2010年12月11日

レイチェルの結婚

レイチェルの結婚.jpg

原題: Rachel Getting Married
2008年 アメリカ
監督:  ジョナサン・デミ
出演 :  アン・ハサウェイ/ローズマリー・デウィット/ビル・アーウィン/トゥンデ・アデビンペ/マーサー・ジッケル/アンナ・ディーヴァー・スミス/アニサ・ジョージ

<STORY>********************************************************************************************************
バックマン家の次女キムが9ヶ月ぶりに更生施設から帰宅する。
2日後に姉レイチェルの結婚式を控え、手作り挙式の準備で大わらわの自宅には新郎の友人ら見知らぬ人々が溢れ、所在無さと疎外感でキムは苛々をつのらせて行く。
そんな妹の身勝手な態度にレイチェルは怒りを爆発させてしまう。
依存症の治療を続けるキムの存在は気まずさと緊張感をもたらし、一家に辛く悲しい過去の記憶を否応なく甦らせるのだった・・・
********************************************************************************************************

アン・ハサウェイ主演の家族ドラマである。
ストーリーは主人公のキムが、ドラッグ依存症の更生施設から帰宅するところから始る。
迎えに来た両親との車中。
どこかぎくしゃくした会話が続く。
カメラは登場人物たちをアップで捉える。
一緒に移動するシーンも多く、なんとなくドキュメンタリー・ドラマを観ているような錯覚を覚える。

帰宅の理由は姉レイチェルの結婚式出席のため。
タイトルの「レイチェル」とはアン・ハサウェイの事ではなく、姉の事だったらしい。
アメリカの社会制度はよくわからないが、身内の結婚式で一時的に施設を出られても、近くの施設で尿検査を受け、また依存症の人たちとの集会に出ないといけないらしい。
結婚式で大勢の人がごった返す実家で、キムは浮かれながらも疎外感を味わう。

この疎外感からかキムは次第に周りの人たちと衝突するようになる。
苛立たしげにタバコを吸いまくり、それがまた周りの人たちの不快感を誘い、ちょっとした事で火がついてしまう。
間に入って奔走する父親。
そしてそんな父親の態度がまたしても次の苛立ちを生み出していく。

結婚式だからケンカなどせずに楽しみたいという思いは誰にでもあるはずなのに、次から次へと衝突が起こる。
家族にまつわる悲しい過去も時折明らかになり、それがみんなの心に積もり積もった火薬となっている。
果たして無事に結婚式は終わるのだろうかと心配になってくる。

主演のアン・ハサウェイは実に美しい顔立ちをしている。
見ているだけで満足できそうである。
しかし、ここではドラッグ依存症となり、周囲に溶け込めない、いまだ厚生施設から一時帰宅の身である鼻つまみ者の娘をよく演じている。
「プラダを着た悪魔」の新人女性とはまったく正反対である。
違和感なく演じ分けてしまうところは、これからどんな映画に出るのだろうと期待が持てる。

シリアスながらシリアス過ぎず、アメリカ社会の一面を垣間見る事もできる映画。
たまにはこういう映画もいいものである。


評価:★★☆☆☆
 
  
posted by HH at 11:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年12月08日

悲しみが乾くまで

悲しみが乾くまで.jpg

原題: THINGS WE LOST IN THE FIRE
2008年 アメリカ
監督: スサンネ・ビア
出演:  ハル・ベリー/ベニチオ・デルトロ/デヴィッド・ドゥカヴニー/アリソン・ローマン/ジョン・キャロル・リンチ

<STORY>********************************************************************************************************
オードリーは、夫と二人の子供たちに囲まれ、平凡だが幸せな日々を送っていた。
しかし、事件に巻き込まれた夫が射殺される。
愛する人を失った悲しみから立ち直れなかったオードリーは、夫の幼馴染みで親友のジェリーを思い出す。
彼は弁護士だったが、今はドラッグで堕落していた。
オードリーはそんな彼を好きではなかったが、自分と同じように夫を深く理解し、愛していてくれたことを知り、親近感を持ち始める。
オードリーは、それぞれが立ち直るため、共同生活をしようと提案する・・・
********************************************************************************************************

なんとなくわかったようなわからない映画というのが、最も端的な感想である。
どう解釈すれば良いのだろう。
いつも観たまま感じたままをモットーとする自分であるが、素直に評価すれば「面白くない」となる。
もっと違う着眼点とかあるのだろうか、などと思ってしまう。

冒頭でいきなり葬式。
喪主と思しき女性が、あれこれと指図。
そして肝心な人物に連絡していなかった事を思い出す。
電話も通じないところに住む人物とは・・・

そして徐々に全体像が浮かび上がる。
亡くなったのは、主人公オードリーの夫。
子供たちのためにアイスクリームを買いに行ったところ、トラブルに巻き込まれて射殺されてしまったのである。
何気なく見送った夫がそのまま帰って来ないという現実に、オードリーは打ちのめされる。

葬儀の時に思いだして呼んだのは、夫の幼馴染ジェリー。
弁護士だったのに麻薬に溺れ、堕落している彼をオードリーは快く思っていなかった。
そんな彼を葬儀に呼んだのは、最後まで彼を大切にしていた夫に対する思いからに他ならない。
自宅の離れに住まわせて、奇妙な同居生活を始める。

ストーリーは、そんなオードリーの期待に応え、麻薬から抜け出そうとするジェリーとオードリーの姿を描く。
夫の死から立ち直れないオードリー。
子供たちを挟んでストーリーは展開していく。
淡々とストーリーは進んでいくが、これといった大きな事件が起こるわけではない。
さすがにハル・ベリーは見事な美人なのだが、映画はそれだけなのである。

気持ちはわかるが、映画としてはどうもな。
そんな後味の映画である・・・


評価:★★☆☆☆

   
posted by HH at 23:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年11月30日

100歳の少年と12通の手紙

100.jpg

原題: OSCAR AND THE LADY IN PINK
2008年 フランス
監督・脚本 : エリック=エマニュエル・シュミット
音楽 : ミシェル・ルグラン
出演 : ミシェル・ラロック/アミール/アミラ・カサール/ミレーヌ・ドモンジョ/マックス・フォン・シドー

<STORY>********************************************************************************************************
白血病で入院中の少年オスカーは10歳にして余命わずか。
真実を明かそうとしない医師や両親の態度に傷つき、誰とも口をきかなくなる。
ただ1人、偶然病院内で出会った宅配ピザの女主人で口の悪いローズにだけは心を開く。
ピザの注文と引き替えにオスカーの話し相手になることを引き受けたローズは、余命12日のオスカーに1日を10年と考えれば120歳まで生きられると助言し、毎日神様に手紙を書くことを提案する・・・
********************************************************************************************************

白血病で余命わずかな少年が主人公の映画、というと何だかよくありがちな「お涙ちょうだい」ドラマを連想してしまう。
確かに観ているうちに涙腺はうるうる緩んでくるし、周りからは鼻をすする音が聞こえてくる。
しかし、それはけっして安易な「お涙ちょうだい」ドラマに嵌められたわけではない。
ちょっと涙のポイントが異なるのである。

主人公は10歳の少年オスカー。
ある時オスカーは、いつも来るはずのない日に両親が病院に来ているのを見つける。
そして主治医のデュッセルドルフ先生と両親の会話を聞き、自分の命が長くない事を知ってしまう。
自分が死ぬという事実よりも、その事実に打ちひしがれた両親がそのまま帰ってしまった事に、むしろショックを受ける。

両親に心を閉ざしたオスカーが心を許したのが宅配ピザの女主人ローズ。
とにかくいつも口汚くののしっていて、あっけらかんとしている。
デュッセルドルフ先生と契約をして、ピザの宅配条件でオスカーの話相手を引き受ける事になる。
期間は12日間。
それが自分の寿命だと悟るオスカーに、「1日で10年生きる」と考えるようにローズは提案する・・・

こうしてオスカーとローズの12日間が始る。
毎日人並みにその年齢相応の一日を送るオスカーとローズの交流が見所となる。
お涙ポイントは、普通であれば懸命の治療空しく、主人公がみんなに見守られて命を引き取るシーンだと思うが、先にも述べた通りこの映画はちょっと違う。
そんなシーンはまったくない。

1日で10歳年をとりながら成長するオスカー。
両親を拒絶しながらもやがて許す事になる。
愛なんて馬鹿らしいと軽蔑し、恋人にも「愛している」と言わなかったローズが、やがていつのまにか息子にそっと「愛している」と言えるようになる。
世の中すべてが敵であるかのように口汚くののしっていたローズが、次第に変わっていく。
ピザを配達するのが交換条件で引き受けたはずなのに、いつのまにかピザの方はどうでもよくなっていく・・・
そうした登場人物の変化が、観る者の涙腺を心地良く刺激する。

女性の目からするとオスカー少年に目が行くのかもしれないが、次第次第に変わっていくローズの姿が、個人的には良かったと思う。
それにしても貫禄あるデュッセルドルフ先生は、なんとマックス・フォン・シドー。
名優だが、フランス語をしゃべっているのにびっくりした。
穏やかな医師として存在感を示していた。

涙腺の緩い人は、ハンカチ必需品の映画である・・・


評価:★★★☆☆

    
posted by HH at 23:10 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ

2010年11月27日

セントアンナの奇跡

セントアンナの奇跡.jpg

原題: Miracle at St. Anna
2008年 アメリカ=イタリア
監督: スパイク・リー
原作・脚本 : ジェームズ・マクブライド
出演:  デレク・ルーク/マイケル・イーリー/ラズ・アロンソ/オマー・ベンソン・ミラー/ジョン・タトゥーロ

<STORY>********************************************************************************************************
ニューヨークの郵便局で働く定年間近の局員が、ある日窓口で切手を買いに来た男性客をいきなり銃殺した。
男の名はヘクター。
前科や借金などもなく、精神状態も良好の実直な男だった。
家宅捜査の結果、彼の部屋から長きに渡って行方不明となっていたイタリアの貴重な彫像が発見された。
一向に犯行動機を口にしないヘクターだが、やがて重い口を開く。
謎を解く鍵は第2次世界大戦真っ只中の1944年、イタリアのトスカーナにあった・・・
********************************************************************************************************

タイトルからは何となく感動的なストーリーを想像してしまい、期待に胸を膨らませて観た映画である。
冒頭、ニューヨークの郵便局。
窓口で働く職員ヘクターが切手を買いに来た男性客を凝視する。
そしておもむろに取りだしたルガーで男性客を射殺する。

ヘクターの部屋からはイタリアの彫像が発見され、それが高価なものであると判明する。
謎だらけの冒頭のシーンであるが、黒人のヘクターと第二次大戦中のドイツ軍用拳銃とイタリアの彫像。
それがストーリーのキーファクターとなる。

そしてストーリーは第二次大戦下のイタリアへと飛ぶ。
すでに米軍がイタリアに侵攻し、ドイツ軍と戦火を交える。
現地のパルチザンがこれに加わる。
米軍の部隊は黒人部隊。
同じ軍内と言えども白人は黒人を見下す。

この対立も一つのキーとなる。
米軍内の黒人と白人の対立。
パルチザンもドイツ軍に内通する裏切り者を抱える。
ドイツ軍も冷酷な大佐とそれに反発する大尉の対立がある。
敵と戦う一方で内部にも矛盾を抱える勢力が、戦争という大きな流れの中で相対峙する。

そんな最前線にありながら、味方舞台と離れた米黒人兵のビショップ、トレイン、ヘクター、スタンプが、イタリアの田舎町の人々と交流する。
ドイツ軍が現住民を虐殺したセントアンナの虐殺は歴史上の事実らしいが、この事件が起こる中で、やがて登場人物たちの運命が交叉する。

奇跡といえば確かにそうなのかもしれないが、正直に言って何となく理解しにくい内容だった。
無理に結論付けている気もしなくもない。
163分という時間もちょっと長さを感じてしまう映画である。


評価:★★★☆☆

    
posted by HH at 00:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年10月24日

ダウト −あるカトリック学校で−

ダウト〜あるカトリック学校で〜.jpg

原題: DOUBT
2008年 アメリカ
監督・原作戯曲・脚本 : ジョン・パトリック・シャンリィ
出演:  メリル・ストリープ/フィリップ・シーモア・ホフマン/エイミー・アダムス

<STORY>********************************************************************************************************
1964年のニューヨーク。
ブロンクスにあるカトリック学校セント・ニコラス・スクールでは、校長のシスター・アロイシスが厳格な指導を信条に日々職務を果たしていた。
一方、生徒の人気を集めるフリン神父は、ストイックな因習を排し進歩的で開かれた教会を目指していた。
しかし、唯一の黒人生徒ドナルドと不適切な関係にあるのではないかという疑惑が持ち上がり、シスター・アロイシスによる執拗な追及が始まるのだった…。
********************************************************************************************************

この映画はもともと舞台のものらしい。
それゆえなのか、俳優同士のガチンコのぶつかり合いでストーリーは進んで行く。
舞台は舞台で観てみたい気にさせられる映画である。

ストーリーはあるカトリック学校で始る。
校長はメリル・ストリープ演じる怖い女校長。
そしてその学校が付属する教会の神父として登場するのがフィリップ・シーモア・ホフマン。
教会とそれに付属するカトリック学校という日本ではあまり馴染みのない制度だ。

ここで神父に疑惑(DOUBT)が起こる。
黒人生徒ドナルドとの性的関係である。
疑惑の発端は、担任のシスター・ジェイムズがフリン神父がドナルドの下着を彼のロッカーに入れたのを見た事である。
さらにドナルドが教会のワインを飲んでいた事がわかる。
報告を受けた校長は直ちにフリン神父追及を始める。

メリル・ストリープも大迫力。
その怖い姿は「プラダを着た悪魔」の編集長そのままである。
そしてフィリップ・シーモア・ホフマン。
黒にかぎりなく近い灰色の人物としてはうってつけ。
この人が出てくるだけで疑惑(DOUBT)は深まる。

厳しい追及の手を緩めない校長と、必死に弁護するフリン神父。
間で右往左往するシスター・ジェイムズ。
疑惑はあるが、事を荒立てる事に不安を感じて神父を信じてしまおうとしたいシスターを演じるのは、エイミー・アダムス。
シリアスな役柄なのであるが、「魔法にかけられて」での能天気なお姫様の雰囲気を十分に備えている。
大ベテラン二人の間で、存在感が光る。

白か黒かと思って見ているうちに、ドナルドの母親が登場し、白でも黒でもない意見が飛び出してくる。
そこでは、貧しい黒人家庭で「事情を抱えた」息子の将来を案ずる母親の切実な気持ちが露わにされる。
正義は確かに必要だが、歪んだ社会の中では正義に蓋をする必要もあるのではないかと思わせられる。

校長、神父、母親3者の意見のどれに与するかは個人の考え方だとは思うが、簡単にこれと決めにくいものがある。
そして最大の疑惑は疑惑として観る者の判断にゆだねられる。
なるほど舞台らしい濃厚なドラマである。


評価:★★☆☆☆



     
posted by HH at 11:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ