2008年03月31日

【手紙】My Cinema File 191

手紙.jpg

2006年 日本
監督: 生野慈朗
原作: 東野圭吾
出演: 
山田孝之:武島直貴
玉山鉄二:武島剛志
沢尻エリカ:白石由美子
吹石一恵:中条朝美
尾上寛之:寺尾祐輔
吹越満:緒方忠夫
風間杜夫:中条
杉浦直樹:平野

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
東野圭吾のロングセラー小説を映画化した社会派人間ドラマ。殺人という大罪を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の受難の日々を追う。『電車男』の山田孝之が不運な弟にふんし繊細な演技をみせる。坊主頭で服役囚の兄役に挑んだ『逆境ナイン』玉山鉄二や、健気なヒロイン役の『シュガー&スパイス 風味絶佳』の沢尻エリカらの演技も素晴らしい。重いテーマでありながらも、随所に笑いを盛り込んだ見事な演出が光る。
********************************************************************************************************

工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する直貴は、せめてもの償いにと服役中の兄から届く手紙に丁寧な返事を書き続けていた。そんなある日、更生した元服役囚と出会った直貴は、一度はあきらめたお笑い芸人の夢に再び挑戦しようと決意する・・・

原作は東野圭吾の小説。
東野圭吾といえばサスペンス・ミステリーなどの作品が多いが(最近では「ガリレオ」がテレビドラマ化されていた)、この「手紙」は殺人犯の弟の苦悩を描いた直球勝負の小説である。
強盗殺人で無期懲役などといえば世間は被害者に同情的だ。
それを「加害者の弟」にスポットライトを当てたのがポイントだ。

心優しき兄剛志は殺人罪で服役中。弟直貴としては、兄の罪の原因は直貴が大学へ行くための資金が欲しかったためであり、恨む事はできない。されど世間の冷たい仕打ちで大学進学を断念した上に仕事や住居を追われることしばしば。さらには夢であるお笑い芸人への道や最愛の女性との結婚も諦めざるを得なくなる。そんな弟直貴の苦悩が綴られる。
唯一の慰めが、直貴になぜか好意を寄せる由実子の存在だ。冷たくされても裏に表に直貴の支えとなろうとする。

兄と弟を唯一つなぐのがタイトルとなっている手紙。
手紙を通しての兄と弟の交流。
そして苦悩・・・
親友寺尾や由実子に支えられながら家庭を築き、しだいに世間との係わり合いを広げて生きていく弟直貴。
被害者とのからみも交え、重厚なテーマでありながら感動的なドラマである。

通常こういった小説を映画化するのは難しい。
小説の世界を2時間程度の映画で描ききる事は困難な事が多いからだ。
だが、原作は文庫本400ページ程度であったためか見事に2時間の枠に収まっている。
映画でも小説でも同じような感動が味わえる。

唯一難をいえば弟直貴がめざした夢の違いだろうか。
原作はバンドであるが映画ではお笑い芸人。
満たされぬ思いを唄に託すのはしっくりくるが、世間に背を向けた暗い存在とネアカが要求されるお笑い芸人はどうもマッチしない。
(ネタは面白いのだが・・・)

時としてまともに議論をすれば何時間もかかりそうなテーマを映画や小説は雄弁に語る事がある。キリスト教の「原罪」を理解したければ「氷点」(三浦綾子作)を読めばいいように。
これは日本版「罪と罰」といえるだろう。
そんな名作を映像で味わえる映画である・・・


評価:★★★★☆






posted by HH at 22:40 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ

2008年03月30日

【八月のクリスマス】My Cinema File 190

8xmas.jpg

2005年 日本
監督: 長崎俊一
出演: 
山崎まさよし:鈴木寿俊
関めぐみ:高橋由紀子
大倉孝二:宮田亮二
戸田菜穂:佳苗
西田尚美:純子
井川比佐志:鈴木雅俊

<映画.com>
********************************************************************************************************
1999年に日本公開された「シュリ」と並び、現在の韓国映画ブームの火付け役となった「八月のクリスマス」。写真館を営む男性と交通取締官の女性のほのかな恋を描き韓国恋愛映画の金字塔となったこの作品を、舞台を日本に置き換えて長崎俊一監督がリメイク。主人公を演じるのは、「月とキャベツ」以来8年ぶりの映画出演となる山崎まさよし。出演だけでなく、音楽と主題歌も担当している。共演は「恋は五・七・五!」の関めぐみ。
********************************************************************************************************

父親から受け継いだ古ぼけた写真館で働く寿俊。
彼は不治の病を抱えており余命が限られているのだが、その事は彼と彼の家族だけが知っている。彼はそんな状況でも、写真館の仕事ややもめの父親との家事をこなし、笑顔を絶やさず穏やかな毎日を送っている。
ある夏の日、小学校の臨時教員である由紀子が写真館にやってくる・・・

この映画は1998年に公開された韓国版のリメイク。
韓国映画はハリウッドでも数多くリメイク版が作られているが、切ない純愛を照れることなく堂々と語るストーリーは韓国映画の王道と言えそうである。

山崎まさよし演じる主人公寿俊は余命いくばくもない体。
悲恋のヒロインではよくあるパターンだが、一ひねりしてここでは男性がそうなのである。
事情を知らない友人が独り身を案じて女性を紹介しようとするが、やんわりと断る寿俊。
自分が死んだ後のことを考え、父親のためにDVDや写真機器の操作方法のメモを作る。
運命を受け入れ静かに「その時」を待つ。目の前に小学校の臨時教員由紀子が現れた時も自分には恋愛などもう関係ないものと淡々と付き合う。しかし、何回も顔を合わせるうちに段々と諦めたはずの恋心が動き始める・・・

丘の上のお気に入りの場所に由紀子を案内する寿俊。
冬の眺めが最高だと由紀子に教える。
「一緒に見に来たい」と無邪気に答える由紀子。
「無理だよ。体力がもたない」と答える寿俊。
その言葉の真意に気付かない由紀子。
見ているものはその意味がわかるわけで、もどかしい思いをさせられる。

映画の舞台となるのは富山。
のんびりとした町並みが寿俊の静かな心とマッチしている。
もしも自分の余命が限られたものであるとわかったら、どのように残された時間を過ごすのであろうか。
一枚一枚丁寧にシャッターを切る寿俊の姿に一瞬一瞬を大切に生きている事が伝わってくる。
静かな音楽とともに言葉ではなく映像で伝えられる映画の良さが発揮されるところだ。

秘めた想いを手紙にしたため、自分の葬儀用の写真を撮る寿俊。
見終わってちょっと切ない気分にさせられる映画である・・・


評価:★★★☆☆








posted by HH at 22:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2008年03月09日

【地下鉄(メトロ)に乗って】My Cinema File 180

地下鉄に乗って.jpg

2006年 日本
監督: 篠原哲雄
原作: 浅田次郎
出演: 
堤真一:長谷部真次
岡本綾:軽部みち子
常盤貴子:お時
大沢たかお:小沼佐吉 / アムール
田中泯:野平啓吾(先生)
笹野高史:岡村会長
北条隆博:小沼昭一

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
時空を超えた真実の愛の物語を描く、浅田次郎の同名の小説を映画化。“地下鉄”で過去へとタイムスリップした男が、過去のトラウマに立ち向かう。長い間、父と疎遠だった息子を演じるのは、『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一。その父親の青年時代から老年までを、『子ぎつねヘレン』の大沢たかおが表情豊かに演じている。昭和初期の車両を実際に使った地下鉄のシーンや、東京オリンピックの頃のレトロな町並みも楽しめる。
********************************************************************************************************

絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次は、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していた。そこに突然、亡き兄が姿を現す。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京だった。ほどなくして真次は無事現在に戻ってくるが、後日、今度は恋人の軽部みち子も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉に出会う・・・

昭和30年代の日本の町並みが出てくる映画というと「ALWAYS三丁目の夕日」とかぶるところがあるが、これはまったく違うテイストの映画。
原作はなんといってもあの浅田次郎というところで大いに期待して見た。

父との対立から父とは袂を分かち、名前まで母親の旧姓に変えて大会社社長の跡取りの座を捨て一サラリーマンとして生きる主人公長谷部真次。
父親が倒れたという知らせにも会いに行こうとしない。
その彼が地下鉄永田町駅で死んだ兄の姿を見かけ、後を追って地上にでるとそこは昭和39年10月5日、東京オリンピックに沸く新中野鍋屋横丁であった・・・

それから愛人軽部みち子とともに現代と過去を行ったり来たりする。
過去で会うのは若き日の父。
非情だと思っていた父であるが、不安を隠し出征していく姿は「一度乗ってみたかった地下鉄(メトロ)」に乗って無邪気に喜ぶただの青年。
戦地では自らの身を省みず市民の盾となり、闇市ではしぶとく生き残る。
最愛の兄の死に際し、表向きの冷たい態度とは裏腹に気を許した愛人の前で涙を流す・・・
そんな父の姿を見ながらいつしか心のわだかまりが消えていく真次。

浅田次郎らしい世界が展開される。
丸の内線新中野駅を出ると目の前にある鍋屋横丁。
町並みはともかくいまでも名前はそのままだ。
個人的にはよく行くところだけに親近感が湧く。

永田町、赤坂見附といった地下鉄駅構内もよく通る場所である。
なんだかそのうち自分も体験しそうなお話だ。
もしも自分が映画のような経験をしたらどうするだろう?
ちょっと想像してみると楽しくなる。

父親には父親の、子供にはわからない人生がある。
「あなたの息子でよかった」という真次の言葉に心が温かくなる映画である。


評価:★★★☆☆







posted by HH at 14:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ

2008年03月02日

【カサノバ】My Cinema File 178

casanova.jpg

原題: CASANOVA
2005年 アメリカ
監督: ラッセ・ハルストレム
出演: 
ヒース・レジャー:ジャコモ・カサノヴァ
シエナ・ミラー:フランチェスカ
ジェレミー・アイアンズ:プッチ司教
オリヴァー・プラット:パプリッツィオ
レナ・オリン:アンドレア
オミッド・ジャリリ:ルポ・サルヴァト

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
数々のスキャンダルを巻き起こした伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロマン。監督は『ショコラ』の名匠ラッセ・ハルストレム。実在した愛の貴公子カサノバを『ブロークバック・マウンテン』のヒース・レジャーが演じる。共演は『アルフィー』のシエナ・ミラー。知性と繊細さを併せ持つ主人公を色気たっぷりに好演したヒース・レジャーと、18世紀のヴェネチアを再現した魅惑の映像に酔いしれたい。
********************************************************************************************************

18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女との情事の末、教会の役人たちに追われている。彼の名はジャコモ・カサノバ。娼婦から淑女まで、落とせない女性はいないと評判のプレイボーイだ。逃げ込んだ大学の講堂で、彼は女性解放を説く演説を目にする。実は、論客はフランチェスカという男装をした美しい女性だった。結局、カサノバは逮捕されるも、総督の取り計らいによって放免になるが、後ろ盾を得るため、良家の子女との結婚が必要になり…

プレイボーイとして歴史に名を残すカサノバは実在の人物で本名をジャコモ・ジローラモ・カサノバというらしい。生涯に1,000名の女性とベッドを共にしたという。今のようにフリーセックスの時代ではないことを考えるとかなりの「戦歴」といえる。そんなカサノバの映画であるが、ある特定の女性フランチェスカとの関係を中心にしたのが本映画である。主役のカサノバを演じるのは先日惜しくも亡くなったヒース・レジャー。
代表作となった「ブロークバック・マウンテン」の次に出演した作品がこれである。

しかし、このヒース・レジャーであるが1,000人斬りの伝説のプレイボーイというイメージはどうもしない。
個人的にはオーランド・ブルームあたりの方がぴったりくるような気がする。

映画自体は数々の女性遍歴から縛り首の危機に瀕し、いよいよ結婚しなければならなくなったカサノバが本命の女性フランチェスカと結ばれるまでのあの手この手が描かれる。
カサノバの「悪名」に敵意と警戒心を持つフランチェスカ。
その彼女に対し、名前を隠して近づき何とか真の自分を理解してもらおうと務めるカサノバ。
そんなカサノバを捕まえて縛り首にするのに執念を燃やす司教、フランチェスカの婚約者、カサノバを慕う女性が入り乱れてのドタバタ劇。

本当のカサノバの自伝がどうであったかは知らないが、カサノバの自伝というよりもカサノバを題材にした活劇という感じである。
ちょっと軽いノリの映画を見たい時にはいいかもしれない映画である・・・


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 10:31 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2008年02月23日

【プライドと偏見】My Cinema File 175

pride-and-prejudice.jpg

原題: Pride & Prejudice
2005年 イギリス
監督: ジョー・ライト
出演: 
キーラ・ナイトレイ:エリザベス・ベネット
マシュー・マクファディン:フィッツウィリアム・ダーシー
ドナルド・サザーランド:ベネット氏
ブレンダ・ブレッシン:ベネット夫人
ロザムンド・パイク:ジェーン・ベネット
ジュディ・デンチ:キャサリン夫人
サイモン・ウッズ:Mr.ビングリー
ルパート・フレンド:Mr.ウィッカム
トム・ホランダー:Mr.コリンズ
ジェナ・マローン:リディア・ベネット
キャリー・マリガン:キティ・ベネット
タルラ・ライリー:メアリー・ベネット

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
「ブリジット・ジョーンズの日記」の基になった、ジェーン・オースティンの小説「自負と偏見」を美しい田園風景を背景に映画化したラブストーリー。主演は『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』でブレイクしたキーラ・ナイトレイ。監督は本作が長編デビュー作ながら見事にこの名作を描ききったジョー・ライト。オール・イギリス・ロケで撮った由緒ある豪邸の数々も要チェック!
********************************************************************************************************

18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた。様々な噂を耳にし、ますますダーシーに嫌悪感を募らせていくエリザベスだったが、なぜか彼の存在が気になって仕方がなく……

キーラ・ナイトレイといえば昨年公開された「パイレーツ・オブ・カリビアン」で海賊どもを向こうに回して一歩も怯まない姿が印象的であった。今度は古典名作に登場である。

原作はイギリス女流文学の最高峰と称されるジェーン・オースティン。
古式ゆかしき18世紀のイギリス社会。
女性には相続権がなく、人生の目的は「結婚」といってもその重みは今のそれとは桁違いという時代。
男勝りの役柄とは正反対の役柄と思いきや、5人姉妹の中にあっていい男を見つけてははしゃぐ他の姉妹とは一味違いしっかりと自己主張する女性の姿はなんとなく相通ずるものを感じる。

ストーリーは5人姉妹の次女エリザベスと隣家に越してきた富豪ビングリーの友人ダーシーとの恋物語。
しかし、高慢なダーシーにエリザベスは反発する。
悪い噂も耳にする。
プライドの高い男とそれに偏見を持つ女。
やがてそのプライドと偏見が取り除かれていく・・・

そうしたストーリーとは別にのどかな田園風景とイギリスの階級社会の様子、風俗などが興味深い。
女性に相続権がない、ということはこのベネット家のように両親と娘だけの家は、父親が死んでしまうと相続権が親族の(相続権のある)男に移ってしまうわけであり、場合によっては路頭に迷うわけである。

そういう時代背景、階級制度、紳士淑女の振る舞い・・・
一昔前のイギリス社会もまた確実に物語の一部であると言える映画である・・・


評価:★★★☆☆








posted by HH at 11:30 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ