴァリンもとりあえず登場するが、ワンシーンだけなのはちょっと残念な気もする。後のシリーズ(最初の三部作)につながるキャラクターが登場するのも本作の魅力とも言える。若々しいチャールズがどうしてのちに禿げ頭になるのかが明らかにされるのは、個人的にウケたところである。

 とりあえず区切りが良いということで、この三部作はこれで終わりなのだろう。そう思って余韻に浸っていたら、エンドクレジットの最後にまたもやto be continued的なシーンが出てきた。ウェポンXとは何なのであろうか。「ESSEX」というロゴは今度のキーワードなのだろうか。いずれにせよ「次」があるということ。それを楽しみに待ちたいシリーズである・・・


評価:★★★☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | スーパーヒーロー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447688318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック