2012年04月29日

ディアドクター

ディアドクター.jpg

2009年 日本
監督: 西川美和
出演: 笑福亭鶴瓶/瑛太/余貴美子/井川遙/松重豊/香川照之/八千草薫

<STORY>********************************************************************************************************
山間の小さな村のただ一人の医師、伊野が失踪した。
村人たちに全幅の信頼を寄せられていた伊野だったが、彼の背景を知るものは誰一人としていなかった。
やがて刑事が二人やってきて彼の身辺を洗い始める――。
失踪の2か月前、東京の医大を出たばかりの研修医・相馬が村にやってくる。
看護師の朱美と3人での診察の日々。
そんなある日、一人暮らしの未亡人、かづ子が倒れたとの一報が入る……。
********************************************************************************************************

小さな村の診療所の医師が失踪したところから物語は始る。
そしてその医師がどんな医師であったのか、過去と現在を往復する形で物語は進行していく。

一人の研修医相馬がこの村にやってくる。
今風の若者で、真っ赤なスポーツカーは村でも異彩を放つ。
着いた診療所には、溢れかえる老人たち。
そしてまるで茶飲み話でもするかのように、患者たちと向き合う医師伊野。
失踪した原因は、観ている者には見当もつかない。

しかし観ていくうちに、伊野の独特のスタンスがわかっていく。
ただ病気を治すだけが医者ではない。
患者の望んでいる事、家族が望んでいる事を微妙に嗅ぎ分けていく。
一人の老人の臨終の床に伊野が呼ばれる。
患者の様子を伺う伊野。
しかし、周りの家族は誰ひとり口にはださなくとも、老人の死を望んでいる。
そんな現場が伊野の職場であり、やがてそんな “医療現場”に相馬も馴染んでいく。

やがて伊野には大きな秘密がある事がわかる。
まあ途中で大体何なのかわかってしまうのだが、そんな事は軽微な事。
そうした事実を通して、一体何が大事な事なのか、その本質を鋭くついてくる。
気がつくと、思わず引き込まれてしまっている。

主演は笑福亭鶴瓶。
これが実にいい味を出している。
「おとうと」でもそうだったが、本業は役者でも十分通用するのではないかと思う。

その他瑛太、余貴美子、香川照之、八千草薫とそれぞれが深い味わいのある演技。
じんわりと感動が湧きおこってくる。
予想外に良い映画に巡り合うと嬉しくなってしまう。
これはそんな映画だ。


評価:★★★☆☆
     


     
ネタばれ覚悟で続きを読む
posted by HH at 11:43 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2012年04月22日

キャタピラー

キャタピラー.jpg


2010年 日本
監督: 若松孝二
出演: 寺島しのぶ/大西信満/吉澤健

<STORY>********************************************************************************************************
一銭五厘の赤紙1枚で召集される男たち。
シゲ子の夫・久蔵も盛大に見送られ、勇ましく戦場へと出征していった。
しかしシゲ子の元に帰ってきた久蔵は、顔面が焼けただれ、四肢を失った無残な姿であった。
村中から奇異の眼を向けられながらも、久蔵は多くの勲章を胸に、“生ける軍神”と祀り上げられる・・・
********************************************************************************************************

映画のストーリーを晒してしまうのは、あまり良い事ではないかもしれないが、観る価値がない映画は構わないだろうと思う。
そうではないと思う人は、以下は読まない方がいいだろう。

戦時中、出征していた夫久蔵が帰ってくる。
しかし、その姿は四肢を失い、顔の半分は焼けただれ、聴力も失っている。
「こんな姿で帰されたって・・・」と絶句する父の姿が、周りの人の偽らざる心境だ。
代わりに得られた勲章と武勲を讃える新聞記事。

妻シゲ子は、始めは動揺して錯乱するも、気を取り直して久蔵の世話をする。
そんな姿でも、久蔵は村で軍神ともてはやされ、シゲ子はその妻として一目置かれる。
ただ寝ているだけの久蔵。
衰えないのは食欲と性欲。

映画は久蔵を世話するシゲ子を描いていく。
食欲も性欲も強い久蔵は、一人では何も満たせないだけにシゲ子も大変。
R15に指定されているが、なるほどシゲ子が久蔵の上に乗って「世話」をするシーンは、とても子供には見せられない。

久蔵とシゲ子とのやり取りは、それなりに訴えかけるものがあると言えばある。
それだけであれば、少しは評価できた。
気に入らないのは回想シーン。
冒頭で、中国で女を追いかけて強姦する日本兵の姿が描かれる。
久蔵自身の行為なのだが、いかがなものかと思ってしまう。

もちろん日本兵がそんな事をしなかった、などというつもりはないが、ただでさえ誤解を招きやすい日本軍に対する評価だ。
あえてそれを刺激する必要もあるまい。
婦女暴行など現代のアメリカ兵だって沖縄で繰り返している。
不心得者などどこにでもいるし、むしろ日本軍は武士道を叩きこまれていて、当時のその他の先進国より規律は高かったと聞いている。
敢えて、「それ見た事か」と言われそうなフィクションをわざわざ描く必要などないだろう。

ひもじい時代、妻の分まで食べてしまう久蔵。
いも虫と妻に罵られるが、まさにそんなイメージだ。
徹底して軍人を下劣に描きたかったのだろうか。
作り手のゆがんだ反戦メッセージが伝わってくる。
寺島しのぶをはじめとして、俳優陣の熱演はあったのだが、それ以外のマイナスが多い映画である・・・


評価:★☆☆☆☆
    
    
posted by HH at 22:22 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2012年04月09日

パーマネント野ばら

パーマネント野ばら.jpg

2010年 日本
監督: 吉田大八
原作: 西原理恵子
出演: 菅野美穂/小池栄子/池脇千鶴/江口洋介/宇崎竜童/夏木マリ

<STORY>********************************************************************************************************
なおこは夫と離婚し、娘の一人娘のももを連れて実家に戻った。
実家では母・まさ子が「パーマネント野ばら」という美容室を営んでおり、毎日近所の女性たちが詰めかけては男の思い出や恋の話に花を咲かせていた。
何度も再婚を繰り返したまさ子は最後の夫・カズオとは別居中。
カズオは別の女性と同居しており、なおこに取り成しを頼んできた。
そんななおこは、高校教師のカシマと、誰にも秘密でひっそりとした交際を続けていた…
********************************************************************************************************

西原理恵子原作漫画の映画化作品。
一見ほのぼのとした人間ドラマだが、ぐさりと突き刺さるものがある映画である。

舞台は海辺の田舎町。
古びた看板を掲げる美容院。
店の名前は「パーマネント野ばら」。
この美容院を一人で切り盛りしている母まさ子のところに、主人公なおこは、離婚して一人娘のももと一緒に戻って暮らしている。

店に出入りするのは近所の常連のおばさんたち。
男の下ネタ話で毎回会話に花を咲かせている。
他にも町にはなおこの幼馴染みのみっちゃんとともちゃんがいる。
みっちゃんもともちゃんも、男では苦労の連続。
なおこも離婚はしたものの、密かに高校教師のカシマと付き合っている。

こんな登場人物たちが、順番にエピソードを披露してくれる。
しかしながら、登場する女たちはみんなあけすけで遠慮がない。
男の下ネタ話のオンパレード。
おばちゃんパワー全開で、とても中には入れない。
男が女の品評会をやるのと逆の世界である。

注目したのは、主人公なおこと幼馴染みの3人組。
主演の菅野美穂は、力を抜いた感じで登場し、一人男と良好な関係を維持しているが、それも最後に隠し玉を秘めている。
ともちゃんは池脇千鶴。
久しぶりに観た気がするが、記憶よりもいつの間にか太っている。
されど不幸ないじめられキャラは健在だ。

みっちゃんを演じるのは小池栄子。
「接吻」での狂気の主人公役が印象深いが、ここでも大きな目が顔の中心で際立つ表情で、田舎のお姉ちゃんとして登場。
「接吻」とはまったくイメージが違い、役者としての力量のようなものを感じる。
カンブリア宮殿のアシスタントとはがらりとイメージが違い、さすが役者という感じだ。

一人で生きていくには辛そうな環境の中、みんなで寄り添ってなんとか生きている女たち。
そんな女たちの日常生活を描いた映画。
映画化された理由もなんとなく伝わってくる映画である。


評価:★★☆☆☆
    




   
posted by HH at 22:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2012年03月25日

コトバのない冬

コトバのない冬.jpg

2008年 日本
監督: 渡部篤郎
出演: 高岡早紀/渡部篤郎/未希/広田レオナ/鈴木一真

<STORY>********************************************************************************************************
北海道の小さな町で父親と暮らす冬沙子。
東京でモデルとして成功している妹と違い、冬沙子は、父や町の人々と過ごす平凡な生活を愛していた。
ある日、冬沙子は父親の使いで夕張まで出かける。
雪が降り出した帰り道、冬の間、閉鎖している遊園地を管理する青年、渉と知り合う。
渉は、言葉を話せなかったが、2人は不思議な心のつながりを感じるのだった…。
********************************************************************************************************

舞台は北海道のある小さな町。
父親は薬局を経営、母親は既に亡くなり、主人公の冬沙子は牧場で働いている。
すでに結婚適齢期でありながら、こんな片田舎では出会いもないまま平凡な日常生活が続いている・・・
そんな雰囲気が、説明はなくとも伝わってくる。
きっとどこにでもある光景なのだろう。

やがて東京から妹が帰ってくる。
モデルとして働いている妹だが、いつ戻るとも言わない帰宅に、何となく何か東京であったのかな、という感じを覚えさせる。
小説と違い、映画はこういう雰囲気で伝える部分が強みだ。

ある日、冬沙子は父親に頼まれて、遠方に住む顧客に薬を届けに行く。
その帰り途。
いつ来るとは知れぬ田舎のバスを待つ時、遊園地を管理する一人の青年と知り合う。
彼は口がきけない。
タイトルの意味がなんとなくわかってくる。

映画を観て行くと、なんとなく映画らしからぬ違和感に包まれる。
映画を観ているというよりも、何だかドキュメンタリー番組を観ているような感覚に襲われるのである。
何でだろうかはよくわからない。
たぶん、ハンドカメラなのだろうか、手ぶれ感が漂う画面だからかもしれない。

ドキュメンタリー風に、淡々と登場人物たちを映し出していく。
どこで、何がどう盛り上がるのか、まるで掴めないままなのである。
その感覚のまま、冬沙子はしきりにどこかに電話をかけ、コール音だけを空しく聞いている。
そして突然の展開。

冬の北海道と言えば一面の銀世界。
その白いイメージのままの映画。
突然の展開に、「ああそういう話だったのか」と思わず思ってしまう。
そんな事もあるのかもしれない。
どこかの街で、起こりそうとも言えるし、ドラマなお話とも言える物語なのである。


評価:★★☆☆☆
   
   
   
posted by HH at 16:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2012年03月19日

川の底からこんにちは

川の底からこんにちは.jpg

2009年 日本
監督: 石井裕也
出演: 満島ひかり/遠藤雅/相原綺羅/志賀廣太郎/岩松了

<STORY>********************************************************************************************************
上京して5年、仕事も恋愛もうまくいかず妥協した日々を送っていたOLの佐和子。
そんな彼女の元に、父が末期がんで倒れたという知らせが届いた。
佐和子は田舎に戻り、実家のしじみ工場を継ぐことに。
しかし工場は倒産寸前で、パートで働くおばちゃんたちからも相手にされない。
さらについてきた恋人にまで浮気されてしまう始末。
そんな追い込まれた中で佐和子は工場を立て直す決意をし……。
********************************************************************************************************

上京して5年。
上京して5つ目の仕事に就き、上京して5人目の彼氏健一はバツイチこぶつきというOL佐和子。
何事も「しょうがない」という口癖とともに、諦め切って人生を送るが如くの日々の生活。
同僚OLとの会話を聞いていると、その無気力さに尻を蹴飛ばしたくなる。

そんな佐和子の下に、故郷の父が倒れたという知らせが届く。
末期癌で余命いくばくとなり、やむなく父の経営するしじみ工場を引き継ぐ事になる。
そこについてきたのが、会社を辞めた彼氏の健一。
子供も連れて押しかけてくる。
この彼氏も女房に逃げられ、会社も実質的に首になり、要は佐和子の実家を当てにして転がり込んで来ているのである。
誰も彼もが性根を入れ変えたくなるような人物ばかり。

いざ継いだ工場であるが、社長の後継ぎと言っても、工場で働くおばさんたちにしてみればただの小娘。
しかも高校を卒業してすぐ東京へ駆け落ちしたが失敗したという経緯もあり、田舎では半端モノの烙印を押されて見られてしまう。
肝心な工場は、しじみのパック詰めという何の特色もない事業で、受注は減り続け経営的には青息吐息の状態。

経営はどうしていいかわからず、周りからは白い目で見られ、彼氏は子供を残して同級生の女の下へ走ってしまう。
こんな八方ふさがりの状況に、“キレた”佐和子は自らを「中の下」と称して、「頑張る」と周囲に宣言。
猛烈な開き直りを見せる・・・

ちょっと変わったタイトルは、川の底から取れるしじみから来ている。
主演は満島ひかり。
冒頭から妙な雰囲気を醸し出す。
この満島ひかりは、実は「悪人」にも出演していて、主人公に殺されてしまう女の子の役だったが、妙に印象に残っている。
この映画ではまた違った雰囲気。
ひょっとしたらかなりの演技派なのかもしれない。

何をやってもダメな「中の下」の女が、開き直って物事すべてに体当たりでぶつかっていく。
そんな痛快なストーリー。
ただ、傾いたしじみ工場を立て直すのに、「県庁の星」のようなビジネス的に納得性の高い手法だったりすると、サラリーマン的にも受けたのではないかと、ちょっと残念な気もする。

あまりあれこれ考えずに、ストーリーに集中すれば結構楽しめる映画である。
満島ひかりには、これからちょっと注目してみたいと思う・・・


評価:★★☆☆☆
    



    
    
posted by HH at 22:49 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ