2018年06月30日

【テラフォーマーズ】My Cinema File 1940

テラフォーマーズ.jpg

2016年 日本
監督: 三池崇史
出演: 
伊藤英明:小町小吉
武井咲秋:田奈々緒
山下智久:武藤仁
山田孝之:蛭間一郎
小栗旬:本多晃
ケイン・コスギ:ゴッド・リー
菊地凛子:森木明日香
加藤雅也:堂島啓介
小池栄子:大張美奈
篠田麻里子:大迫空衣
滝藤賢一:手塚俊治
太田莉菜:連城マリア
福島リラ:榊原

<映画.com>
********************************************************************************************************
火星で人型に進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人類の壮絶な戦いを描いた大ヒットコミックを、鬼才・三池崇史監督のメガホンにより実写映画化。主演を「悪の教典」でも三池監督とタッグを組んだ伊藤英明が務め、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら豪華キャストが集った。2599年、人口増加による貧富の差が激しくなる日本では、新たな居住地開拓のために「火星地球化(テラフォーミング)計画」が始まっていた。しかし、火星の気温を上げるためにコケとともに放たれたゴキブリが異常進化してしまう。そのゴキブリたちを駆除するため、15人の日本人が火星に送り込まれるが……。
********************************************************************************************************

近未来の日本。人類は人口増加に悩み、火星への移住計画を立てている。そのためには、火星を人類にとって住みやすい環境に変えるべく、テラフォーミングが行われる。そのために利用されたのが生命力の優れたゴキブリ。これが奏功し、火星は人類が生存できるレベルまでテラフォーミングが成功する。時に西暦2597年、東京で物語は始まる。

警察に追われる男女が、逃げ切れずに逮捕される。男は小町小吉、女は秋田奈々緒。殺人罪の容疑がかかる2人に本多博士がある提案をする。「火星での虫駆除」という仕事に対し、罪の免除と多額の報酬が提示される。いかにも胡散臭いオファーであるが(こういうオファーは得てして断るのが正解だと本能的に感じる)、奈々緒がサインしてしまい小吉もしぶしぶ承諾する。2人は「適合者」と判定されており、火星に行くために特別な手術が必要と言われ、彼らは手術を受ける。

こうして小吉と奈々緒はじめ、15名の人間が選ばれて宇宙船で火星へと向かう。彼らが受けた特別な手術とは、「バグズ手術」という昆虫のDNAを体内に埋め込むもの。首に「昆虫細胞活性剤」を打つことで、5〜6分の間その個々の昆虫の能力を最大限に引き出すことができるというもの。15人の乗組員は、その使用方法をインプットすると火星へと着陸する。

火星に着陸すると、すぐにマーズレッドPROという害虫駆除剤を発射して散布する。その成果を確かめるべく、船外に出る乗組員。ところが、あたりにゴキブリの死骸はなく、代わりに小吉と奈々緒は人間サイズの二足歩行の生き物と出会う。2人が戸惑っていると、その生物は素早く動き、一瞬で奈々緒の首の骨を折ってしまう。呆気にとられる小吉。宇宙船に戻ると、他にも犠牲者が出ている。そこで本多博士より、謎の生物が火星で独自の進化を遂げたゴキブリだとわかる。

なぜ初めから説明しないのか、なぜもっと本格的な軍隊組織を送り込まないのか、原作は漫画だというが、映画ではそのあたりの説明が省かれている。進化したゴキブリは「テラフォーマー」と呼ばれ、15人が受けたのはテラフォーマーと戦う手術。それもミイデラゴミムシとかサバクトビバッタとか、ネムリユスリカとか昆虫博士でもない限り誰も知らないような昆虫(唯一主人公の小吉のオオスズメバチだけがわかった)。

こうして、各人の特技を生かしながら、テラフォーマーとの戦いが繰り広げられる。なんとなく「仮面ライダー」を見ているような気分になってくる。目的は害虫駆除なのであるが、相手はとにかく数に勝っている。15人ではたとえオオスズメバチが最強で孤軍奮闘しても埒が明かない。数こそは最強の武器といった感じである。送り込まれた者も、みんな脛にキズ持つ者たちで、連係プレーも限られている。この計画、端から破綻している。首謀者の本多博士もどこか異色のキャラであり、それなりに専門分野はあるのかもしれないが、政略的思考は苦手のようである。

 結局のところ、ひたすら異生物たちとのバトルが繰り広げられる。『エイリアン』の日本版と言えなくもない。しかし、原作が漫画だからかどうかわからないが、どうも内容は漫画チックで『エイリアン』のような迫力も緊迫感も伝わってこない。それこそ子供向けのヒーロー番組を観ているような感覚である。何がどう悪いのかは何とも言えないが、要因の一つは間の抜けたテラフォーマーの顔であることは間違いないだろう。どう見てもギャグにしか見えない。

 出演陣はけっこう豪華なのであるが、出来栄えは残念としか言いようがない。原作は大ヒット漫画らしいが、映画化はチープに終わってしまったというところだろう。一度原作も見てみたいと思うのが精一杯の映画である・・・
 
 
評価:★★☆☆☆








posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | SF/近未来ドラマ

2018年06月04日

【アウトランダー】My Cinema File 1930

アウトランダー.jpg

原題: Outlander
2008年 アメリカ
監督: ハワード・マケイン
出演: 
ジム・カヴィーゼル:ケイナン
ソフィア・マイルズ:フレイヤ
ジョン・ハート:ロスガー
ジャック・ヒューストン:ウルフリック
ロン・パールマン:ガナー

<映画.com>
********************************************************************************************************
「パッション」のジム・カビーゼル主演によるSFファンタジー。とある惑星から飛び立った宇宙船が、8世紀の地球・ノルウェーに不時着した。唯一の生存者である乗組員ケイナンがバイキングに捕らわれる一方、宇宙船に潜んでいた殺戮生命体「モアウェン」が次々と人間たちを襲いはじめる。バイキングの族長の命を救ったことで信頼を得たケイナンは、彼らと力をあわせてモアウェンを倒すべく立ちあがる。共演に『トリスタンとイゾルデ』のソフィア・マイルズ。
********************************************************************************************************

 冒頭、宇宙空間で何があったのか宇宙船が地球へと落下していく。墜落した地は、ノルウェーの海。宇宙船に乗っていたケイナンは、目がさめると仲間は息絶えており、これを葬る。海の底に沈んだ宇宙船から、ケイナンはシステムの一部を陸まで持ち出し、言語を習得する。そして銃を手に取り、森へと向かう。
  
 ところで、ケイナンが不時着した世界は西暦709年の世界。なぜタイムスリップしたのか、説明は全くなく不親切。まもなくケイナンはある村へとやってくるが、焼き尽くされた村には誰一人といない。そして森の中でケイナンは、ヴァイキングの一族・ウルフリックに襲われ、気を失いウルフリックの村へと連れて行かれる。

 この村の王はロスガー。ウルフリックはその後継者候補であるが、ロスガーの娘・フレイヤは気が強く、ウルフリックと結婚する気はない。それどころか、今日も父と剣の腕を磨く有様。ウルフリックにしてもまだ考え方に未熟さもあり、王の器はまだ備わっていない。そんな村で、ケイナンは捕虜として扱われる。焼き尽くされていた村はライバルのガナーの村であったことから、ガナーの復讐が予想される。

 拘束されたケイナンだが、村を全滅させたのはケイナンとともにこの時代に落下した怪物モアウェンだと見当がついている。そしてついにモアウェンによってロスガーの村も襲われる。ロスガーやウルフリックら戦士は、熊の仕業だと考え、森の中に退治に出かける。ここでロスガーを助けたケイナンは、偶然出くわした熊を討伐し、ロスガーと村人たちかの信頼を得る。こうして、村人たちはケイナンを受け入れる。

 しかし、危機が去ったわけではない。自分の村を襲い、妻子を殺されたと信じるガナーの一味が襲い来る。しかし、そのガナーも真犯人はモアウェンだと気付くことになる。そして人類は一致団結してモアウェンを倒すことになる。こうして、人類対モアウェンの戦いの火ぶたが切って落とされる。あまり期待せずに観始めたが、こういう展開にいつのまにか物語に引き込まれていく。

 残念なのは、冒頭から何の説明もなく始まったため、物語の背景がわからなかったことだ。ケイナンはたぶん、未来の人類なのだろうが、なぜタイムスリップして過去に戻ったのか(そもそもその理解で正しいのか)。なんでモアウェンが一緒に地球に落下したのか(宇宙船に忍び込んでいたのか、捕獲して搬送中だったのか)。SFの場合、きっちりと背景説明してくれないと、「?」マークを抱えたまま観るのは個人的に厳しいものがある。

 とは言え、ストーリー自体は面白く、バイキングの武器では到底太刀打ちできない相手に対し、ケイナンは未来人らしい戦いを仕掛けていく。タイトルの「アウトランダー」とは、「よそ者」の意味。そのアウトランダーの活躍が心地良い一作である・・・


評価:★★☆☆☆







posted by HH at 00:00 | 東京 🌁 | Comment(0) | SF/近未来ドラマ

2018年04月28日

【EMMA/エマ 人工警察官】My Cinema File 1910

EMMA/エマ 人工警察官.jpg

原題: EMMA
2016年 フランス
監督: アルフレッド・ロット
出演: 
パトリック・リドレモン:フレッド
ソレーヌ・エベール:エマ
スリマン・イェフサー
サブリナ・セブク
バネッサ・ラール
ソフィー・ロドリゲス

<KINENOTE解説>
********************************************************************************************************
驚異的な能力を備えたアンドロイドの活躍を描くSFサスペンス。フランス警察の警部・フレッドが率いる捜査チームに、新人のエマが配属される。エマの的確な分析力と並外れた身体能力は周囲の人間を驚かせるが、フレッドはエマの人間性に疑念を抱く。
********************************************************************************************************

フランス警察に勤務する警部のフレッドはベテランの刑事。ある日、彼が率いる捜査チームに新人の研修生エマが配属される。エマは容姿端麗であり、刑事には似つかわしくない。そして間もなく事件が発生する。林の中で若い女性の遺体が発見されたのであるが、現場に着く早々、エマは被害者の刺された回数と死因、そして何より被害者が妊娠していることを指摘し、フレッドらを驚かせる。

フレッドは美人のエマに恋人の話を振るが、エマの答えは「仕事が趣味」と言うそっけないもの。さらにフレッドは、エマとの会話の端々に人間性が欠如している傾向を掴み取る。そして疑念を抱いたフレッドは、エマについて独自に調べていく。旧知の警察学校の仲間から、エマはすでに事故で死亡していると知らされる。驚いたフレッドは、エマを連れてきた上司に直接真偽を正す。

秘密を隠しきれないと判断したのか、上司はあっさりとフレッドを極秘施設に連れて行く。そこで、エマは内務省の極秘プロジェクトで作られたアンドロイドだと説明される。「人工警察官」という聞きなれないタイトルに、なんだと思っていたらそういうことらしい。いわばフランス版『ロボコップ』といったところだろうか。ただし、ロボコップと違うのは、頭脳がAIだということ。ロボコップはそれだと危険と判断し、人間の脳を使ったが、フランスはOKらしい。

こうして捜査に加わったエマは、さすがに優秀さを見せつける。あらゆるデータがインプットされており、必要に応じて瞬時に取り出せる。血液分析もその場でやってしまう。後半は医学部生の殺人事件を捜査するのであるが、薬物に関する知識も豊富で、人間にはとても真似できない。凶悪犯に向かって行くのはともかく、こうした地道な事件の捜査なら優秀な刑事になりそうである。

刑事としては優秀でも、映画としては必ずしもそうとは言い切れない。なにせ、映画としては地味である。人工警察官といっても、起こる事件は痴話喧嘩のもつれの殺人事件と、医学部生同士の愛憎のもつれであったりととにかく地味。『ロボコップ』のような凶悪犯罪対策とは違うので、ドンパチの類は一切ない。「人間よりもAIの方が捜査上は有利でしょ」と言いたいがための映画のようである。

それでも一応、身体能力も人間を上回っている。なにせ時速60キロで走れるし、15種類の格闘技をマスターしているのである。ひったくり犯なんてあっという間に追いついて息も切らせず涼しい顔をして組み伏せる。救命措置だって的確でバッチリだし、とにかくこんな警官がいたら理想的だと思う。重火器を振り回す組織犯罪対策なんて必要なければ、ロボコップよりもはるかに重宝されるだろう。ロボコップよりも美人警官の方が現場のモチベーションも上がるに違いない。

「人工警察官」というネーミングもよくよく考えてみれば、なかなかのセンスである。時代逆行的な邦題がすべてを表している気がする。B級映画に分類するのは惜しい気がする映画である・・・


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | SF/近未来ドラマ

2018年03月10日

【ブレードランナー 2049】My Cinema File 1887

ブレードランナー 2049.jpg

原題: Blade Runner 2049
2017年 アメリカ
監督: ドゥニ・ビルヌーブ
出演: 
ライアン・ゴズリング:K
ハリソン・フォード:リック・デッカード
アナ・デ・アルマス:ジョイ
シルビア・フークス:ラヴ
ロビン・ライト:ジョシ
マッケンジー・デイビス:マリエッティ
カーラ・ジュリ:アナ・ステライン
レニー・ジェームズ:ミスター・コットン
デイブ・バウティスタ:サッパー・モートン
ジャレッド・レト:ニアンダー・ウォレス
エドワード・ジェームズ・オルモス:ガフ
ショーン・ヤング:レイチェル

<映画.com>
********************************************************************************************************
リドリー・スコット監督がフィリップ・K・ディックの小説をもとに生み出した1982年公開の傑作SF『ブレードランナー』から、35年の時を経て生み出された続編。スコット監督は製作総指揮を務め、『メッセージ』「ボーダーライン」などで注目を集めるカナダ出身の俊英ドゥニ・ビルヌーブ監督が新たにメガホンをとった。脚本は、前作も手がけたハンプトン・ファンチャーと、『LOGAN ローガン』 『エイリアン コヴェナント』のマイケル・グリーン。前作から30年後の2049年の世界を舞台に、ブレードランナーの主人公“K”が、新たに起こった世界の危機を解決するため、30年前に行方不明となったブレードランナーのリック・デッカードを捜す物語が描かれる。前作の主人公デッカードを演じたハリソン・フォードが同役で出演し、『ラ・ラ・ランド』のライアン・ゴズリングがデッカードを捜す“K”を演じた。撮影を手がけた名手ロジャー・ディーキンスが、第90回アカデミー賞で自身初の撮影賞を受賞。そのほか視覚効果賞も受賞した。
********************************************************************************************************

  SF映画の金字塔と言われた傑作『ブレードランナー』の続編とあって、大いに期待していた一作。前作の設定が2019年となっていて(もう来年であることを考えると随分ずれてしまっているのが玉に瑕なのであるが)、それから30年後の世界が舞台。
 
 実は、知らなかったのであるが、この間の30年間の主要な出来事を描いた短編が創られていたのだという。
『ブレードランナー ブラックアウト2022』
『2036: ネクサス・ドーン』
『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』
まぁ観ていればより物語を楽しめるし、観ていなくても大丈夫なシロモノであるが、『2048: ノーウェア・トゥ・ラン』は観ておいた方が、冒頭のシーンを楽しめるだろう。

 前作で寿命を4年に抑えられていたレプリカントは、「ネクサス4型」と説明される。その後、多くの反乱を起こした「ネクサス6型」、寿命を設定していない「ネクサス8型」が製造されるが、「大停電」が発生したりして製造元のタイレル社は倒産する。しかし、その後ウォレス社によって、より従順で寿命制御も可能な「ネクサス9型」の製造が開始される。(この辺りの事情は『2036: ネクサス・ドーン』を観た方がいい)

 そして2049年、物語はスタートする。ロサンゼルス警察の「ブレードランナー」Kは、郊外の農場にやって来る。農場主は逃亡レプリカントのサッパー・モートン。Kは任務を果たすが、庭にある枯木の根元に埋められた箱を発見する。本部に持ち帰って調べたところ、その中身はレプリカントの遺骨。そして検死の結果、なんと帝王切開の合併症で約30年前に死亡したことが判明する。レプリカントの妊娠という衝撃の事実に、Kの上司のジョシ警部補はKに事件の痕跡をすべて消すようにと命令する。

 Kはさっそくウォレス社を訪ね、製造番号の記録から遺骨は2019年に逃亡したレプリカントのレイチェルであったことがわかる。前作のラストでブレードランナー、リック・デッカードと一緒に逃亡したあのレイチェルである。一方、その情報を得たウォレス社もその技術を欲し、レイチェルの生んだ子供の行方の捜索を始める。捜索にあたるのは、ウォレス社のラヴ。ラヴはLAPDに忍び込み、レイチェルの遺骨を盗み出す。

 こうして、物語はレイチェルの子供を探す物語となる。追うのはブレードランナーKとウォレス社のラヴ。やがてKは、自らの記憶と調査結果からある疑惑を抱くようになる。「自分がレイチェルの子供かもしれない」と。予告では、前作でデッカードを演じたハリソン・フォードが登場していたが、映画ではなかなか出てこない。真打登場までしばらく待たされる。

 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』もそうであったが、同じ俳優が時を経て老けた登場人物を演じるというのも面白い。物語の中でも自然に年を取っている。しかし、レプリカントのレイチェルは、前作同様の姿で登場する。これも映画ならではなのだろう。レプリカントは人間から侮蔑されている。こういう設定も面白い。そしてレプリカントであるKは1人暮らしで、部屋に帰れば女性の姿をしたAI、ジョイが出迎える。こういう技術が実現したら、結婚生活に疲れたあとの1人暮らしにいいかもしれないなどと妄想してしまう。

 前作で退廃したような社会の様子は、今回も健在。この世界観がブレードランナーの魅力でもあると思う。ソニーの看板があり、英語やハングルが混在する多国籍社会の様子は、あながち空想とも言えない気もする。退廃した未来世界と人間と変わりないレプリカント。続編を創ろうと思ったらこういう内容になるのだろうかという気もする。物語は、こちらの予想を外れた結末に導いてくれる。なかなかのストーリーである。この世界は果たしてまだ続くのだろうか。
 正直言って前作ほどのインパクトはないものの、その世界観を保っていて満足のいく映画である・・・


評価:★★★☆☆





本作にあたり製作された3つの短編
【ブレードランナー ブラックアウト 2022】


【2036:ネクサス・ドーン】


【2048:ノーウェア・トゥ・ラン】

posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | SF/近未来ドラマ

2018年02月04日

【ライフ】My Cinema File 1871

ライフ.jpg

原題: Life
2017年 アメリカ
監督: ダニエル・エスピノーサ
出演: 
ジェイク・ギレンホール:デビッド・ジョーダン博士(メディカル主任担当、アメリカ人)
レベッカ・ファーガソン:ミランダ・ノース博士(メディカル・検疫担当、イギリス人)
ライアン・レイノルズ:ローリー・アダムス(システムエンジニア担当、アメリカ人)
真田広之:ショウ・ムラカミ(宇宙ステーションパイロット担当、日本人)
アリヨン・バカーレ:ヒュー・デリー博士(生物学者。イギリス人)
オルガ・ディホビチナヤ:エカテリーナ・"キャット"・ゴロフキナ(ミッション・リーダー、ロシア人)

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサがメガホンを取ったSFスリラー。国際宇宙ステーションを舞台に、火星で発見された生命体の脅威にさらされた宇宙飛行士たちの運命を追う。『ナイトクローラー』などのジェイク・ギレンホール、エスピノーサ監督作『デンジャラス・ラン』にも出演したライアン・レイノルズ、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』などのレベッカ・ファーガソンらが出演。宇宙船内での手に汗握る展開に息をのむ。
********************************************************************************************************

 物語の舞台は宇宙ステーション。そこには各国から参加した6人の宇宙飛行士が火星で採取した土壌サンプルを調査するミッションに従事している。その火星からの土壌サンプルだが、途中の宇宙塵の影響でサンプルポッドはコントロールを失い、ステーションではそれを手動でキャッチしようとして緊迫したムードに包まれている。そして無事、確保に成功。早速土壌サンプルの解析を始めたところ、微生物を発見することに成功する。

 その発見に沸き立つ地球。なんと名前が公募され、選ばれた小学生から「カルバン」と名付けられる。やがてカルバンは成長し、生物学者のヒューの指の動きにも反応するようになる。しかし、ここでトラブルが生じ、動かなくなったカルバンに電気ショックを与えたところ、カルバンはヒューの手に絡みつきこれを骨折させるまで締めあげる。気絶したヒューをロイが救うが、今度は実験室で孤立したロイをカルバンが襲い、なんとカルバンは体内に侵入し、ロイを殺してしまう・・・

 宇宙船という限られた空間の中で、異性物がクルーを次々に襲っていくというストーリーは、この手の先陣を切った『エイリアン』と同じである。ロイが犠牲になったことで、異性物を排除しようということでクルーは一致する。ここではそれを妨げるアンドロイドも歪んだ利益優先主義もない。しかし異性物の動きは敏捷で、さらに成長は加速し、クルーたちは次々と犠牲になっていく。

 『エイリアン』と構成は同じだが、これはこれでアレンジがある。その一つはクルーの構成。クルーはアメリカ、イギリス、ロシア、日本と各国から出ている。ロシアが入っている(しかもリーダーである)ところを見ると、世界は融和の方向に向かっているようであるし、中国ではなく日本が入っているところが日本人的には嬉しいところである。その日本人を演じるのはハリウッドにはお馴染みの真田広之である。

 また、クルーの中のイギリス人ヒューは、(地上では)車椅子の生物学者。宇宙空間では車椅子のハンディはない。そう言えば『アバター』の主人公も車椅子であったが、考えてみれば宇宙空間では車椅子の障碍者もハンディはない。障碍者にとっては、宇宙への進出は可能性が広がるものであるような気がする。

 『エイリアン2 完全版』では、自分だけがずる賢く立ち回ろうとする「企業側」の人間が出てきたが、このステーションでは人数も少ないせいかみな行動は立派である。最初の犠牲になったロイは、研究室で気を失ったヒューを助けようと果敢に(検疫の為封鎖を主張する検疫官ミランダの指示を無視して、だが)中に飛び込む。リーダーのカテリーナは、ステーションの外に出て故障した通信システムの修理を試みカルバンに襲われるが、自らを犠牲にしてカルバンをステーション内に入れないようにしようとする(できなかったが・・・)。

 『エイリアン』では、異性物に対し「退治」しようとしたが、この映画ではそれに加えて「地球からの隔離」にクルーたちは奮闘する。最後はステーションごと宇宙に隔離されるとわかってもクルーたちは冷静に行動する。自分は助からないとわかっても、仲間をそして人類を守ろうとする行動を取る。「醜い」人間を登場させなかったのは、「選ばれし者はかくあるべし」というお手本のようである。

 そんなクルーたちの奮闘だからこそであろうが、ラストはちょっと衝撃的であった。ある意味『エイリアン』の方が、後味が良いと言える。いろいろな映画が次々に創られる中、ストーリー構成が似たようなものになるのは仕方ないと思うが、それでもオリジナルの工夫はほしいところ。その意味ではこの映画の満足度は高い。

 ラストの続きを思わず想像してしまった映画である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | SF/近未来ドラマ