2017年07月28日

さいはてにて やさしい香りと待ちながら

さいはてにて やさしい香りと待ちながら.jpg

2015年 日本
監督: チアン・ショウチョン
出演: 
永作博美:吉田岬
佐々木希:山崎絵里子
桜田ひより:山崎有沙
保田盛凱清:山崎翔太
臼田あさ:美城山恵
イッセー尾形
:弁護士
村上淳:清水俊夫
永瀬正敏:男
浅田美代子:山崎由希子

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『四十九日のレシピ』などの永作博美と『アフロ田中』などの佐々木希が共演を果たしたヒューマンドラマ。故郷の能登でコーヒー店を開いた孤独な女性と、近所に住むシングルマザーの触れ合いを通して、人と人との関わり合いが生み出す温かさや喜びを浮き上がらせていく。メガホンを取るのは、台湾映画界の名匠ホウ・シャオシェンに師事し、『風に吹かれて−キャメラマン李屏賓(リー・ピンビン)の肖像』で注目を浴びた女流監督チアン・シウチュン。ハートウオーミングな物語に加え、オールロケを敢行した能登半島の美しい風景も見ものだ。
********************************************************************************************************

冒頭、弁護士が主人公の吉田岬と話をしている。どうやら失踪した父親が残した借金の話なのだが、岬はあっさりと払うと答え、その答えを予想していなかった弁護士は面食らう。何気ないシーンだが、この映画での岬の性格を表しているかのようである。そして弁護士は、失踪した父親が残したという不動産の話をする。その物件がある石川県能登半島の最も北側にある奥能登に、岬は古い自動車に家財道具を乗せてやってくる。

そこは父の残した海辺の船小屋。岬には幼い頃、この小屋で父がギターをつま弾く記憶がある。寂れて朽ち果てつつあるその小屋を岬は改築し、焙煎コーヒーのお店『ヨダカ珈琲』を開く。越してきたその日、岬は小屋の前にある民宿に宿を取ろうと訪ねて行くが、そこに現れた若い女性は岬を民生委員と勘違いし、追い返す。やむなく近くのスーパーに買い物に行った岬は、そこで商品を万引きしようとしていた有沙と翔太という姉弟を見かける。

やがてヨダカ珈琲の改築が終わり、開業する。こんな人通りもない辺鄙なところにと思っていたが、ヨダカ珈琲の販売ルートは通販。インターネットで注文を受け、全国に珈琲豆を発送している。なるほどと思わず頷く。一方、眼前の民宿に住んでいるのは若いシングルマザーの絵里子と二人の子供たち有沙と翔太。絵里子は、2人を放置してどこかへ行ってしまい、ネグレクトかと思っていたが、やがて深い事情が分かってくる。

放置された有沙は給食費が払えない。困り果てて知り合った岬に借金を申し入れるが、岬は借りるのは良くないとして、逆に店で働くことを勧める。喜んだ有沙はさっそくヨダカ珈琲で働き始める。そんなヨダカ珈琲には、有沙の担任・恵が家庭訪問に来たついでに寄り、岬と知り合う。絵里子の家にはよからぬ男が出入りし、男が来ている間、居場所のない有沙と翔太は外で時間を潰すことになる・・・

いかにも日本映画的なドラマが展開される。シングルマザーの絵里子は、子供を置いたまま金沢のキャバクラで働いている。その間、小学生の姉弟は二人きりで何日も過ごす。ひどい母親だと思ったが、やがてやむない家庭事情が見えてくる。こんなドラマが展開される。主人公には主人公の事情があり、そこまでの経緯は描かれていないが、根底に流れる悲しみが感じられる。

主人公を演じるのは永作博美。個人的なイメージだが、この方は薄幸な女性というイメージがよく合う。特にそれを感じたのが『八日目の蝉』であるが、この映画でも失踪した父親を幼き日の思い出を抱えて探す(実際にはかつての船小屋で待っているのだが)女性のイメージにピッタリなのである。そしてそんな女性が最後に小さな幸せに辿り着く。しみじみとした味わいがある。

それにしても『ふしぎな岬の物語』も岬の喫茶店が舞台であったが、似たような舞台で、面白いなと感じる。この映画のヨダカ珈琲のようにネット販売というルートがあれば別であるが、店頭販売だけでは商売になりそうもないなぁどと、ついつい現実目線で観てしまった。
それはともかくとして、永作博美の存在感といい、登場人物たちのドラマと相まって、しみじみとした味わいの映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。