2017年08月04日

マネー・ショート 華麗なる大逆転

マネー・ショート 華麗なる大逆転.jpg

原題: The Big Short
2015年 アメリカ
監督: アダム・マッケイ
出演: 
クリスチャン・ベール:マイケル・バーリ
スティーブ・カレル:マーク・バウム
ライアン・ゴズリング:ジャレッド・ベネット
ブラッド・ピット:ベン・リカート
マリサ・トメイ:シンシア・バウム
カレン・ギラン:イーヴィ
メリッサ・レオ:ジョージア・ヘイル
ジョン・マガロ:チャーリー

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
リーマンショック以前に経済破綻の可能性に気付いた金融マンたちの実話を、クリスチャン・ベイルやブラッド・ピットといった豪華キャストで描く社会派ドラマ。サブプライムローンのリスクを察知した個性的な金融トレーダーらが、ウォール街を出し抜こうと図るさまを映し出す。クリスチャンとブラッドに加え、スティーヴ・カレル、ライアン・ゴズリングも出演。『アザー・ガイズ 俺たち踊るハイパー刑事!』などのアダム・マッケイがメガホンを取る。痛快なストーリーと、ハリウッドを代表する4人の男優の競演が見どころ。
********************************************************************************************************

2008年に起こったリーマン・ショック。それは起こるべくして起こった人災であるということは、『金融大狂乱 リーマン・ブラザーズはなぜ暴走したのか』にも描かれていたが、この映画ではそれを逆手に取って多大な利益を上げた男たちの物語。

登場人物の1人、ヘッジファンドマネージャーのマイケルは、アメリカの住宅市場が表面的な安定に対し、裏では不安定要因を抱えていることに気が付く。サブプライムローンとして、AAAの格付けを取得しながらも暴落のリスクを抱えていることを見越し、これを空売りすることを計画する。そしてクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)を金融機関に対して提案していく。絶対安全資産が暴落するというあり得ないシナリオに、大手金融機関は笑いを堪えながら応じていく。

一方、トレーダーのジャレッドは、マイケルの対応をした銀行マンからこの話を聞き興味を持つ。そしてマイケルの狙いが実は極めて的を得たものであることに気が付く。そして彼もまたCDS市場に打って出ることにする。これに対し、ヘッジファンドマネージャーのマークもこの計画に加わる。マークは兄が借金苦から自殺したことで心を痛めており、その怒りを常に何かにぶつけているかのよう。そんなマークが、サブプライム・ローンに与えられる詐欺的な評価に気付いていく。

もう一組は、熱心な若い投資家2人。彼らもまたはマイケルの売り込んだ市場に参入することにし、引退した証券トレーダーのベンに助けを請う。そして彼らもまたCDSに投資していく。歴史を結果から見るのは簡単だが、当事者の立場から見ると難しい。サブプライム・ローンは証券化され、格付会社によって高い格付(AAA)を取得、多くの人はその格付を信じ込んでお金をつぎ込んでいく。

しかし、その実態は返済能力を顧みずにお金を貸しているもので、カレルはラスベガスのストリッパーがこのローンで5軒も家を購入していると聞き、その脆さに愕然とする。格付会社の担当者は、「格付を拒否すれば他の会社に持っていかれるから」という理由だけで、高い格付をつけている。物語は、そんな事実に気が付き行動していく男たちの動きを追う。

それぞれは、協力し合っているわけではなく、別々に動いている。物語としては面白いのであるが、専門用語はバンバン出てくるし、観ていて金融の知識がないとわかりにくいのではないかと感じることしばしばである。知識があっても、マークなどは常に苦悶の表情を崩さず、自らの予想が当たることが苦痛のようで、そんなところはこちらも混乱してわからなくなってしまった。

結果としては、サブプライム・ローンは崩壊し、金融業界は未曽有の大混乱となる。そして一時はなかなか危機が表面化せず、しかもその間CDSの手数料だけはかかってくることから、マイケルは投資家の苦情に苦境に立たされる。そして傷が深くならないうちに撤退すべきと警告を受ける。そんな緊迫したやり取りは、実に興味深い。最終的には489%もの利益をたたき出すのであるが、してやったりの爽快感はない。

ラストのテロップには、今も似たような商品が性懲りもなく形を変えて売られている事実を表示する。何とも暗鬱になる物語であるのは、映画の創り手のやるせなさが伝わって来るかのようである。


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | 実話ドラマ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。