2017年04月07日

神の一手

神の一手.jpg

原題: 신의 한 수
2014年 韓国
監督: チョ・ボムグ
出演: 
チョン・ウソン: テソク
イ・ボムス: サルス
アン・ソンギ: ジーザス
キム・イングォン: コンス
イ・シヨン: ペッコム
アン・ギルガン: ホ・モクス
チェ・ジニジョク: ソンス

<映画.com>
********************************************************************************************************
「私の頭の中の消しゴム」「愛のタリオ」などの人気俳優チョン・ウソンが主演し、囲碁の世界を舞台に男の復讐劇を描いたサスペンスアクション。兄を助けるため賭け囲碁に手を出したプロ棋士テソク。しかし、賭けの元締めサルスの一団に騙されて兄を殺されてしまい、その殺人の罪も着せられてしまう。サルスへの復讐を誓うテソクは、獄中で囲碁の腕前と肉体を鍛え上げていく。そして数年後、出所したテソクは囲碁のプロたちと手を組み、兄のかたき討ちのため動き始める。「スーパースター☆カム・サヨン」など多数の映画に出演するイ・ボムスと韓国の国民的俳優アン・ソンギが共演。
********************************************************************************************************

 囲碁の試合に負け、一人で歩いて帰るテソクの前に兄が現れる。頼みがあるとテソクを連れていく兄。着いたところは怪しげな人気のない事務所。なんとそこで兄はサルス率いるギャングと賭け碁をする。無線で待機しているテソクと連絡を取りながら碁を打つ兄。はっきり言っていかさま(代理打ちとでもいうべきか)であるが、サルスの方も同様にバックで元女流プロのペッコムが指示を出している。

 順調な展開だったが、途中で電波状況が悪くなり、兄は絶体絶命のピンチとなる。さらに無線がバレてテソクは兄ともども捕らえられてしまう。ギャング相手にいかさまがバレればタダでは済まない。兄はその場で碁石を飲まされた挙句、無残にも殺され、さらにその罪はテソクに着せられる。そしてテソクは刑務所に送られる。

 刑務所の中でもなぜか賭け碁が行われていて、そこでテソクは刑務所長と碁を打つギャングのボス(サルスとは別組織)と知り合う。ボスに成り代わって刑務所長を負かしたテソクは、ボスに気に入られる。兄の復讐を心に誓うテソクは、ボスに喧嘩を教えてほしいと頼む。それから刑務所での鍛錬の日々。さらに独房では隣の房にいる謎の人物から勝負を持ちかけられる。壁を叩いて碁を打つ2人。しかし、テソクはとうとう一度も勝てずに終わる。謎の人物は出所したら「ジーザス」と言う人物を探せとメッセージを残す。

 刑務所から出たテソクは、ボスに金を借り復讐の仲間集めに入る。兄が殺された時に組んでいたコンス。刑務所の謎の人物に紹介されたジーザス、その知人のモクス。4人は、兄の敵のギャングを一人一人追い詰めて葬っていく。最初の相手は、縛っておいて「デコピン」で目を潰すというなかなかエグイ手口。ギャングの賭場に金持ちを装って潜入し、捕らえたソンスとは、テソクは冷凍庫で互いに裸のまま碁の勝負をする。順調に復讐をこなしていくテソク。

 それにしても、映画は映画として韓国社会に碁ってどの程度広まっているのだろうかとふと思う。まぁこういう映画だからと言ってしまえばそれまでなのであるが、映画を観ている限りあちこちで日常的に、日本で言えばパチンコレベルで碁を打っているような感じである。そしてバックから打ち手の指示を出すのだが、その方法が漫画チックで面白い。

 囲碁の勝負と言いながら、最後は結局乱闘劇。刑務所でどれほどトレーニングを積んだのかはわからないが、テソクの無敵ぶりはなかなかのモノ。どうせなら碁石を使った必殺技でも披露してくれればより一層漫画チックで良かったかもしれない。まぁ韓国映画もいろいろあるなという感じである。
 ちょっと笑えてしまう映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 20:23 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック