2007年10月28日

【LOFTロフト】My Cinema File 133

loft.jpg

2005年 日本
監督: 黒沢清
出演: 
中谷美紀:春名礼子
豊川悦司:吉岡誠
西島秀俊:木島幸
安達祐実:亜矢
鈴木砂羽:野々村めぐみ

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『回路』などで世界中から注目される黒沢清監督が、『ドッペルゲンガー』以来3年ぶりに手がけたサスペンス・ホラー。新作執筆のため引っ越した郊外で、ミイラを研究する男と出会ったことから悪夢のような日々を過ごすヒロインを、中谷美紀が好演する。謎めいた大学教授役の豊川悦司をはじめ、西島秀俊、安達祐実、鈴木砂羽、大杉漣ら実力派俳優が集結。ホラーからサスペンス、ラブストーリーが絶妙に溶け合う、黒沢監督の新境地に圧倒される。
********************************************************************************************************

芥川賞作家、春名礼子は、スランプから脱却するために、純文学から大衆小説へと路線を変えようとしていた。しかし筆はなかなか進まず、そのせいか体調も悪くなってきた。そこで、編集担当者の木島の紹介で、高円寺のマンションから森の中にある古い一軒家に移り住み、執筆に専念することにした。家の前には、人気のない不気味な建物があった。ある夜、礼子は、その建物に一人の男が出入りしているのを見る。それ以来、礼子はその建物に惹かれるようになる・・・

これは何とも言いにくい映画だ。
何とも言いにくいとはどういう事なのか、それすら説明しにくい。

これはホラーなのだろうか?
サスペンスなのだろうか?
それとも恋愛映画なのだろうか?
そのどれでもあり、どれでもない・・・

結局中途半端であるというのが私の結論。
きっともっと崇高な意図に基づいていて、「素人にはわからない」のかもしれないが、私の信念として、「素人にわからない映画は駄作」という思いがある。
「これは芸術なんだ」と言うなら「勝手にどうぞ」である。

そういう考えからこの映画の感想は「わけがわからない」だ。
ミイラが出てきたからそこから何かストーリーが生まれるのかと思ったらそうではなかった。
死んだ女性が画面の端にさり気なく立っていてどきりとし、一瞬驚きぞっとさせてくれたからそこからホラー展開するのかと思いきやそうはならない・・・
トヨエツと中谷美紀が徐々に接近していき、恋愛へと結びつくのかと思うも、それにしてはストーリーが他のことに向きすぎている・・・

結局、いろいろ求めすぎて目標を見失ったとしか思えない。
こういう映画の良さがわかる「芸術鑑賞家」にいつかなれる日が来るのだろうかとつくづく思わされる映画である・・・

評価:★☆☆☆☆








posted by HH at 09:42 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2007年10月21日

【涙そうそう】My Cinema File 130

涙そうそう.jpg

2006年 日本
監督: 土井裕泰
出演: 
妻夫木聡:新垣洋太郎
長澤まさみ:新垣カオル
麻生久美子:稲嶺恵子
塚本高史:島袋勇一
中村達也:金城昭嘉(カオルの父)
平良とみ:新垣ミト(おばあ)
森下愛子:みどり
大森南朋:医者
船越英一郎:亀岡
橋爪功:稲嶺義郎(恵子の父)
小泉今日子:光江(洋太郎の母)

<映画.com>
********************************************************************************************************
日本中で愛されている名曲「涙そうそう」をモチーフに、「いま、会いにゆきます」の土井裕泰監督が手掛けた感動ドラマ。沖縄で生まれ育った血のつながらない兄妹が織りなす、切ない愛の物語を描く。素朴で優しい兄・洋太郎を人気俳優の妻夫木聡が、兄の愛情を一身に受けてまっすぐに育った妹・カオルを「タッチ」「ラフ」の長澤まさみが好演。また、彼らを取り巻く人々を、小泉今日子、麻生久美子、塚本高史ら豪華俳優陣が演じる。
********************************************************************************************************

沖縄県那覇市で自分の店を持つことを夢見て、市内の市場や居酒屋で必死に働く新垣洋太郎(妻夫木聡)。
ある日、高校に合格した洋太郎の妹・新垣カオル(長澤まさみ)が離島から那覇にやってきた。
2人は幼い頃、母親を病気で亡くし、親戚のもとで育ったのだった・・・

大ヒットした唄のタイトルがついた映画。
なんとなく「お涙頂戴系」だというのはわかっていたが、こういう映画は難しい。
なぜなら安易な悲劇であれば、逆に興ざめしてしまうからだ。

お互いに血の繋がっていない兄妹。
妹の高校受験を機に那覇で一緒に暮らし始める。
兄は高校を中退し、将来自分で店を出すために寸暇を惜しんで働いている。
妹はきっちりと大学に進ませようとしている。
妹もそんな兄の愛情を感じ、兄を助けようと受験前の大事な夏に密かにアルバイトをし始める・・・

経済的に苦しい中で、お互いに相手のことを思いやる・・・
オー・ヘンリーの小説「賢者の贈り物」を思い出させる。
それでなかなかいい感じにストーリーは進んでいく。

ただ、最後の結末がいただけない。
安易な「悲劇系お涙頂戴」に走ってしまったのだ。

これだけいろいろなストーリーが溢れる現代。
こんな安易な結末だと映画全体の印象が悪くなる。
個人的にはとても残念に思う。

韓国映画的「悲劇系お涙頂戴」でもいい方、妻夫木君が好きな人には良いかもしれない・・・


評価:★★☆☆☆







posted by HH at 10:12 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2007年09月29日

【イノセント・ラブ】My Cinema File 123

a home at the end of the world.jpg

原題: A HOME AT THE END OF THE WORLD
2004年 アメリカ
監督: マイケル・メイヤー
出演: 
コリン・ファレル:ボビー・マロウ
ダラス・ロバーツ:ジョナサン・グローバー
ロビン・ライト・ペン :クレア
シシー・スペイセク:アリス・グローバー

************************************************************************************
9歳の時、事故で最愛の兄を失ったボビーは、その後両親を亡くし、親友・ジョナサンの家に引き取られる。
兄弟同然に育つ2人の友情は形を変え、ついには肉体関係を結んでしまう。
高校卒業後、ジョナサンはボビーから逃れるようにニューヨークに行ってしまうのだが…。
************************************************************************************

9歳の少年ボビーにとって憧れの兄。
女にドラッグに音楽と幼い弟にはかっこよく見える。
それが突然の事故死。
9歳から高校生へと成長するボビー。
二人の役者が演じているが、そっくりそのまま成長したように良く似ている。
画面が少年ボビーの表情が高校生ボビーに自然に切り替わるのは面白い。

その高校生のボビーが親友ジョナサンと知り合い、ジョナサンの家に泊まったある夜、二人はどちらからともなくお互いの体に手が伸びる・・・
さり気ない手の動きが二人の心境がよく現れていた。

高校を卒業した二人はやがてクレアという女性を加えて3人で生活を始める。
このクレアとボビーが結ばれる。
なんとボビーはバイセクシュアル。

コリン・ファレルと言えば「アレクサンダー」「リクルート」「マイノリティ・リポート」などの印象が強く、ちょっとか弱そうなバイセクシュアルという役柄はピンとこないが、自然に演じてしまっているのが「役者」という感じがする。

原題の「A home at the end of the world」は最後にその意味がしみじみとわかるタイトルであるが、邦題の「イノセント・ラブ」というタイトルも映画の内容とよくマッチしていてそれなりに良いタイトルだと思う。
ちょっと禁断の世界を覗いてみたい方には入門編として良いかもしれない。


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 22:25 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2007年09月22日

【レ・ミゼラブル】My Cinema File 120

Les Miserables.bmp

原題: Les Miserables
1997年 アメリカ
監督: ビレ・アウグスト
出演:
リーアム・ニーソン:ジャン・バルジャン
ジェフリー・ラッシュ:ジャベール警部
ユマ・サーマン:ファンティーヌ
クレア・デインズ:コゼット
ミミ・ニューマン:幼少期のコゼット
ハンス・マシソン:マリウス・ポンメルシー

<映画.com>
********************************************************************************************************
ジャン・バルジャンの波乱万丈の人生を描いた大河ロマン。ビクトル・ユーゴーの名作『ああ無情』の映画化。監督は「ペレ」「愛と精霊の家」の名匠ビレ・アウグスト。脚本は「死と乙女」のラファエル・イグレシアス。製作は「マイ・ビューティフル・ランドレット」のサラ・ラドクリフと、「山猫は眠らない」のジェームズ・ゴーマン。撮影のイェルゲン・ぺーション、編集のヤヌス・ビレスコフ=ヤンセン、美術のアンナ・アスプはアウグスト作品の常連。衣裳は「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」のガブリエラ・ペスクッチ。出演は「マイケル・コリンズ」のリーアム・ニーソン、「シャイン」のジョフリー・ラッシュ、「ガタカ」のユマ・サーマン、「レインメーカー」のクレア・デーンズほか。
********************************************************************************************************
1812年のフランス。仮出獄したジャン・バルジャンは老司教のところから銀食器を盗み警察に捕まるが、この出来事でバルジャンの心は変化する。9年後。バルジャンは市長になっていた。そこへかつて彼に鞭をふるったジャベール警部が赴任してきた。その頃、職を追われたファンテーヌは娼婦となったが、いさかいで逮捕されてしまう・・・

原作はあまりにも有名なヴィクトル・ユゴーの小説。
映画の他ミュージカルでもロングランを続けている。

ユゴーが生まれたのは19世紀前半。
「レミゼラブル」も19世紀前半のお話。
つまり、ユゴーは自分の生きている時代をそのまま物語の舞台にしたのだ。
当時の時代背景もまた興味深い。

たった一切れのパンを盗んだだけで19年間の牢獄生活を送るジャン・バルジャン。
今では考えられない。
食糧事情が現代とでは比較にならないくらい悪く、それゆえパン一切れの重要性も現代以上ではあったであろうが、それにしても、である。

そして仮釈放で出獄したが、誰も泊めてくれるもののないジャン・バルジャンに仮出獄中とわかっていて尚且つ泊めて食事まで振舞ってくれる老司教。
なのに銀の食器を盗み出すバルジャン。
警察に捕まってしまうが、司教は「あげたものだ」とバルジャンを庇う。
キリスト教の赦しである。

以後バルジャンは真人間になっていくばかりか、人々に自分が得たものを返していく。
そんなバルジャンを追う警部。
当時は時効という概念もなかったのであろうか。
再び牢獄送りとなる恐怖と戦いながらもバルジャンの善行は続く。
まさに「無情」とも言うべき人々の行為とバルジャンの善行が対比される。
無情な行為にやるせない思いがし、バルジャンの善行に救われた気持ちになる。

キリスト教の愛がバルジャンを通して全編に溢れる。
もしもこんな信徒ばかりであったら、世の中ははるかに素晴らしい世界となるのだろう。
必ずしもそうでないところが人間の限界なのである。

ともあれ映画やミュージカルになり長く親しまれている理由はよくわかる。
ラストは原作では途中のところでカットされてたが、原作のダイジェスト版としても一度は見ておきたい映画である。


評価:★★★☆☆





posted by HH at 11:00 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(2) | ドラマ

2007年09月05日

【アンジェラ】My Cinema File 113

angela.jpg

原題:ANGEL-A
2005年フランス
監督:リュック・ベッソン
出演:
リー・ラスムッセン:アンジェラ
ジャメル・ドゥブーズ :アンドレ
ジルベール・メルキ:フランク
セルジュ・リアブキン:ペドロ

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
リュック・ベッソンが約6年ぶりに監督を務めた壮大なラブストーリー。人生を諦めかけた男が、ある不思議な美女に出会ったことで、愛と人生について再認識していく物語。主演はフランスの人気コメディアンのジャメル・ドゥブースと、彼を魅了する謎の美女アンジェラにスーパーモデルのリー・ラスムッセンがふんする。全編白黒で撮影された映像が、パリの町並みをより美しく幻想的に描き出している。
********************************************************************************************************

一旗あげようとアメリカからパリにやってきたものの、多額の借金を作ってしまったアンドレ。
借金取りに「48時間以内に金を返さなければ、命はない」と言い渡された彼は、アレクサンドル三世橋からセーヌ川に身を乗り出す。
その瞬間、隣に現れた長身の美女が「あなたと同じことをする」と告げると、突然川に飛び込んでしまう。
死なせたくない。
とっさにそう思ったアンドレは、彼女を追って川に飛び込むのだが…


たぶん苦し紛れだったのだろう。
よりにもよってヤバイところから金を借りてしまった男アンドレ。
借金を返せなければ殺されるという絶体絶命の窮地に陥った彼の前に突然現れたなぞの美女。
これが実は天使だった。

名前もアンジェラ=ANGEL−Aと天使そのもの。
天使=美女というのはわかるのだが、たばこをスパスパ吸ったりする。
身長180cmの美女というのは日本人的には圧倒されそうである。

最初はおどおどしていたアンドレ。
天使に助けられ、次第に自信を取り戻していく。
天使との別れ際、将来の成功を伝えられるがそれを無視して大胆な行動にでるまでになる。

舞台は全編がパリ。
そして画面は最初から最後までモノクロ。
パリの街には行ったことはないが、モノクロだと神秘性が宿って見える。
多分普通のカラーだったら映画の雰囲気もワンランク落ちていたに違いない。
モノクロゆえにわかる「色」があるのだ。

モノクロのパリの街と天使。
不思議な雰囲気の中で夢を見ているような映画である。
つくづく映画は演技だけではないと思う・・・


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 23:50 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ