2017年05月16日

ウォールフラワー

ウォール・フラワー.jpg

原題: The Perks of Being a Wallflower
2015年 アメリカ
監督・原作: スティーブン・チョボスキー
出演: 
ローガン・ラーマン:チャーリー
エマ・ワトソン:サム
エズラ・ミラー:パトリック
メイ・ホイットマン:メアリー・エリザベス
ポール・ラッド:アンダーソン先生
ニーナ・ドブレフ:キャンディス
ジョニー・シモンズ:ブラッド
エリン・ウィルヘルミ:アリス
ケイト・ウォルシュ:チャーリーの母親
ディラン・マクダーモット:チャーリーの父親
メラニー・リンスキー:ヘレン叔母さん
ジョーン・キューザック:バートン医師

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』のローガン・ラーマン、『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー共演の青春作。原作者のスティーヴン・チョボスキーが監督を務め、自身の小説「ウォールフラワー」を基に、思春期の青年の揺れ動く心情を繊細なタッチで映し出す。困難を乗り越え成長する少年の心象風景が観る者の心を強く揺さぶる。
********************************************************************************************************

 主人公のチャーリーは、高校に入学するも周りに溶け込めず、友人もいない。何やら事情があって入院していたようで、ランチも1人で本を読みながら取っている。そんな彼に目をかけて接してくれるのは、国語のアンダーソン先生だけ。読書が好きなチャーリーは、それゆえに先生との交流があるのである。

 そんなある日、チャーリーは学校のアメフトの試合を観戦に行く。例によって1人。ふと気が付くと近くに同じ授業を受けている上級生のパトリックを見かけ、勇気を振り絞って声を掛ける。するとパトリックは気さくに話をし、さらにそこに義妹のサムも現れる。試合後、自然に2人に誘われて店へ行く。パトリックとサムは、互いの親の再婚で家族になった義理の兄妹。それにしてもアメリカの高校生は、上級生と下級生の間の壁はなきが如しなのであろうか、同級生のような関係である。

 これを機にチャーリーの交友関係は広がっていく。パーティーでは、タイトルの通り“壁の花”となっているチャーリーだが、派手に踊るサムとパトリックに刺激され、不器用ながらダンスに加わる。さらにはパトリックとアメフト選手ブラッドのキスを目撃し、パトリックがゲイであることを知る。毎日接するのは家族のみという孤独な生活を脱し、仲間たちとの交流に喜びを感じるチャーリー。その嬉しそうな表情が何とも言えない。帰り道、トラックの荷台で腕を広げて、カセットの音楽を聴きながら風を浴びるサム。さしづめ、『タイタニック』といったところだろうか。時代が時代だから、お好みの音楽をチョイスしてテープを作っているのだが、何とも懐かしい光景である。

 チャーリーは、精神的なトラブルを抱えているが、その原因となったのは、幼い頃かわいがってくれた叔母の事故死。クリスマスの誕生日が近付くと、それを思い出して不安定になる。観ている方としては、チャーリーにはサムと付き合えばと思うのだが、サムには大学生の恋人がいる。それでも二人は良い雰囲気になり、チャーリーはサムとファースト・キスを交わす。観ているだけで微笑ましい。

 そんな若者たちの若者たちらしい様子と、チャーリーを見ていると忘れていたものを思い出すかのような感覚に陥っていく。それまで経験していなかったことを経験し、それには自分ひとりだったら絶対やらなかったようなことも含まれていて、事実チャーリーはドラッグまで経験する。一方、友人たちとの交流が増えれば予期せぬトラブルにも巻き込まれる。そうした諸々すべてが、「経験」なのである。

 誰もが通り過ぎる一時。後から振り返ってみれば、実に貴重な時代だったと気が付く。孤独だったチャーリーが、仲間たちと会って経験していく貴重な一時は、己の記憶と心の襞を刺激する。観ようかどうしようかと迷った映画だったが、観て良かったとつくづく思う。チャーリーの憧れるサムを演じるのは、『ハリー・ポッター』で成長していく姿を見てきたエマ・ワトソン。ここではもう少し成長して魅力的なティーンになっている。その存在もまたドラマに味わいをもたらしている。

 心に深く染み入ってくる映画である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 青春ドラマ!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック