2017年07月14日

セッション

セッション.jpg

原題: Whiplash
2014年 アメリカ
監督: デミアン・チャゼル
出演: 
マイルズ・テラー:アンドリュー・ニーマン
J・K・シモンズ:フレッチャー
メリッサ・ブノワ:ニコル
ポール・ライザー:ジム・ニーマン
オースティン・ストウェル:ライアン
ネイト・ラング:カール

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
サンダンス映画祭でのグランプリと観客賞受賞を筆頭に、さまざまな映画賞で旋風を巻き起こした音楽ドラマ。ジャズドラムを学ぼうと名門音楽学校に入った青年と、彼にすさまじいスパルタ的指導を行う教師の姿を追い掛けていく。メガホンを取るのは、『グランドピアノ 狙われた黒鍵』などの脚本を手掛けてきた俊英デイミアン・チャゼル。主演は『ダイバージェント』などのマイルズ・テラーと『JUNO/ジュノ』などのJ・K・シモンズ。熱いドラマはもちろん、マイルズが繰り出すパワフルなドラミングにも圧倒される。
********************************************************************************************************

主人公は、偉大なジャズ・ドラマーになるという野心を抱いて、全米屈指の名門校シェイファー音楽院に入学した19歳のアンドリュー・ニーマン。ある晩、1人でドラムの練習をしていると、そこに名高いフレッチャー教授がふらりとやってくる。緊張感ある会話は、あっけなく終わる。しかもせっかくのチャンスなのに、フレッチャーはニーマンの演奏をほんの数秒聴いただけで出て行ってしまう。

数日後、ニーマンは指導教官の下でレッスンを受けている。そこに突然現れたフレッチャー。その場にいたメンバー全員の音をチェックすると、主奏者のライアンを差し置いて、ニーマンに自分のバンドに移籍するよう命じる。喜びを噛みしめる一方で、友達のいないニーマンは、時折父と行く映画館の売店でバイトをしているニコルに恋心を抱き、フレッチャーにスカウトされた日、思い切ってデートに誘いOKをもらう。ニーマンにはその先にはバラ色の学生生活が見えていたと思う。

 意気揚々とフレッチャーの教室に行くが、そこは異様なまでの緊張感に包まれた空間。時間ピッタリに現れたフレッチャーは、早速指導を始めるが、僅かな音程のズレを責められた生徒が退場させられる。ニーマンもすぐにフレッチャーの恐怖の指導の洗礼を受ける。指摘されたテンポのズレはごくわずかなもので、観ているこちらもニーマンもわからない。鬼の形相で何度もダメ出しをされ、ビンタでテンポを矯正される。両親の悪口や人格攻撃までされ、あっという間にニーマンは涙ぐむ。これこそがフレッチャーの教室が異様な緊張感に包まれていた理由である。今の日本でやったら大問題になるかもしれない。

しかしニーマンは根性がある。翌日からひたすらドラムを叩き続ける。叩きすぎて手の皮がむけ血が滲み出すが、絆創膏を何枚も貼って練習を続ける。その努力は実るのであるが、1つ壁を越せばフレッチャーはまた次の壁を築く。以前は目もかけなかったライアンを新たな候補として連れてきて、徹底して競わせる。追い詰められたニーマンは、事故で大怪我を負いながらも演奏しようとする。その様は狂気のごとくである・・・

フレッチャーの信念は、一言で言えば「厳しさが人を育てる」というもの。かつて「バード」と異名をとったチャーリー・パーカーが、若い頃ミスをしてシンバルを投げつけられたというエピソードを語る。この時の屈辱感をバネに、チャーリー・パーカーが奮起したというもの。褒めて伸ばすという考え方をフレッチャーは否定し、「Good job!」という言葉が才能を滅ぼすと語る。

そのやり方は、しかし危険なもの。事実、フレッチャーの教え子はそれで精神を病み自殺している。ニーマンもギリギリのところまで追い込まれ、ついには暴発してしまう。フレッチャーの厳しさの裏には愛情があったのかどうか、それは正直言ってよく分からない。そしてニーマンは叩かれても叩かれてもなおへこたれない精神力があり、それがラストの大爆発へと繋がる。ラストのニーマンとフレッチャーの、師弟でありながら本気で真剣で殺し合うかのような演奏は圧巻である。それはまるで、「師匠を殺して勝てば卒業、負ければ殺されておしまい」という卒業試験であるかのようである。

そんな迫力満点の演奏で映画は終わる。その後どうなったかは想像するしかない。しかし、思うにニーマンは実力派ドラマーとなって行くであろう。そしてそれをフレッチャーのおかげであることを彼を憎みながらも思うような気がする。才能を育てるということには何が必要なのだろうか。フレッチャーは果たして名コーチなのだろうか。深く考えさせられる映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2017年07月09日

アル・パチーノ ブロークン 過去に囚われた男

アル・パチーノ ブロークン 過去に囚われた男.jpg

原題: Manglehorn
2014年 アメリカ
監督: デビッド・ゴードン・グリーン
出演: 
アル・パチーノ:マングルホーン
ホリー・ハンター:ドーン
ハーモニー・コリン:マングルホーンの息子
クリス・メッシーナ

<映画.com>
********************************************************************************************************
過去の愛に囚われた孤独な男が新たな一歩を踏み出すべく奮闘する姿を、名優アル・パチーノ主演で描いたヒューマンドラマ。鍵修理屋を営みながら愛猫と暮らす老人マングルホーン。息子家族と疎遠になり孤独な毎日を送る彼は、毎週訪れる銀行の女性受付係ドーンと交わす他愛のない会話を大切にしていた。ある日、マングルホーンが通うカフェにドーンが現われる。これをきっかけにドーンとの距離を縮めていくマングルホーンだったが、心の奥底ではかつて愛した女性クララへの未練をいまも引きずっていた。ドーン役に「ピアノ・レッスン」のオスカー女優ホリー・ハンター。「セルフィッシュ・サマー」「スモーキング・ハイ」のデビッド・ゴードン・グリーン監督がメガホンをとった。
********************************************************************************************************

主人公の老人マングルホーンは、小さな街で鍵修理屋を営んでいる。小さな店を1人で切り盛りしながら、時折鍵の開錠の出張作業をこなしている。1人暮らしで、家族と言えば成功しているビジネスマンの息子であるが、2人の関係はあまりいいとは言えない。とは言え、孫娘は目に入れても痛くない様子で、時間を作っては一緒に過ごしている。

孤独な独り暮らしを支えるのは愛猫のファニー。そして毎週通う銀行では、窓口の女性ドーンとの会話が楽しみ。夜になると、かつて愛した女性クララに対し出すことのない手紙を書く日々を送っている。そんなある日、マングルホーンがいつも通っているカフェに行くと、そこへ突如ドーンが姿を現す。実は密かにマングルホーンに好意を持ったドーンが、意を決して会いに来たのである。

これをきっかけに、マングルホーンとドーンはともに一時を過ごすようになる。ドーンの家に招待されて訪問し、かねてから話題に出ていた愛犬も紹介される。ドーンがマングルホーンに好意を抱いていることは間違いなく、2人の関係は深まっていくかに思える。しかし、あるデートの時、マングルホーンは過去に愛した女性クララへの絶えない思い語りだし、それを聞いていたドーンはショックで席を立ってしまう・・・

映画を観終わってみると、何とも言いようがないものがこみ上げてくる。まずドラマ自体が面白くない。淡々と進み、終わる内容は盛り上がりに欠ける。主人公のマングルホーンがなぜ今もクララを忘れられないのかよくわからないし、気持ちはわからなくもないがイマイチ共感しにくい。息子とのギクシャクした関係や、その後息子が頼って来た際の対応など、どうにもこうにも解釈が難しい。

さらには理解不能な邦題。「アル・パチーノ」と入れたのは、これで客を引こうとしたのだろう(事実私もそれで迷わず観たし、それがこの映画の唯一の見どころである)が、「ブロークン」って何だ(まぁわからなくもないが、下手な英語だろう)という感じだし、「過去に囚われた」と言っても忘れられない女がいるというだけのこと。原題だけでは確かにおかしいが、それでもこの邦題はないよなと思う。

静かな展開のドラマは、静かに終わる。もう一度観たいというシロモノではなく、大好きな俳優アル・パチーノ主演でもそれは変わらない。やがて観たことすら忘れてしまうタイプの映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2017年07月08日

素晴らしきかな、人生

素晴らしきかな、人生.jpg

原題: Collateral Beauty
2016年 アメリカ
監督: デヴィッド・フランケル
出演: 
ウィル・スミス:ハワード
エドワード・ノートン:ホイット
ケイト・ウィンスレット:クレア
マイケル・ペーニャ:サイモン
ヘレン・ミレン:ブリジット
ナオミ・ハリス:マデリン
キーラ・ナイトレイ:エイミー
ジェイコブ・ラティモア:ラフィ
アン・ダウド:サリー・プライス

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル監督が手掛けたヒューマンドラマ。愛する者を失い仕事も私生活も行き詰まった男が、クセのある舞台俳優たちとの交流を経て人生を見つめ直す。『幸せのちから』などのウィル・スミスを筆頭に、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンら豪華俳優陣が出演。温かなストーリー、女優たちが身にまとう華麗なファッションの数々に注目。
********************************************************************************************************

 タイトルを見て、てっきり古き良き名作『素晴らしき哉、人生!』(原題:It's a Wonderful Life)のリメイクだと思ったのだが、内容はまったくの別物。原題が同じなら仕方がないが、これも全くの別物。なのになんで同じ邦題をつけたのか、まったくもって理解不能な一作。とは言え、それは映画の製作者には全く関係ない事ゆえ、堪えることにしたい。

物語は、ニューヨークの広告代理店の一室から始まる。共同代表で同社のカリスマである主人公ハワードは、まさに絶頂の時を迎え、余裕の笑みで社員一同に向かってスピーチをする。しかし、すぐに画面は3年後となり、憔悴しきったハワードを映し出す。それはとても冒頭でスピーチをしていた人物と同一人物とは思えない。画面で一目見て何があったのだろうと思わせる。これぞ映画ならではの表現力であろう。

そのハワードは、実はこの間に最愛の娘を亡くし、以来2年間気力を失い抜け殻のようになってしまっている。仕事にも当然支障をきたし、有力クライアントから取引を切られ、会社はまさに存亡の危機に瀕している。共同パートナーのホイット、顧問のサイモン、そして顧客担当重役のクレアは、同僚としてそして友人としてハワードを案じているが、心を閉ざしたハワードをどうすることもできない。

ホイットらは会社の危機に際し、身売りを決意する。しかし、それには株式の60%を保有するハワードの同意が必要。しかし、話をすることすら困難であり、やむなく探偵を雇いハワードの意思能力喪失を主張しようとする。そしてハワードが投函した宛先を「愛」「時間」「死」とした手紙を発見する。そして偶然知り合った3人の舞台俳優に、それぞれ「愛」「時間」「死」としてハワードに接触するよう依頼する・・・

この映画の原題は、『Collateral Beauty』。映画の中では「幸せのオマケ」と訳されているが、不幸中の幸いとでもいうのか、不幸の中にあってもそれでも少しだけ生まれる幸せを意味している。ハワードのみならず、登場人物たちにはみな不幸と呼べる状況がある。ホイットは自身の不倫が原因で離婚し、最愛の娘との関係がギクシャクしている。サイモンは末期がん、クレアは独身だが子供が欲しいと強く願っていて精子バンクの資料を取り寄せている。そしてみんなそれぞれに「幸せのオマケ」がもたらされる。

季節はクリスマス。年に一度奇跡が起こっても不思議ではない季節。名作『素晴らしき哉、人生!』との唯一の共通点とも言える。そしてホイットたちの企みは、意外な結末を迎える。ハワードはハワードで子供を失った親たちの会に参加し、そこで主催者のマデリンと出会う。この二人の関係もラストで驚きを見せてくれる。

観終わって、何でかつての名作と同じタイトルをつけたのか、その理由がわかる。やっぱり、辛いことがあっても人生は素晴らしいのである。その判断を正しいとは思わないが、そういう気持ちになることだけは確かである。奇跡が起こっても不思議ではない季節に、みんなに訪れた「幸福のオマケ」。それをしつかりと噛みしめることになる。気が付けば、大物俳優が大挙登場している。まるで物語に引き寄せられたかのようである。
思わず、そんな評価をしたくなってしまう映画である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2017年07月03日

しあわせの灯る場所

しあわせの灯る場所.jpg

原題: Where Hope Grows
2014年 アメリカ
監督: クリス・ダウリング
出演: 
クリストファー・ポラーハ:カルヴィン・キャンベル
デビッド・デサンクティス:プロデュース
マッケイリー・ミラー:ケイティ・キャンベル
ウィリアム・ザブカ:ミルトン (ミルト) ・マルコム
ブルック・バーンズ:エイミー

<映画.com>
********************************************************************************************************
希望を失った元メジャーリーガーが、ダウン症の少年との交流を通して再生していく姿を描いたドラマ。元メジャーリーガーのカルビンは、17歳になる娘ケイティを男手ひとつで育ててきた。しかし球団をクビになったことが原因でアルコール依存症になり、娘との関係もぎくしゃくしてしまう。そんなある日、カルビンは地元のスーパーマーケットで働くダウン症の少年プロデュースと出会う。ハンディキャップを抱えながらも明るく前向きに生きるプロデュースの姿に心を打たれたカルビンは、プロデュースと友情を育むうちに人生への希望を取り戻していくが……。主演はテレビドラマを中心に活躍するクリストファー・ポラーハ。
********************************************************************************************************

落ちぶれた元プロ野球選手と明るく懸命に生きるダウン症の少年・プロデュースとの心温まる交流を描いた人間ドラマ。カルヴィンは元プロ野球選手であるが、引退した今は友人たちと酒びたりの生活を送っている。事情はよくわからないが、一緒に暮らしているのは17歳の娘ケイティ。今日も誕生日をカルヴィンは行きつけの酒場で友人たちに祝ってもらうが、帰宅すれば夜中にもかかわらず娘はボーイフレンドと出かけるところ。注意しても聞かず、家に入ればケイティが用意していた誕生日のケーキが置いてある始末・・・

ただでさえ年頃の娘と父親とは微妙な関係。なのにこの父親の体たらくは火に油を注ぐ。そんなある日、カルヴィンはよく行くスーパーマーケットで働くダウン症の少年プロデュースと出会う。毎日を懸命に働き、気さくに客と親しむ前向きなプロデュースの姿に感じるものがあったカルヴィンは、彼に会いにスーパーマーケットに通い、野球を教えたりして交流を深めてゆく。

映画は、カルヴィンを中心とした人間ドラマ。カルヴィンは、プロ入り前は地元で相当名を轟かせた様子。泥酔した野球場の外野には今もカルヴィンのホームラン記録を残す表示がある。だが、プロではあまり芽が出なかった様子。過去の栄光と折り合いをつけられない思いが伝わってくる。そしてそんな時、出会ったダウン症の青年プロデュースの働く姿に心癒される思いがするのだろう。誰でも自分より不利な立場にあるものが一生懸命になっているのを見ると、自分も頑張ろうと思うものだろう。

娘のケイティも、根は父親思いの子。ボーイフレンドとの付き合い方にも戸惑いがち。友人のミルトンは、一見成功者風であるが、住む家を失った友人を家に住まわせたことから家族の歯車が狂って行く。みんなそれぞれ悩みを抱えているのである。そんな中にあって、健気に働くプロデュースの姿が一服の清涼剤となる。

プロデュース役のデヴィッド・デサンクティスは、自身がダウン症のようで、それにより真に迫った演技。「陽気な心が一番の薬」など、彼の語る言葉は心に染み入ってくる。ラストの展開はハリウッド映画らしかったが、こういう映画は心が和む。
じっくりと味わいたい映画である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2017年07月02日

くちびるに歌を

くちびるに歌を.jpg

2015年 日本
監督: 三木孝浩
出演: 
新垣結衣:柏木ユリ
木村文乃:松山ハルコ
桐谷健太:塚本哲男
恒松祐里:仲村ナズナ
下田翔大:桑原サトル
眞島秀和:仲村祐樹
石田ひかり:仲村静流
木村多江:桑原照子

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
シンガー・ソングライター、アンジェラ・アキの名曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」を題材にしたテレビドキュメントから着想を得た中田永一の小説を実写化。輝かしい才能を持つピアニストだった臨時教員の女性が、生まれ故郷の中学校の合唱部顧問として生徒たちと心を通わせていく。メガホンを取るのは、『ソラニン』『ホットロード』などの三木孝浩。『ハナミズキ』などの新垣結衣がヒロインにふんし、その脇を木村文乃、桐谷健太ら実力派が固める。オールロケを敢行した長崎の風景も見もの。
********************************************************************************************************

舞台となるのは、長崎県・五島列島のとある島の中学校。合唱部の仲村ナズナは、合唱コンクールの課題曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」をみんなで練習するのが楽しみで学校へと家を飛び出していく。そんなナズナの学校に臨時教員として柏木ユリがやってくる。柏木ユリは、合唱部顧問の松山ハルコが産休に入るための代わりであり、同時に合唱部の顧問にも就任する。しかし、最初の挨拶から「適当によろしく」であり、明らかにやる気がない様子。

柏木ユリは、実は松山ハルコの中学時代の同級生であり、しかもプロのピアニスト。その肩書に大喜びする合唱部員たちだが、なぜか柏木ユリは冷めきっていて、「全国大会出場を目指せるレベルにない」とバッサリ。さらにその美貌目当てに合唱部に入部したいという男子生徒が続出し、反対する女子部員に反し、柏木は「来る者拒まず」で受け入れてしまう。

プロのピアニストの指導を受けられると初めこそ狂喜したナズナであるが、次第に反発を覚えていく。しかし、随所で発する柏木の指摘は、プロの音楽家のそれとしてキラリと光る。参加を認めた男子部員であるが、中でも桑原サトルは隠れた才能を見せ、また男声合唱が加わったことで、合唱部の合唱にいつのまにか厚みが出ているのである。さらに柏木は、課題曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」にちなみ、「誰にも見せる必要はないから、15年後の自分に向けて手紙を書け」と部員に課題を出す。

登場人物たちは、みなそれぞれに問題を抱えている。ナズナは母と死別し、父は女を作って出ていき、祖父母と暮らしている。そして時々父から電話が架かってくる。柏木のやる気のない様子、そしてピアノを弾こうとしないのはある事情があってのこと。サトルは自閉症の兄の送り迎えがあって部活動に参加する時間がない・・・そんな事情が語られながら物語は進んでいく。

のどかな風景の中、それぞれの問題と向き合いながら合唱コンクールの日は近づいてくる。個人的に自分で歌を歌うということはしないし、したいとも思わないが、歌声を聞くのはいいものである。柏木もナズナもサトルも自ら抱えていた問題を克服し、一丸となってコンクールに向けていく。その様子は心打たれるものがある。

いかにも日本映画的なのであるが、それがまた良いと素直に思う。ここまでやれば、コンクールの結果などは大事なことではない。みんな結果に満足し、そして卒業していくのだろう。きっとみんなで過ごしたこの時間は、それぞれの登場人物たちにとって何物にも代え難いものになると思う。

静かに心に響いてくる映画である・・・


評価:★★★☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ