2013年10月13日

【ヘルタースケルター】My Cinema File 1105

ヘルタースケルター.jpg


2012年 日本
監督: 蜷川実花
出演: 
沢尻エリカ:りりこ
寺島しのぶ:羽田美知子
大森南朋:麻田誠
水原希子:吉川こずえ
桃井かおり:多田寛子
窪塚洋介:南部貴男
寺島進:塚原慶太
鈴木杏:保須田久美

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
雑誌「フィール・ヤング」で連載され、高い人気を誇る岡崎京子のコミックを実写化した、異色にして衝撃のドラマ。
全身整形によって誰もがうらやむ美しさとスタイルを手にしてトップモデルへと上り詰めた女性が、欲望と背徳に満ちあふれた芸能界でさまざまな事件を引き起こしていく。
『パッチギ!』『クローズド・ノート』の沢尻エリカが、自ら出演を熱望して虚構の美をまとったヒロインを熱演。
メガホンを取るのは、『さくらん』で独特のビジュアルセンスを見せつけた、写真家の蜷川実花。
『ハゲタカ』シリーズの大森南朋、『キャタピラー』の寺島しのぶ、『ノルウェイの森』の水原希子ら、実力派や注目株をそろえた共演陣も見どころだ。
********************************************************************************************************

りりこは押しも押されぬ大スター。
その美貌は若者の心を掴み、りりこが表紙を飾ったファッション雑誌はそれだけで飛ぶように売れていく。
しかしその美貌は、実は違法行為で検察も内偵を進める美容整形外科の手による全身整形のたまもの。
副作用を抑えるための薬を手放せない状態。

その副作用とは、高額な薬で抑え続けなければ皮膚に痣となって現れるというもの。
既に何人もの若い女性が、副作用を抑え続ける生活に耐え切れず自らの命を断っている。
検事の麻田は、そんな違法クリニックの内偵を進めながら、その患者に名を連ねているりりこの動向に注目している。

そのりりこ。
マネージャーの羽田を手足の如く、そして奴隷の如くこき使う。
その羽田は、明らかにりりこより年上なのであるが、りりこに魅せられどんな屈辱的な要求にも従ってしまっている。
華やかな表の顔とは裏腹に、常に不満に満ち溢れているかのようなりりこは、楽屋裏では傍若無人の振る舞い。

りりこを演じるのは、沢尻エリカ。
スクリーンの外ではなかなか世間をお騒がせしているようであるが、そのあたりはあまり気にも留めていないからよくわからない。
それよりもこれまでの出演作品、例えば「手紙」「クローズド・ノート」のような可憐な女性とはまるで対照的な役柄に驚かされる。
撮影現場では笑顔を振りまき、裏では年上のマネージャーを奴隷の如く扱う様は、まったくもって傍若無人で、ひょっとしたらこれが世間を騒がせている沢尻エリカの素の姿なのではないかと思えてしまうくらいである。

それよりも、なんとも大胆なシーンが続出する。
控室にやってきた恋人(窪塚洋介)とのラブシーン。
寺島しのぶとのレズシーン。
大胆な舌使いのキスなどなかなかの迫力。
一転して狂気の世界に引きずりこまれていくような姿など、迫真の演技と言うのだろうか。

ストーリーそのものよりも、りりこ様の姿そのものが、この映画のすべてであると言える。
女にとって、美は大きな要素。
全身整形までして、手に入れた美がよかったのか悪かったのか。
元のままが、りりこにとって幸せだったのかどうか。
考えてみても答えは難しそうである。

合間合間に挟まれる女子高生たちの会話。
移り気な世間の象徴の様。
元のりりこと似てブスな妹。
ラストに登場した妹の変貌ぶりが何かを暗示している様。
意外と奥が深いかもしれないと思わせられる映画である・・・


評価:★★☆☆☆





   
posted by HH at 22:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2013年09月21日

【ニーチェの馬】My Cinema File 1098

ニーチェの馬.jpg

原題: A torinói ló
2011年 ハンガリー
監督: タル・ベーラ
出演: 
ボーク・エリカ:娘
デルジ・ヤーノシュ:馬の飼い主・父

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
『倫敦(ロンドン)から来た男』などのハンガリーの異才タル・ベーラが監督を務め、たった二人の父娘の孤独な日々を描いた深遠なドラマ。
世界から取り残されたような場所で、重労働に追われつつ単調な暮らしを繰り返す彼らの姿をモノクロームの映像で描き切る。
主人公の二人を演じるのは、『倫敦(ロンドン)から来た男』にも出演したボーク・エリカとデルジ・ヤーノシュ。
ドイツを代表する哲学者ニーチェがトリノで発狂した逸話を基に描かれる独特の世界観に引き込まれる。
********************************************************************************************************

哲学者ニーチェは、ある日鞭打たれる馬を見て、その馬にすがって泣き崩れ、そして狂喜の世界へと進んだのだと言う。
そうした解説から映画は始る。

登場人物は、初老の男(デルジ・ヤーノシュ)とその娘(ボーク・エリカ)。
二人は荒野の中の一軒家で暮らしている。
男が馬と荷馬車を引いて、どこかから帰ってくる。
外はもの凄い強風が吹き荒れている。
娘は、甲斐甲斐しく父の手助けをする。
男は右手が不自由なため、娘が着替えまで手伝う。

淡々と手伝いをする娘。
母親はどうしたのかはわからないが、たぶん死んだのであろう。
冒頭からカメラは二人の様子を追うも、会話もなく進む。
20分ほど経ってようやく交わされた会話が、「食事」の一言。
と言っても、その食事はゆでたジャガイモだけ。
二人の暮らしは恐ろしく貧しい。
外の強風が室内にも響きわたる。

こうして一日目が終わり、二日目が始る。
娘は、外の井戸に水を汲みに行ったりという行動はあるものの、例によって会話もなくしずかな日常が描かれる。
近所の男だろうか、焼酎をもらいにやってくる。
ニーチェ張りに哲学的な言葉を撒き散らし、何か展開があるのかと思えばそれまで。
また淡々とした日常。

1時間ほど過ぎたところで睡魔に襲われる。
あまりにもつまらない。
会話と言っても一言、二言のみ。
そしてじゃがいもを食べる。
それが延々と続く。

何か展開があるのかと最後まで頑張って観たが、何もなかった。
深遠なる日常を描き、哲学的なオーラを発している作品だと思うし、たぶん、絶賛の声も聞こえてくるのだろう。
だが敢えて言おう、「つまらない」と。
少なくとも私の価値観には合わない。

ピカソの絵を素晴らしいという人もいるし、この映画を素晴らしいという人もいるだろう。
事実、この映画はキネマ旬報2012年洋画ベストの第1位に選出された作品であるらしい。
たぶん「通」を気どった者たちが、あれこれと「素人にはわからないだろう」的なうんちくを垂れているに違いない。
だが素直に観ればつまらない。
ソクラテスの「無知の知」ではないが、私はこの映画はつまらないと素直に言おう。
「通」にバカにされても仕方ないが、年間150本以上映画を観ているのに、それでも尚この映画の良さはわからない。

まぁ、映画に何を求めるかによるだろう。
「ツァラトゥストラはかく語りき」は読んでみたいと思って読んだが、こういう映画は観たくない。
絶賛する人を悪いとは思わないし、個人の趣向はそれぞれだ。
貧しい家の淡々とした日常生活から、何かを感じるのは事実だと思うが、映画にそれを求めたくはない。
この映画も例えて言えば、野生動物のドキュメンタリー的な面白さはあると思う。
だが、映画として観るのはどうかと思う。

単純に面白い映画が観たいという人は、観ない方がいいだろう。
これからは、キネマ旬報の第何位と言われても、すぐに飛びつかないようにしようと思う・・・


評価:★☆☆☆☆


   


    
  
posted by HH at 20:49 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2013年09月17日

【360】My Cinema File 1095

360.jpg


原題: 360
2011年 イギリス・オーストリア・フランス・ブラジル
監督: フェルナンド・メイレレス
出演: 
ルチア・シポシーヴァ:ブランカ
ガブリエラ・マルチンコワ:アンナ
ジュード・ロウ:マイケル・デイリー
レイチェル・ワイズ:ローズ
アンソニー・ホプキンス:ジョン
ベン・フォスター:タイラー・マクレガー

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
世界の七都市を舞台に、メビウスの輪のように絡み合う複数の男女を描く群像劇。
アルトゥール・シュニッツラーの戯曲『輪舞』の、マックス・オフュルス監督版(1950)とロジェ・ヴァディム監督版(1964)に続く三回目の映画化。
監督はフェルナンド・メイレレス、脚本はピーター・モーガンが担当。
魅力的な題材とそうそうたるスタッフ・キャストが揃ったものの、日本では劇場未公開作品となってしまった。
********************************************************************************************************

ウィーン。
二人の姉妹が登場。
姉はカメラマンの前でポーズを取る。
一攫千金の話も出るが、どうやらコールガールとしてホームページに登録しようとしているとわかる。
浮かない表情の妹。

姉はブランカと名乗り、最初の客はロンドンのビジネスマン。
商談でやってきたマイケル・デイリーは、ブランカとの待ち合わせ場所で取引相手と遭遇する。
そのマイケルの妻ローズは、若いカメラマンのルイと浮気をしている。
それを知ったルイの恋人ローラは、傷心のまま故郷ブラジルへ帰る事にする。
機中でローラの隣に座ったジョンは、失踪した娘を探している。
そして彼らの乗った機は、デンバーで大雪のため足止めを食う。
その空港には性犯罪で服役し、仮出所したタイラーがいた・・・

様々な登場人物たちが、微妙に絡み合う人間模様。
この手の人間ドラマとしては、1968年6月5日にアンバサダーホテルに集まった人々を描いた「ボビー」があった。
こちらは複雑に絡み合う人々の連鎖を辿ったもの。
いろいろと切り口があって面白い。

姉がブランカと名乗って「仕事」をしている間、妹アンナは一人外で待つ。
たまたま知り合ったロシア人ドライバーのセルゲイ。
ボスはブランカを買っているが、二人はそれを知らない。
セルゲイの妻は、姉に会うためにやってきたフェニックスでアルコール依存症のセラピーに参加し、そこにはロンドンから娘を探しに来たジョンが参加している・・・

人の数だけドラマがあり、世の中は複雑に絡み合って人は人と繋がり合う。
続けていけば無数の連続ドラマが成り立ちそうである。
そうしたドラマは、ちょっとした運命のいたずらで大きく変わったりする。
身の回りには、実にたくさんのドラマが溢れており、その中では自分も一つのドラマの主人公なのである。
そんな事を思わず考えてみたりした。

アンソニー・ホプキンスにレイチェル・ワイズ、そしてジュード・ロウが出演となかなかの豪華キャスト。
この手の映画は、手を変え品を変え、これからも出てくるだろうなと感じさせる映画である・・・


評価:★★☆☆☆


    

   
 
posted by HH at 22:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2013年09月07日

【サラの鍵】My Cinema File 1090

サラの鍵.jpg


原題: Elle s'appelait Sarah
2010年 フランス
監督: ジル・パケ=ブレネール
出演: 
クリスティン・スコット・トーマス:ジュリア・ジャーモンド
メリュジーヌ・マヤンス:サラ・スタルジンスキ
ニエル・アレストラップ:ジュール・デュフォール
エイダン・クイン:ウィリアム・レインズファード
フレデリック・ピエロ:ベルトラン・テザック

<Movie Walker 解説>
********************************************************************************************************
『黄色い星の子供たち』でも描かれたヴェルディヴ事件を基に、あるユダヤ人少女の悲劇を描いたベストセラー小説を映画化。
人生の岐路に立つ女性記者が、少女の運命を知ることで新たな希望を見出してゆく過程を感動的につづる。
過去と現在を行き来するストーリー展開に注目。
第23回東京国際映画祭で最優秀監督賞と観客賞をW受賞。
********************************************************************************************************

第2次世界大戦中のナチスによるホロコースト。
ドイツやポーランドといった“中心地”ばかりでなく、その範囲はヨーロッパ中に広がっている。
「フェイトレス~運命ではなく~」では、ハンガリーが描かれていた。
そしてこの映画ではフランスである。

第2次世界大戦の戦勝国であるフランスでユダヤ人狩りなどとは、今まで知りもしなかったが、開戦後すぐにフランスはドイツに降伏し、ヴィシー政権が成立している。
その政権下で、ユダヤ人の大量検挙(ヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件)が行われ、この映画ではそれが描かれている。

1942年7月のパリ。
弟と布団の中でふざけ合っていたサラ。
そこへ警察が押し掛けてくる。
サラはとっさの判断で弟ミシェルを納戸に隠して鍵をかけた。
しかし、サラはそのまま両親と共に検挙され、納戸の鍵を持ったまま収容先である競輪場に送られてしまう。

移送を繰り返される間に、両親とも別れ別れとなったサラは、収容所から脱走する。
共に脱走した少女が途中で病に倒れて亡くなるものの、親切なデュフォール夫妻に助けられるサラ。
夫妻の好意でパリの我が家に戻ってくるが、部屋には既にテザック家が暮らしていた。
そして強引に部屋に上がり込み、サラは納戸の鍵を開ける・・・

一方物語のもう一人の主人公ジュリアは、夫と娘と共にパリで暮らすアメリカ人女性ジャーナリスト。
45歳で待望の2人目の妊娠を果たすが、報告した夫ベルトランから思わぬ反対を受ける。
そんな中、夫の両親から譲り受けて住むことになった古いアパートのかつての住人が1942年のヴィシー政権によるヴェロドローム・ディヴェール大量検挙事件で検挙されたユダヤ人である事を知る。

取材を決意し、調査を進めていくジュリア。
両親は収容所で既に亡くなっていたが、子供たちの記録がない事から、収容所から脱走した可能性がある事に気がつく。
ジュリアは、憑かれたようにサラの足跡を取材していく・・・

ホロコーストは、一般的にナチスの犯罪とされている。
ところが、事実はそれだけでもない。
検挙されるユダヤ人たちに対し、「当然だ」と言った言葉を投げつける人もいる。
映画ではユダヤ人たちを悪く言う声も多かったと語られている。

サラの一家が検挙された時、機転を利かせて弟を隠したサラが大家の女性に助けを求めて相図する。
ところが、大家の女性は逆に警察に協力的に振舞う。
もしもここで、大家の女性が応じていたら、弟の運命も違ったものになっていただろう。
みんながみんなシンドラーであるわけではないのである。

現在と過去を対比させつつ物語は進む。
サラの人生を探したジュリアの思惑は、ただの取材だけではない。
そこにはジュリア自身が直面していた壁がある。
サラとジュリア。
交差する事のないまったく違う人生を送った二人。
観終わって深い余韻が残る映画である・・・


評価:★★★☆☆




   
posted by HH at 19:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2013年08月31日

【リンカーン弁護士】My Cinema File 1088

リンカーン弁護士.jpg

原題: THE LINCOLN LAWYER
2011年 アメリカ
監督: ブラッド・ファーマン
出演: 
マシュー・マコノヒー/ミック・ハラー
マリサ・トメイ/マギー・マクファーソン
ライアン・フィリップ/ルイス・ルーレ
ジョシュ・ルーカス/テッド・ミントン
ジョン・レグイザモ/ヴァル・ヴァレンズエラ
マイケル・ペーニャ/ジーザス・マルティネス
ウィリアム・H・メイシー/フランク・レヴィン

<Yahoo!映画解説>
********************************************************************************************************
マイクル・コナリー原作のベストセラー小説を映画化した法廷ドラマ。
時には汚い手も使いながら、優秀な弁護士として抜け目なく生きてきた男が、ある事件の弁護を引き受けたことから始まる衝撃のてん末に肉迫する。
『評決のとき』の新米弁護士役でスターの仲間入りをしたマシュー・マコノヒーが、今回は敏腕弁護士を熱演。
彼の元妻を『いとこのビニー』のマリサ・トメイが演じている。
法廷の内外で巻き起こる不穏な事態に手に汗握る・・・
********************************************************************************************************

ミック・ハラー(マシュー・マコノヒー)は黒塗りの高級車リンカーン・コンチネンタルの後部座席を事務所代わりにし、常にいくつもの案件を抱えている敏腕弁護士として活躍している。
リンカーンに乗っているから“リンカーン弁護士”というのもなかなか安易なネーミングである。

そんなミックは、少々強引な手も使いつつ軽い刑でおさまるよう司法取引を成立させ、麻薬売人や娼婦といったアウトサイダーたちを助けている。
様々な口実を設けてはクールにバカ高い弁護料を情け容赦なく請求する、アメリカの弁護士と言えばそんなイメージがするが、まさにその典型例。
冒頭、ミックに対するイメージは拝金主義者である。

そんなミックの下に、ある日保証金立替業者ヴァル(ジョン・レグイザモ)から、資産家の青年ルイス・ルーレ(ライアン・フィリップ)が女性を殴打したとして近々立件されるとの情報を得る。
金になると目論んだミックは拘留中のルイスと面会し、保釈手続きを取る。
保釈後、案件にまつわる調査を依頼することもある親友の私立探偵フランク(ウィリアム・H・メイシー)とともにルイスと再び会い、事件について詳しく聞く。

事件当夜、ルイスはバーで知り合ったレジーナという26歳の女性に誘われるまま彼女の自宅を訪ねたが、着いた途端に背後からレジーナに頭部を殴られ失神し、気がついたら暴行犯にされ、賠償金目当てとした計画にハメられたと主張する。
しかしフランクが入手した捜査資料によると、レジーナは知人のふりをして自宅を訪れてきたルイスに突如暴行され、首にナイフを当てられながらも瓶で彼を殴り命からがら逃げたと証言している。

フランクの調査によってルイスの無実を裏付ける証拠が出てくる。
しかし、同時にミックは違和感も覚える。
果たして無罪なのか有罪なのか、始めは鼻もちならない嫌な奴だったミックが真面目に事件に向き合う姿は、始めのイメージを打ち消していく。
そして二転三転するストーリー。

無実の罪の者を救うのなら誰にでも称賛されるが、悪い奴でもあらゆるテクニックを駆使して無罪にするのはどうなのか。
弁護士には常にそんなジレンマが付きまとう。
アル・パチーノは、「ジャスティス」で、そんなジレンマに痛快な回答を出した。
この映画でのミックもそれに匹敵する活躍であった。

「秘匿特権」という法律上のルールをうまく利用し、法廷モノとして物語に厚みも持たせ、ドラマは小気味いい出来となっている。
なかなか痛快な弁護士モノである。


評価:★★☆☆☆


     


   
posted by HH at 23:59 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ