2015年12月20日

私の男 

watashinootoko_main_large.jpg

2013年 日本
監督: 熊切和嘉
出演: 
腐野淳悟 - 浅野忠信
腐野花 - 二階堂ふみ(10歳:山田望叶)
田岡 - モロ師岡
大塩小町 - 河井青葉
美郎の先輩 - 三浦誠己
タクシー会社の事務員 - 広岡由里子
大輔 - 三浦貴大: 花の婚約者
尾崎美郎 - 高良健吾
大塩 - 藤竜也

<映画.com>
********************************************************************************************************
作家・桜庭一樹による第138回直木賞受賞作を、「海炭市叙景」「夏の終り」の熊切和嘉監督が映画化。孤児になった少女と、彼女を引き取った遠縁の男が、内に空虚を抱えながらも寄り添うようにして生きる姿を、北海道の雄大な自然を背景に描き出した。浅野忠信と二階堂ふみが主演し、共演にも高良健吾、藤竜也らが実力派が顔をそろえている。10歳で孤児となった少女・花は、遠縁の男・淳悟に引き取られる。ともに孤独な2人は北海道紋別の平穏な田舎町で暮らしていたが、ある日、流氷の上で起こった殺人事件が報じられる。そのニュースを聞いた2人は、逃げるように町を後にするが……。
********************************************************************************************************

冒頭、北海道奥尻島の地震・津波被害で一人の少女が生き残る。
家族とはぐれ、たった一人であるが、泣くこともなく避難所の中で過ごす様子は、まだ幼くてよくわかっていないのだろうかなどと想像させられる。
そこで出会った一人の男淳悟。
男は少女を引き取ることにし、車に乗せて連れ帰る。

時を経て少女だった花は中学生に成長している。
淳悟は小町と付き合っているが、どうも途中からうまくいかなくなる。
画面だけ観ていても細かい感情はよく分からない。
この辺り、もう少し互いの気持ちがわかるような配慮が欲しかった。

やがて花は高校生となる。
父の淳悟とは依然として二人暮らし。
淳悟は定期的に船に乗り、花はその間、一人で留守番をすることとなる。
仕事から帰ってきた淳悟と花が道端で口づけを交わす。
「おいおい」と思っていると、なんと翌朝朝食の場で、そのまましてしまう。
これは「そういう映画か」とタイトルの合点が行く。

禁断の関係になってしまった淳悟と花。
その秘密を守るために、事件が起こる。
逃げるようにして東京へ移る二人。
二人を追ってきたのは、警察の田岡・・・

孤児となった花が淳悟に引き取られ、そして嫁いでいく日までの物語。
ストーリーは静かに続いていく。
中学生からOLまで、違和感なく演じた二階堂ふみ。
『ヒミズ』ですでに「タダモノではない」感を漂わせていたが、この映画でもそれを遺憾なく発揮。
浅野忠信の物静かさといいコンビである。

原作は直木賞受賞作品らしい。
原作を読めばこの映画で「語られなかった」部分もかなり明らかになる気がする。
全体的に暗い映画なのであるが、「怖いもの見たさ」的な好奇心が湧いてくる。
もっとこの世界を味わってみたいと・・・

あちらこちらにある「分かりにくさ」。
映画だけではどうしても限界があるのだろう。
原作も読んでみたくなる一作である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 21:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2015年11月22日

ブルージャスミン

main_large-2.jpg

原題: BLUE JASMINE
2013年 アメリカ
監督: ウディ・アレン
出演: 
ケイト・ブランシェット:ジャネット・“ジャスミン”・フランシス
アレック・ボールドウィン:ハル・フランシス - ジャスミンの亡夫
サリー・ホーキンス:ジンジャー - ジャスミンの妹
ルイスC.K.: アル - ジンジャーの浮気相手
ボビー・カナヴェイル:チリ - ジンジャーの婚約者
アンドリュー・ダイス・クレイ:オーギー - ジンジャーの前夫
ピーター・サースガード:ドワイト・ウェストレイク - ジャスミンの婚約者
マイケル・スタールバーグ:フリッカー医師 - 歯科医

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。
ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しようとする過程で、彼女の過去や心の闇を浮き彫りにしていく。
実業家である夫をアレック・ボールドウィンが演じるほか、サリー・ホーキンスやピーター・サースガードが共演。
シリアスな展開と共に、ケイトの繊細な演技に引き込まれる。
********************************************************************************************************

ウッディ・アレン監督作品。
ウッデイ・アレンの映画というと、「静かな映画」というイメージがある。
登場人物たちが、特に何か派手な動きをこなすというものではなく、静かに展開される、そしてそこにさらりとした味付けがなされているというイメージである。
この映画はまさにそんな映画。

主人公は、ジャネット。
愛称はジャスミンであり、本人もそう呼ばれたがっている。
そのジャスミンが妹を訪ねてくるところから物語は始まる。
どうやらご主人はかなりの金持ちだったようで、ジャスミンもセレブな生活をしていたようであるが、一文無しになって妹の家に転がり込んできたのである。

その文無しのジャスミンであるが、長年にわたって染み付いたセレブ意識は抜けきっておらず、再開した妹に飛行機のファーストクラスに乗ってきたことを呆れられるが、本人はそれほどのことと思っていない。
本来職探しをすべきところ、本人は大学に行ってかつて取り残した学位を取ると語る。
庶民の「常識的な」意識と、未だセレブの生活に戻れると簡単に考えているジャスミンの意識のギャップが滑稽である。

妹の恋人たちに将来計画を聞かれ、インテリアデザイナーの資格をオンラインで取るが、その前にパソコン教室に通うと答える。
聞いた方も観ている方も、その滑稽さに呆れるが、本人は真面目。
しかし、薄々本人も感じているのであろう。
その現実に、だんだんと気持ちがついていけなくなる・・・

並行して描かれる過去。
金持ちだった夫も、実はいかがわしい手段を駆使して儲けていたようで、事実を知った息子は
家出をし、やがて逮捕された夫は首をつってしまう。
その間、妹夫婦が宝くじで当てた大金を喪失させてしまったようでもある。

一般的にも生活レベルを落とすというのは、なかなか難しい。
年収1,000万円の人が、年収400万円の人より豊かかというと、年収1,000万円の人はそれなりに支出も多く、それが年収700万円に下がると慣れ親しんだ生活感覚から離れられず、かえって生活が苦しくなるということもよく言われることである。
年収400万円の生活感覚を持たないジャスミンのことを笑えない人も多いかもしれない。

逆に妹はもともと庶民感覚で暮らしており、セレブでなくても生活は逞しい。
現実を受け入れられないジャスミンの言動が次第に怪しくなっていくが、生活レベルを落とす困難さは、想像するだけでは難しいかもしれない。
夫のやっていたことも、薄々気づいていたジャスミン。
されど目の前の生活とモラルとでは比べようもなかった様子。
これも自業自得なのであろう。

壊れ行くジャスミン。
演じたケイト・ウィンスレットはアカデミー賞に輝く。
それも納得の熱演。
なるほど、と大きく頷ける一作である・・・


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 15:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2015年08月08日

チョコレートドーナツ

チョコレートドーナツ.jpg

原題: Any Day Now
2012年 アメリカ
監督: トラヴィス・ファイン
出演: 
アラン・カミング:ルディ・ドナテロ
ギャレット・ディラハント:ポール・フラガー
アイザック・レイヴァ:マルコ・ディレオン
フランシス・フィッシャー:マイヤーソン判事
グレッグ・ヘンリー:ランバート
クリス・マルケイ:州検察官ウィルソン
ドン・フランクリン:ロニー・ワシントン−黒人の弁護士。
ジェイミー・アン・オールマン:マリアンナ・ディレオン−マルコの母。

<Movie Walker解説>
********************************************************************************************************
1970年代の実話を基に、育児放棄されたダウン症の少年を育てたゲイのカップルの姿を描くヒューマンドラマ。
出演は、ドラマ『グッドワイフ』のアラン・カミング、『ノーカントリー』のギャレット・ディラハント。
監督は、本作が日本公開初作品となるトラヴィス・ファイン。
第11回トライベッカ映画祭観客賞他受賞多数。
********************************************************************************************************

とあるゲイバーを訪れた検事のポール。
ダンサーとして口パクで踊っていたルディと知り合うと、そのまま車の中で人目をはばかるご関係。
そこへやってきた警官が、二人を見て露骨に顔をしかめると銃さえ突き付ける始末。
このシーンで、これは現代の物語ではないなと感じる。
あとで解説を見ると1970年代とある。
この時代背景もドラマの重要な一因である。

ルディのアパートは、いかにも貧困アパートという感じ。
隣人の母親は周囲の迷惑を顧みない大音響で音楽を聴き、障害児の子供の面倒をろくに見ない。
その母親はドラッグで逮捕され、その子供マルコは施設へと連れて行かれる。
ルディはポールと会った帰り、施設から逃げ出したマルコが町を彷徨っているのを見かける。
そしてそのまま引き取ることにする。

親権のないルディは、マルコが施設に連れ戻されるのを懸念し、ポールとともに母親の不在中の親権を得るべく奔走する。
やがて晴れてマルコの親権を獲得するとともに、ポールと3人で生活することになる。
しかし、やがてポールとルディの関係が周囲に露見。
ポールは職を失い、マルコの親権も取り消されてしまう。
ポールとルディは、ともに親権を取り戻すべく、再び法定闘争へと向かう・・・

昨今、アメリカではLGBTの婚姻が認められるなど、同性愛に対する態度は寛容になってきている。
この物語も、現代であればドラマになどならなかったであろう。
そういう意味では、「歴史ドラマ」とでも言えるかもしれない。

ルディを演じたアラン・カミングという役者さんは、あまり馴染みがないが、凄い演技力だと思っていたら、自身バイセクシャルらしい。
そしてマルコ役のアイザック・レイヴァも、表情といい後ろ姿といい、実にダウン症の少年ぽく見せてくれていた。
(たぶん自身がマルコと同じダウン症だったりするのではないかと思う)

普通のカップルだったら、たぶん何の問題もなく親権が認められていたであろう。
されどゲイのカップルということで、世間の嫌悪感を背景にそれを阻む。
法律自体の問題ではなく、それを運用する側の問題である。
誰に迷惑をかけるわけでもない。
障害を持った子供を育てるのに、施設よりも愛情を持って面倒を見てくれる人間のそばの方がいいに決まっているが、「ゲイ」という事実でそれを否定する。

ラストはちょっと切ない結末である。
それにしても、アメリカの社会はダイナミックだと思う。
このような時代から、わずか30〜40年で同性愛が公認されるわけである。
ノーマルな立場としては同性愛など理解できないが、まぁ人に迷惑をかけるわけでもないし、人の趣向をとやかく言うつもりもないが、この映画のような事態が今後起こらないというだけでも否定すべきものではないと思う。

是非観ておきたい映画である・・・


評価:★★★☆☆






posted by HH at 13:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2015年08月01日

LIFE!

LIFE!.jpg

原題: The Secret Life of Walter Mitty
2013年 アメリカ
監督: ベン・スティラー
出演: 
ベン・スティラー:ウォルター・ミティ
クリステン・ウィグ:シェリル・メルホフ
ショーン・ペン:ショーン・オコンネル
アダム・スコット:テッド・ヘンドリックス
シャーリー・マクレーン:エドナ・ミティ

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
凡庸で空想癖のある主人公が未知なる土地への旅を経て変化していくさまを、ベン・スティラー監督・主演で描くヒューマンドラマ。
夢を諦め、写真雑誌の写真管理部で働く地味な中年男性が、ひょんなことからニューヨークをたち世界中を巡る旅を繰り広げる様子をファンタジックに映し出す。
物語の鍵を握るカメラマン役で『ミルク』などのショーン・ペン、主人公の母親役で『愛と追憶の日々』などのシャーリー・マクレーンが共演。
壮大なビジュアルや、主人公のたどる奇跡のような旅と人生に目頭が熱くなる。
********************************************************************************************************

毎日真面目に会社に通い、仕事をし、そして帰宅する。
多くのサラリーマンがそんな日常を送っている。
だが、心の中で冒険をしたり、ドラマチックな恋に落ちたりということを夢想したりしているかもしれない。
そんなあり得そうな普通のサラリーマンである主人公のウォルター・ミティ。
今日も心を寄せる同僚の女性シェリルに、SNSサイトで「ウィンク」を送るかどうか迷うシーンから映画は始まる。
(どうやらカップルを見つけるためのサイトで、フェイスブックの「いいね!」のようなものらしい)

そんなウォルターが出社すると、勤める「LIFE」社は買収されたあと。
ウォルターは膨大な写真のネガを管理する部門に勤務しているが、新しいボス、テッドからは既に首を言い渡される雰囲気。
LIFE誌は廃刊が決まり、最終号の表紙を飾るのは、冒険家でもある写真家ショーンから届いた「最高傑作」と本人が言う作品。

ところが、肝心のネガ25番だけが見当たらない。
事実を確認しようと、写真部のシェリルと話をし、シェリルの後押しもあって、ウォルターはショーンを探しにグリーンランドへ行く決意をする。
こうして、平凡な毎日を送っていたウォルターが、意中の女性と会話することができるようになり、そして思いもかけない” 冒険”(毎日の日常とは違う行動)に出ることになる・・・

ウォルターは、空想癖があって、よくスーパーマン的な行動をとる自分の姿を空想している。
その間、ぼうっとしているわけであり、周りからもよくからかわれている。
そんなウォルターの姿は、どこにでもいる男の姿。
そんな平凡な男が、グリーンランドに写真家ショーンを訪ねていく。
それ自体、覚悟さえすれば難しいことではない。

そしてグリーンランドでは、酔ったパイロットのヘリに乗るかどうか迷う。
普通は乗らないが、意を決したウォルターは飛び乗る。
ウォルターの”冒険”は、難しいものではない。
誰でもできることばかり。
まぁ子供の頃から得意だったスケボーの腕は、ちょっと普通の人には真似できないかもしれない。

そういう一つ一つは平凡な”冒険”が、ウォルターの心と生活を変えていく。
背景に、「世界を見よう、危険でも立ち向かおう、それが人生の目的」というLIFEのスローガンが心地よく流れる。
観ているうちに、こちらも日常生活から一歩踏み出したくなるような映画である。

主演のベン・ステイラーは、『ナイト・ミュージアム』のイメージがあって、コメディ系との印象が強い。
ここでもその印象は維持されているが、徐々に目覚めていくところはかえって適役との印象を受けた。
この作品では何と監督もこなしている。

観終わって以外にも心にヒットした映画であった。
主人公のその後の人生を想像してみると心が豊かになる。
サラリーマンにはお勧めの映画である・・・


評価:★★★☆☆






posted by HH at 11:53 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2015年05月16日

晴天の霹靂

晴天の霹靂.jpg

2014年 日本
監督: 劇団ひとり
原作: 劇団ひとり
出演: 
大泉洋:轟晴夫
柴咲コウ:花村悦子
劇団ひとり:轟正太郎
笹野高史:医師
風間杜夫:雷門ホール支配人

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
作家や俳優としても活躍する人気お笑い芸人の劇団ひとりが書き下ろした小説を、自らメガホンを取って実写化したヒューマンドラマ。
40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る。
『探偵はBARにいる』シリーズなどの大泉洋が不思議な体験をする主人公を快演し、その両親にふんする劇団ひとり、『GO』などの柴咲コウが物語を盛り上げる。
涙と笑いに満ちた物語に加え、4か月の練習を経て臨んだ大泉洋のマジックシーンにも目を見張る。
********************************************************************************************************

劇団ひとりといえば、今でも「お笑いタレント」というイメージを持っているが、『バブルへGO!!タイムマシンはドラム式』『イキガミ』『八日目の蝉』『麒麟の翼』などの映画に、「普通に」出演しているのを観ているため、最近は「お笑いタレント」というイメージも薄れつつある。
そんな劇団ひとりが、原作を書き、監督までしたというのが、この映画。
お笑いの芸も並みではなかったが、こうなるとものすごく才能のある人なんだと思えてならない。

主人公は大泉洋の演じる売れないマジシャン轟晴夫。
大泉洋といえば、どうしても「ちょっと情けない男」という役柄が多いが、ここでもその通りである。
マジックバーで働いているが、うだつが上がらず、先に売れてしまった後輩からもバカにされる有り様。
「子供の頃は誰でも自分がエースかキングだと思っているが、やがてそうではないと気がついていく」とトランプの手品をしながらの冒頭の独白が切ない。

今日も薄給ゆえにスーパーで売れ残りのパンを買って食べていると、警察から電話がかかってくる。
高校を卒業してから会っていない父親が死んだとの警察からの電話であった。
幼い頃、母親は家を出てしまい、晴夫は父正太郎が男手一つで育てられていた。
父のテントに残されていた父と赤ん坊だった自分の写真を見ていると、突然雷に打たれ、気がつくと晴夫は昭和48年の世界にタイムスリップしていた・・・

晴天の霹靂とは、「晴れた日に突然雷が鳴るがごとく、予想もしなかったこと」とされるが、まさにそんなタイムスリップである。
そして昭和48年の世界で、晴夫は父正太郎と母悦子と出会う。
過去に戻って自分の両親と会うというストーリーは、『地下鉄(メトロ)に乗って』『異人たちとの夏』なども同様であるが、やっぱりこのパターンはどれもウケがいいと思う。

そこで、若い頃の父親とぶつかり合い、そして若い頃の母親にちょっと惹かれ、自分の出生の秘密を知る。
コメディタッチではあるものの、ちょっとハートウォーミングなストーリー。
人には誰でも他人にはわからない面がある。
人生の意味を見失っていた晴夫が、その後どんな人生を送るのか。
映画では描かれなかったその先をちょっと想像してみたい映画である・・・


評価:★★★☆☆


   
 
posted by HH at 14:34 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ