2017年06月10日

アサシン クリード

アサシン クリード.jpg

原題: ASSASSIN'S CREED
2016年 イギリス・フランス・アメリカ・香港
監督: ジャスティン・カーゼル
出演: 
マイケル・ファスベンダー:カラム・リンチ / アギラール・デ・ネルハ
マリオン・コティヤール:ソフィア・リッキン博士
ジェレミー・アイアンズ:アラン・リッキン
ブレンダン・グリーソン:ジョセフ・リンチ
シャーロット・ランプリング:エレン・ケイ
マイケル・ケネス・ウィリアムズ:ムサ
ドゥニ・メノーシ:マクゴーウェン

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
世界的なヒットを記録したゲーム「アサシン クリード」を、新たなキャラクターとストーリーで実写映画化したミステリーアクション。遺伝子操作によって、スペインでアサシンとして活躍した祖先の記憶を追体験させられる男が、歴史に隠された謎に挑む姿を描く。主人公とその祖先をマイケル・ファスベンダーが演じるほか、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズらが共演。監督は『マクベス』でマイケル、マリオンとタッグを組んだジャスティン・カーゼルが務める。
********************************************************************************************************

マイケル・ファスベンダーとマリオン・コティヤールの競演と言えば、それだけで観てみようという気になるもの。期待していたのだが、残念な結果となった映画である。

主人公・カラムは幼少時に、父親に母親を殺されるという悲惨な経験をする。そして物語はいきなりカラムの死刑執行シーンとなる。どうやら成人してからロクな人生を送らなかったようである。何があったのかはわからない。そして死刑は執行されるが、やがてカラムは目を覚ます。そこはいずことはわからぬ施設。現れたのは、ソフィア・リッキン博士と名乗る女性。彼女が語るには、人の暴力性を無くすことが可能となる「エデンの果実」が必要で、そのためにカラムの力が必要だという。

そしてカラムは、「アニムス」と呼ばれる装置に接続される。その装置は、遺伝子記憶を再現するもので、実はカラムは15世紀のスペインに生きていたアサシン・アギラールの直系子孫であり、「エデンの果実」のゆくえはそのアギラールが知っているはずであったため、カラムの遺伝子に眠るアギラールの記憶を再生・追体験させようとしたのである。なかなか面白そうなストーリーだとこの時点では思う。

アニムスを通じてアギラールの記憶が再生される。アギラールは、侵略してくるテンプル騎士団を迎え撃つ役割を課される。遠い過去の出来事が再生されていく中で、リッキン博士の目的も明らかになる。裏にいるのはテンプル騎士団。そしてカラムの父は、なぜ母を殺害したのかといった謎が紐解かれていく。

 何となく面白そうな感じで進んでいたのであるが、「エデンの果実」そのものがあいまいで、いつだれが何の目的で作ったのかなど、観ていながら疑問が脳裏を離れない。遠い過去の祖先の活躍は、何となくアクション映画を観ている感じで楽しめなくはないが、現代のストーリーがマッチしない。死刑になるくらいの犯罪者であるはずのカラムは、あまりにもスマート過ぎて死刑囚という臭いがしないし・・・

 映画の観方も人それぞれだし、気にならない人は気にならずに楽しめるのかもしれない。遺伝子から記憶を再生するというアイデアも面白いと思うが、それでも子供ができるまでの記憶しか引き継げないだろうとか、それならこの出来事のあと子供を作ったのかなど、くだらないことを考えてしまう。大物俳優さんがいろいろ出演していた割に面白みを感じなかったのは、やはり「ストーリーが貧弱だった」に尽きるのであろう。

 残念ながら、眠気をこらえるのが大変な映画であった・・・


評価:★☆☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450947518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック