2010年07月28日

扉をたたく人

扉をたたく人.jpg

原題: The Visitor
2008年 アメリカ
監督: トム・マッカーシー
出演:  リチャード・ジェンキンス/ヒアム・アッバス/ハーズ・スレイマン/ダナイ・グリラ

<STORY>********************************************************************************************************
コネチカットで暮らす大学教授のウォルターは、妻と死に別れて以来本を書く事にも、教える事にも情熱を燃やせず憂鬱な日々を送っていた。
ある日、出張でニューヨークを訪れた彼は、マンハッタンにある自分のアパートで見知らぬ若いカップルに遭遇する。
知人に騙されて住んでいたというそのカップルは、シリアから移住してきたジャンベ奏者のタレクと彼の恋人でセネガル出身のゼイナブだと名乗る・・・
********************************************************************************************************

主人公は大学教授のウォルター。
ピアノを習い始めるも、合わない教師を冷たく首にしたり、一方で大学の仕事はやる気のなさがありありとしているという具合の人物。
そんな彼が、しぶしぶニューヨークへの出張に出かける。
ニューヨークにある自分のアパートに久しぶりに寄る。
ところが、そこには見知らぬカップルが住んでいる。

カップルはタレクとゼイナブという名で、友人に騙されてその部屋でくらしていた。
行くあてもない彼らを受け入れ、妙な同居生活を始める。
タレクはジャンべという太鼓の一種である楽器の奏者であり、ウォルターはタレクからジャンべの演奏を習う事となる。

ウォルターとタレク、ゼイナブとの交流。
なんだかよくわからないまま、淡々とストーリーが進んで行く様子は「そして、私たちは愛に帰る」にどことなく雰囲気が似ていなくもない。
仕事にもピアノにも没頭できなかったウォルターが、しだいにタレクとの交流を深めていく。
いつのまにかタレクと公園でともにジャンべを演奏するようになっていく様は、それまでにはあり得なかった彼の変化を表している。

そうして好事魔多し。
そんな時に事件が起こる。
アメリカ社会が抱える問題点の一つがこの事件を通して明らかになる。
いかにアメリカ社会が多様な人種から成り立っているか。
そして必ずしも優しい社会ではないというのがわかるのである。

なんだかアメリカ映画というよりヨーロッパ系の映画のような雰囲気が漂う映画。
ストーリー的には面白いとはいいにくいものの、じっくり観てしまう。
そんなタイプの映画である。


評価:★★☆☆☆

     
    
posted by HH at 23:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年07月20日

レボリューショナリー ロード 燃え尽きるまで

レボリューショナリーロード.jpg


原題: Revolutionary Road
2008年 アメリカ・イギリス
監督:  サム・メンデス
原作 : リチャード・イェーツ
出演 : レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/キャスリーン・ハーン/マイケル・シャノン

<STORY>********************************************************************************************************
1950年代のアメリカ、コネチカット州。
フランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想のカップル。
しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に色あせていく。
演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台に立つが、芝居の出来が悪く夫婦で口論に。
一方フランクは、しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。
そんな時エイプリルが提案する。
「みんなで、パリで暮らしましょう」と…
********************************************************************************************************

レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットと言えば「タイタニック」
その二人が「タイタニック」以来の共演と言う事で随分と盛り上がった映画である。
そうしたイメージの延長には当然、恋愛映画という連想が成り立つ。
ところが、そうした連想を打ち砕くシリアスな人間ドラマである。

時は1950年代。
第2次大戦で疲弊した欧州各国を尻目に、アメリカが我が世の春を謳歌していた時代。
フランクとエイプリルの二人は二人の子供にも恵まれ、平均的なサラリーマンとして中の上とも言える生活を送っている。
「レボリューショナリーロード」に面した住宅街はちょっとした憧れの的。
「大工や左官工が住む地域を抜けると」、と不動産屋が誇らしげに進めた地域である。

しかしながらフランクは通勤電車に揺られてのしがないセールスマン生活に、どこかうんざりしている。
エイプリルは役者を夢見ているが、地元の劇団での活動はぱっとしない。
「人生これでいいのだろうか」と思うも、だからといって代わりに目指すものがあるわけでもない。
世間からみれば十分恵まれた生活を送っているのだが、当人たちにしてみればそうでもない。
何だか現代の我々にも当てはまりそうな状況である。

そんな二人が現状を打破しようと試みる。
パリに移住してエイプリルが国際機関で高級の秘書として働き、フランクは自分に合った仕事を探すという計画。
周りも観ているこちらも夢物語のような計画に唖然とする。
しかし計画実現を前にして次の難題が持ち上がってくる。
無理やり計画を実行するか、堅実な現実路線を行くか。
そうこうするうちに二人の間に微妙な温度差が生じてくる・・・

恋愛ドラマどころか、シリアスな人間ドラマ。
ディカプリオもケイト・ウィンスレットも甘い夫婦関係どころか、苦悩する夫婦として正面からぶつかり合う。
互いに秘めた思いを精神を患う知人がずけずけと言い当て、それがまた諍いの元となる。

途中で出てくる精神病の知人。
極めて合理的なものの考え方をするのだが、「人間関係」においてはどこかが壊れている。
しかし、一見「幸せな家庭」の結末を見ると何が正常で何が異常なのか、判別は難しい。
我々の日常生活にもすぐ隣接しているようなちょっとした怖さがある。
ちょっと濃厚な人間ドラマである・・・


評価:★★★☆☆
 
    
    
posted by HH at 18:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年07月15日

情愛と友情

情愛と友情.jpg
 
原題: Brideshead Revisited
2008年 イギリス
監督: ジュリアン・ジャロルド
出演:  マシュー・グード /ベン・ウィショー /ヘイリー・アトウェル /エマ・トンプソン /マイケル・ガンボン

<STORY>********************************************************************************************************
オックスフォード大学に入学したチャールズは、貴族の息子セバスチャンと出会い、友情とも愛情ともつかぬ妖しい関係を深めていく。
しかし、セバスチャンの屋敷“ブライズヘッド”に招かれたチャールズは、彼の美しい妹ジュリアにも惹かれてしまうのだった。
一見すると由緒正しき豪奢な貴族一家。
その実、家庭内は敬虔なカトリック信者である母親のマーチメイン夫人によって仕切られ、彼女の厳格さに閉口した夫のマーチメイン卿はヴェネチアへ逃避し、セバスチャンとジュリアも母の強制的な信仰的教育に苦しんでいた・・・
********************************************************************************************************

「情愛と友情」という邦題はなんだかわかったようなわからないようなものである。
原題は「再び訪れたブライズヘッド」とでも訳すべきであろうか、「ブライズヘッド」という屋敷を舞台とした貴族の物語であるが、どちらにしてもタイトルはいまいちピンとこない。

イギリスは階級社会と言われている。
日本人には馴染みにくいのだが、この映画を観ればそれがよくわかる。
主人公のチャールズは貧しい家の出身。
オックスフォード大学に入学するも周りの貴族の子弟たちとは歴然とした差がある。
立ち居振る舞いのすべてが鼻もちならず、絶対友達にはなれないと思うのだ。

入学早々知り合ったセバスチャンはそんな貴族の子弟の一人。
招かれてランチに行くも、シャンパンにワインにと優雅な食事に、やたら出身を話題にする会話。
庶民からかけ離れた貴族社会に戸惑うのはセバスチャンだけでなく、観ているこちら側も同じである。

続いてセバスチャンに家に招待される。
出掛けて行ったお屋敷は城と見間違うばかりの大邸宅。
庶民派の私としては、ついつい「掃除が大変そう」と思ってしまう。
もしも我が家だとしたら、絶対手伝わされるに違いないと実に庶民的な発想をしてしまう。

そしてセバスチャンの母親を囲んでの優雅な食事。
しかしながらこの母親、カトリックだと言う。
イギリスは英国国教会のはずだし、カトリックの貴族がどういう位置付けになるのか、ここら辺はかの国の事情に通じていないからわからない。
そしてこれが後々大きな意味を持ってくる。

同性愛のセバスチャンと彼の妹のジュリア。
セバスチャンに対する友情と、ジュリアに対する愛情。
貴族の生活と母親の信仰。
いろいろな要素がミックスされ、濃厚なストーリーが展開される。
厚いハードカバーの文学作品を読んでいるが如き映画である・・・


評価:★★☆☆☆

     
posted by HH at 22:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年07月03日

バーンアフターリーディング

バーンアフターリーディング.jpg

原題: Burn After Reading
2008年 アメリカ
監督・製作・脚本 : ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
出演 :  ブラッド・ピット/ジョージ・クルーニー/ジョン・マルコヴィッチ/フランシス・マクドーマンド/ティルダ・スウィントン

<STORY>********************************************************************************************************
CIAの機密情報が書き込まれた1枚のCD-ROMを、勤務先のフィットネスセンターで拾ったチャドとリンダ。
チャドはそれを利用して一攫千金を狙う大胆な計画を思いつく。
そのころ、元CIA諜報員のオズボーンは、機密情報の紛失にうろたえていた。
一方、オズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官ハリーと不倫中で…
********************************************************************************************************

「ノーカントリー」のコーエン兄弟が監督・制作・脚本まで手掛けた一作。
出演者をみると、ブラピ、ジョージ・クルーニー、ジョン・マルコビッチと意外な大物が出演していてちょっと驚く。

「読み終えたら燃やせ」というタイトルは何やらスパイ映画のようであるが、その名の通りのスパイ映画である。
しかし007シリーズのようなものを想像するとだいぶ違う。

CIAのアナリスト、オズボーンは飲酒が原因で機密情報に接する機会の少ない部署への転属を言い渡される。
しかし、激怒したオズボーンはその場で辞めてしまう。
そしてそれまでの経験を基にした暴露本の執筆に取り掛かる。

そんなオズボーンの妻ケイティは、財務省連邦保安官のハリーと不倫中。
ケイティはオズボーンと別れるためにパソコンのデータをすべてコピーするが、その中には暴露本のデータも含まれており、それが偶然フィットネスクラブに勤めるチャドとリンダの手に渡る。

オズボーン、ケイティ、ハリー、チャド、リンダ、そしてCIA。
オズボーンは自尊心を守ろうとし、ケイティはオズボーンと別れてハリーと一緒になりたくて、ハリーはただいろいろな女性とお楽しみしたいだけで、チャドは面白半分でお金を得ようとし、リンダは整形手術の費用が欲しかっただけなのである。
そんな交わる事のない人々が微妙に絡み合い、驚くべき展開に発展する。

その意外性のあるストーリーが見どころ。
バカバカしいと言えばバカバカしい。
シリアスなんだか不真面目何だかわからない映画だし、なのになんでこんな大物が出ているのか不思議なのだが、やっぱり面白いと思う気持ちが若干勝った映画である。


評価:★★☆☆☆

     
posted by HH at 11:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2010年06月28日

春よこい

春よこい.jpg

2008年 日本
監督:  三枝健起
原作・脚本 : 中村努
出演 :  工藤夕貴/西島秀俊/時任三郎/宇崎竜童/吹石一恵/ 高橋ひとみ

<STORY>********************************************************************************************************
唐津市呼子町で漁業を営む芳江。
夫の修治は、不慮の事故で借金取りを死なせ、4年間、姿を消していた。
父親と息子のツヨシを養うため、芳江は必死で働いていた。
ある日、交番に貼られた指名手配犯の父親の写真を眺めるツヨシの姿が地元新聞に掲載される。
その記事が元で噂が蒸し返され、芳江は仕事を休業に追い込まれてしまう。
記事を書いた記者、岡本は責任を感じ、修治を捜し出し、たった1日でも家族の時間を作る事を決意する・・・
********************************************************************************************************

2008年作といえば、本当に最近の公開作品なのだが、あんまり記憶に残ってない。
気が付かなかったのか、あんまり宣伝していなかったのか・・・
もちろん、何の情報もなく観る事になった。

時代は30年ほど前の九州が舞台。
一人のチンピラが一軒の家に土足で上がり込んで船の鍵を奪っていく。
追いかけるその家の主である修治。
船の上で乱闘となり、チンピラはアクシデントで頭を打って死んでしまう。
修治はそのまま逃走。
残された妻の芳江は息子ツヨシとともに、世間の風当たりに耐えながら暮らしている・・・

もともとは船を買うための借金が元なのだが、それがどうやらあこぎな高利貸しの手に渡って、チンピラが借金のカタに船を取りに来たとの事らしい。
そんな事って現実的にあり得ないだろう、などと突っ込むのはナンセンス。
ナンセンスなのだが、やっぱりある程度は現実味というものを持たせてほしいと思う。
それに状況からして正当防衛だろうし、今やそのくらいの知識は誰だって持っているだろう。
ちょっと苦しい不自然な前提でドラマは始まる。

父親が指名手配されているとなれば、子供が学校でイジメられるのは当然の成り行き。
父親を恋しがる息子の姿を大々的に報じてしまう地元新聞。
個人情報のない時代だとはいえねぇ・・・それはいかんだろうと思わず突っ込みを入れてしまう。
残された芳江とツヨシの親子。
ツヨシの担任と新聞記者のその兄。
彼らの織りなす人間模様。

新聞記者の兄は、先日「真木栗ノ穴」で主演を演じていた西島秀俊。
けっこう二枚目なんだな、この人。
それに刑事役で登場したのは宇崎竜童。
これが何となく味のある刑事なのである。
主演の 工藤夕貴や時任三郎よりもいい味出していた感じである。

何となく感動映画に仕上げたかったんだろうなという感じは伝わってくるのであるが、その試みは空振りだったようである。
やっぱり不自然な前提が苦しかったのと、ストーリー展開が読めてしまったのがその原因だ。
こういう映画って難しいだろうな・・・


評価:★★☆☆☆

     
posted by HH at 22:54 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ