2016年09月19日

母と暮せば

母と暮せば.jpg

2015年 日本
監督: 山田洋次
出演: 
吉永小百合:福原伸子
二宮和也:福原浩二
黒木華:佐多町子
加藤健一:上海のおじさん
浅野忠信:黒田
広岡由里子:富江
本田望結:民子
小林稔侍:復員局の職員

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
「父と暮せば」などの戯曲で有名な井上ひさしの遺志を名匠山田洋次監督が受け継ぎ、原爆で亡くなった家族が亡霊となって舞い戻る姿を描く人間ドラマ。原爆で壊滅的な被害を受けた長崎を舞台に、この世とあの世の人間が織り成す不思議な物語を映し出す。母親を名女優吉永小百合が演じ、息子を『プラチナデータ』などの二宮和也が好演。ほのぼのとした中にも戦争の爪痕を感じる展開に涙腺が緩む。
********************************************************************************************************

 1945年8月9日、その日いつものように大学へと向かう浩二。しかし、授業中飛来したB-29が投下した原爆で、浩二は一瞬にして命を奪われる。
 それから3年。夫と2人の息子もなくした伸子は、1人で暮らしている。時折訪ねてくるのは、浩二の許嫁であった町子。遺品すら残っていない浩二の死をなかなか受け入れきれない伸子だったが、3年目の命日のこの日、とうとう町子に諦めたと語る。そしてその夜、伸子の元に浩二が現れる。

 どうやら伸子が浩二の死を受け入れたことで、浩二が出てこられた様子。母子は3年ぶりの再会に生きている人たちの近況を語る。町子は卒業し、小学校の先生になっていた。町子は死んだ浩二に操を立て、「一生結婚はしない」と伸子に語る。浩二と町子。2人の生前の様子が描かれる。そしてある日、浩二のレコードを借りて教職員間でレコード鑑賞をした折、ある男の教師が涙した話を町子がする。それは、出征前、もう二度と聞くことはないと覚悟して聞いたメンデルスゾーンだったという。

 死んだ息子が現れ、信子の幸せそうな様子に心が温かくなるが、その一方で戦争の影響が色濃く残る周囲の人たちの様子に心が痛む。まだ物資も乏しく生活は貧しい。傘を持っておらず、そのため雨の日は登校を嫌がる子を担任の町子は家まで迎えに行く。先生と一つ傘で通学するその子は、サイズの合わない父親の履き古した靴を履いている。港で大漁となると、近所に声がかかり、主婦たちは鍋を持って港へ向かう。闇屋を営む上海のおじさんは、警察の目をかいくぐって貴重品の生活物資を伸子に届ける。

 町子が満員列車に乗って、担任の子を連れて復員局を尋ねる。父親の消息を尋ねる子供に対し、復員局の職員は気持ちを押し殺し、丁寧に戦死の事実を告げる。その事実を記す書面を押さえる職員の左腕は失われている。さりげなく描かれる当時は当たり前だったであろう日常シーンに、心に深く染み入るものがある。父親の消息を尋ねた女の子は、病弱な祖父と二人暮らしだという。映画では描かれていないが、その後の苦労もうかがわれる。

 死んでしまった者とはもう二度と会えないし、話すこともできない。だが、出来るものならもう一度会いたいし、話したいのは人の常。そうした願望が、映画の中で叶うのを見るのは心地よい。されど、生きていれば苦難困難苦悩はついてくる。浩二も最愛の町子と結婚することはもうできず、ただ相手の幸せを願って他の男と結ばれるのを見ているしかない。死んだ人と会えるというと、明るいイメージがあるものの、そうした切なさも伝わってくる。

 単に死者が現れるというオカルトちっくな物語ではなく、周囲の人たちを含めた、戦後の人々の困難が心を打つ。浩二は綺麗な姿で現れたが、ビルマで戦死した兄は、悲惨な姿で母の元へ帰ってくる。それもまた背景にある目を背けたくなる事実である。そんな背景に対し、吉永小百合と二宮和也のほのぼのとした親子の姿が、雰囲気を和らげる。もはやアイドルというより立派な俳優と言いたい二宮和也に好感が持てる。

山田洋次らしい、そして日本ならではの雰囲気の映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 22:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2016年09月16日

太秦ライムライト

太秦ライムライト.jpg

2014年 日本
監督: 落合賢
出演: 
福本清三: 香美山清一
山本千尋: 伊賀さつき
萬田久子: 田村美鶴
松方弘樹: 尾上清十郎
本田博太郎: 長沼兼一
小林稔侍: 先代 尾上清十郎

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
時代劇という日本が誇るジャンルを支える人々にスポットを当てたドラマ。斬られ役の名手として活躍してきた老いた俳優と、彼と出会った女優が育む絆を見つめていく。メガホンを取るのは、『タイガーマスク』などの落合賢。斬られ役の名人として知られる『ラスト サムライ』などの福本清三が、自身を投影したかのような老俳優を熱演。その脇を、本田博太郎、小林稔侍、松方弘樹ら実力派が固める。チャールズ・チャップリンの名作『ライムライト』を基にした物語にも注目。
********************************************************************************************************

タイトルにもある通り、舞台は京都太秦。主人公の香美山清一は、いわゆる大部屋役者。今日も時代劇「江戸桜風雲録」の収録が行われており、香美山は主演の尾上清十郎扮する主役に斬られて撮影が終了する。しかし、その場で番組の打ち切りが発表され、尾上清十郎は香美山の労をねぎらい、「また斬らせてくれ」と言い残して去っていく。

斬られ役専門で長年やってきた香美山であるが、時代劇自体の数が減り出番は減る。それでも日々の稽古を怠らない香美山の前に、ある日新人女優のさつきが稽古をつけてくれと申し出てくる。相手が若い女性でもあり、斬られ役の将来性とを考えたのであろう、その申し出を断る香美山。しかし、諦めないさつきに、とうとう共に稽古を始める。女性ながらに殺陣ができるさつきは、新たに始まった新しいスタイルの時代劇でチャンスを掴み、スターへの階段を上ることになる。

一方香美山は、仲間を庇って若手監督と対立し、映画から干されてしまう。古くからの撮影所の課長の助力で、映画パークのチャンバラショーに出演し、糊口をしのぐ香美山。だが、長年の疲労が蓄積し、肘が思うように動かせなくなる。そんな状況下、ついに香美山は引退を決意する・・・

主人公を演じるのは、実際に長年斬られ役を務めてきたという福本清三。はっきり言って初めての俳優さんだが、『ラスト サムライ』に出演していたというし、50年以上のキャリアで「5万回斬られた男」と言われているようだし、実は気がつかなかっただけで、何度も観ているのかもしれない。そしてそんな福本の端役人生と同じようなドラマで、まさに適役と言える。

華やかなりし、主役の影にはそれを支える端役がいる。ドラマの主人公香美山も、スポットライトの当たらない世界にいるが、それでも日々の稽古は欠かさない。誰も見ていないし、本番でも注目を浴びるのは主役の動きであって、端役のそれではない。それでも欠かさず稽古を続ける。実際の福本清三もそうらしく、えび反りになって斬られる「斬られ方」を研究して編み出しているとのことである。そして、そういう目立たぬところにスポットライトを当てているのがこの映画の良いところである。

タイトルは、チャップリンの名画『ライムライト』から取られているようである。『ライムライト』も年をとった男が、若いダンサーを助け、自らはスポットライトの当たらないところに消えていく話であった。「年をとると生きるのが習慣になって死にたくなくなる」と言って、ダンサーを励ますのが印象的だったが、この映画の香美山もそれと同じような生き方をしている。

若い頃、共演した先代の尾上清十郎からその「斬られっぷり」を評価され、愛用の木刀をもらった香美山。それからその木刀を大事にし続け、日々の稽古で使い続ける。日の当たらないところで、黙々と稽古する姿は、「人知らずともうらまず」を地で行くと言える。そうした姿に、いつしか心が揺さぶられる。福本清三自身の生き様が現れされたようで、心に残る一作である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 21:41 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2016年09月13日

あなたを抱きしめる日まで

あなたを抱きしめる日まで.jpg

原題: Philomena
2013年 イギリス・アメリカ・フランス
監督: スティーヴン・フリアーズ
出演: 
ジュディ・デンチ:フィロミナ・リー
スティーヴ・クーガン:マーティン・シックススミス
ソフィ・ケネディ・クラーク:若き日のフィロミナ
メア・ウィニンガム:メアリー
バーバラ・ジェフォード:シスター・ヒルデガード
ルース・マッケイブ:マザー・バーバラ

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
10代で未婚の母となり幼い息子と強制的に引き離された女性の奇跡の実話を、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ監督が名女優ジュディ・デンチを主演に迎えて映画化。ジャーナリストのマーティン・シックススミスによる「The Lost Child of Philomena Lee」を基に、50年前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナの姿を描く。彼女の息子捜しを手伝うマーティン役には、本作のプロデューサーと共同脚本も務める『マリー・アントワネット』などのスティーヴ・クーガンがふんする。
********************************************************************************************************

主人公のフィロミナは、老齢の女性。ある日、手にした一枚の古びた子供の写真を見ている時、娘に問われるがままに語る。自分には50年前に産んだ男の子がいると。娘は偶然知り合ったジャーナリストのマーティンに事の次第を話し、生き別れた息子を探してくれるように依頼する。はじめは断ったマーティンだが、依頼を受けることにする。

フィロミナは十代の頃、知り合った男と恋に落ち、妊娠してしまう。当時の社会ゆえ、未婚の母など世間体も悪買ったのであろう、フィロミナは修道院に預けられる。そこで男の子を出産し、アンソニーと名付ける。しばらく子供とともに暮らしていたが、ある日、アンソニーはいずこからか来た夫妻に養子として連れていかれてしまう。その後、フィロミナは修道院を出て結婚するが、修道院にアンソニーの行方を問い合わせても、回答は得られないでいた。

マーティンとともに再度修道院を訪れるフィロミナ。しかし、修道院側は「資料は火災で焼失した」と主張する。そしてなぜか消失を免れた養子の承諾書だけがフィロミナに提示される。手がかりがない中、当時の養子がアメリカに行ったことを密かに教えられ、二人はアメリカへと渡る。調査は困難を極めるが、ついにアンソニーの行方を突き止めることに成功する・・・

何気なく観ていた映画だが、エンディングで実話だったとわかりちょっと驚く。時代と言えば時代であったのであろう、許されざる妊娠をし、たぶん世間体もあってだと思うが、修道院に入れられたフィロミナ。さらに驚くのは、愛の宗教と言われ、汝の隣人を愛せと教え、罪を許す宗教であるはずのキリスト教なのに、未婚の母に対しては冷たい。さらに後日、息子に会いたいと尋ねるフィロミナに対しても頑なに情報提供を拒む。フィロミナの視点で映画を観ていると、腹立たしい限りなのであるが、何か事情があるのだろうかと思ってみたりする。

もしもここでキリスト教の博愛精神を発揮し、生き別れた子供を探す母親のためにせめてアンソニーの行方を教えていたら、と思わずにはいられない(もちろんそうしたらこの映画が生まれることはなかっただろう)。そして物語は意外な結末へと向かう。フィクションであれば、わざとらしいと思えるが、なにせそこは実話の持つ力。この結末は予想できるものではなく、深い味わいがある。

物語に感情移入し、フィロミナの立場になって想像してみると、ついつい胸が熱くなってしまう。女性の場合は特におなかを痛めて生んでいるだけに、尚更であろう。けっしてハッピーエンドとは言えないものの、これはこれで良かったと思えるし、だからこそ映画化もされたのであろう。心に響く映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 21:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2016年08月11日

繕い裁つ人

繕い裁つ人.jpg

2015年 日本
監督: 三島有紀子
出演: 
中谷美紀:南市江
三浦貴大:藤井
片桐はいり:牧葵
黒木華:葉子
杉咲花:ゆき
中尾ミエ:泉先生
伊武雅刀:橋本
余貴美子:南広江

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『嫌われ松子の一生』などの演技派女優中谷美紀を主演に迎え、池辺葵のコミックを映画化した心に染みる人間ドラマ。クラシカルなミシンで洋服を作る職人肌の主人公と、彼女を取り巻く人々が織り成す物語を紡ぐ。『永遠の0』などの三浦貴大や『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞した黒木華ら実力派俳優たちが共演。『しあわせのパン』などの三島有紀子監督による、服を通して結び付く人々を描く心温まる物語に魅了される。
********************************************************************************************************

原作はコミックらしいこの映画、神戸の街でひっそりと祖母から受け継いだ洋品店を経営する女性の物語。百貨店に勤める藤井は、ある洋服のブランド化を考えている。その服とは、南洋品店を経営する南市江が古いミシンをカタカタ言わせて縫い上げるもの。その独特のセンスに惹かれて、日参しているが、市江は首を縦に振らない。

市江は、祖母から受け継いだその店で、一品一品丁寧に仕上げている。祖母の仕立てた服を持って仕立て直しを依頼しにくる客も多く、一方で祖母から付き合いのあった牧の店にだけ商品を下ろしている。スタッフも設備も整えるという藤井の要請にも、「店に下ろしているのは生活のためだが、顔も見えないお客のために服は作れない」と市江も頑なである。

市江が作る服は、一品もの。飽きたら次のものを買うといった具合に、次々と買い替える「消耗品」ではなく、「生涯一着」とでもいうべきもの。その服を買った人たちは、年に一度開かれる、30歳未満お断りの夜会にその服を着て行き、至極のひと時を過ごすことを楽しみとしている。祖母の志乃がなくなった時は、その死を惜しんだ人たちが、それぞれ仕立ててもらった服を着て、志乃を見送っている。

そんな市江の元に日参する藤井は、市江の母のもてなしを受け、団子を頬張りながら市江を翻意させる機会をうかがっている。そして祖母が作った服だけではなく、自分のオリジナルを作りたいのではないかと、市江に囁く。初めは取り合わなかった市江も、お気に入りの喫茶店でお気に入りのチーズケーキを食べながら、いつしかそれを考えるようになっている・・・

ストーリーからしてそうなのであるが、なんとも静かな映画である。もっとも人と人の心暖まる交流は、静かな雰囲気こそふさわしいのである。市江が向かうのも、昔懐かしい足踏み式のミシン。縫い上げる時に、カタカタと音がする。そんなミシンで丁寧に縫い上げられた一品だったら、ファッションに関心の疎い自分でも一着欲しい気もする。そもそも年ごとに、いや季節ごとに流行が変わる「最新ファッション」になど到底ついていけない者としては、一着ものに興味は高い。(単なる横着かもしれないが・・・)

主人公の市江も、その古臭い名前と静かな佇まいから、近寄りがたい雰囲気を醸し出している。しかし、朝寝坊してパジャマのまま二階から降りてきて藤井と鉢合わせし、狼狽して慌てて引っ込んだり、大好きなチーズケーキ(それも女性にはちと量が多い気がする代物だ)を1人うっとりと食べるところとか、表面に出さない個性が結構面白い。それを中谷美紀が、表情で表現する。

日本の映画界は、実は脇役が手厚いように思う。ここでも余貴美子や伊武雅刀などおなじみのベテランや中尾ミエなんかも久しぶりに登場していい味出している。ドラマ全体にしみじみとした味わいがにじみ出るわけである。日本映画の味わいとでもいうべきものが、この手の穏やかなストーリーでは、海外作品に引けを取らないと感じるところである。ただ、ひょっとしたら刺激を好む若者には退屈に映るのかもしれないと思うところもある。

ファッションをテーマにしながらも、ファッションの映画とは言えない。強いて言えば「こだわり」の映画だろうか。藤井が市江を表して「頑固ジジイ」と言っているが、まさにその通りである。そんなこだわりの職人の映画というところが、ファッションに抵抗感ある自分にも受け入れられたところかもしれない。静かに味わいたい映画である・・・


評価:★★☆☆☆






posted by HH at 23:05 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ

2016年07月27日

8月の家族たち

8月の家族たち.jpg

原題: August: Osage County
2013年 アメリカ
監督: ジョン・ウェルズ
製作: ジョージ・クルーニー
出演: 
メリル・ストリープ:バイオレット
ジュリア・ロバーツ: バーバラ・ウェストン -バイオレットの長女
ユアン・マクレガー:ビル・フォーダム -バーバラの別居中の夫
クリス・クーパー:チャールズ・エイケン -バイオレットの妹マティの夫
アビゲイル・ブレスリン:ジーン・フォーダム -バーバラとビルの娘
ベネディクト・カンバーバッチ :“リトル”・チャールズ・エイケン -チャールズの息子
ジュリエット・ルイス:カレン・ウェストン -バイオレットの三女
マーゴ・マーティンデイル:マティ・フェイ・エイケン -バイオレットの妹
ダーモット・マローニー:スティーブ・ハイデブレクト -カレンの婚約者
ジュリアンヌ・ニコルソン:アイビー・ウェストン -バイオレットの次女
サム・シェパード:ベバリー・ウェストン -バイオレットの夫
ミスティ・アッパム:ジョナ・モンヴァータ

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
メリル・ストリープが病を患うも個性的な母親を演じ、一筋縄ではいかない家族の姿がつづられたヒューマンドラマ。 ピュリツァー賞とトニー賞を受賞した傑作舞台を基に、一家の主の失踪を機に数年ぶりに再会した家族が本音を明かし、秘密がつまびらかになる様子を通し、さまざまな問題を抱える家族のあり方を描く。長女役のジュリア・ロバーツをはじめ、ユアン・マクレガーやクリス・クーパーほか豪華キャストが集結。『カンパニー・メン』などのジョン・ウェルズが監督を務める。秘密を隠し持つ家族を熱演する名優たちの演技合戦に息をのむ。
********************************************************************************************************

ある8月の真夏日、オクラホマの片田舎。一家の主が突然失踪する。それをきっかけに、長女バーバラ、次女アイヴィー、三女カレンの三姉妹が、数年ぶりに実家へ集まってくる。母であるバイオレットは、癌を患っているが誰よりも気が強く、いつでも真実を言うのが正しいと信じている毒舌家。それが病のため様々な薬を併用し、周りに毒を振りまいていく。

長女のバーバラは、夫の浮気と娘の反抗期に悩んでいる。次女の不器用なアイヴィーは、結婚せず地元に残って両親の面倒を見る毎日。婚約者を伴ってきた三女のカレンは、不安を抱えている。かつては一つ屋根の下でくらしていた家族も、それぞれ独立すればそれぞれの家庭と事情が生じるというもの。それを「女帝」バイオレットが暴き出していく。

とにかく、バイオレットの態度は鼻持ちならない。薬でラリっている状態に近いのか、遠慮会釈なく家族に噛みついていく。さらに長女のバーバラは、夫と娘に関する悩みについてずけずけと母親に言われると、カチンときて母親からクスリを没収すべく、取っ組み合いになる。観ていて嫌悪感しか抱けない。そこは御大メリル・ストリープの演技力のなす技なのかもしれない。

また、三女カレンはいかにもおつむもお尻も軽いといった感じで、婚約者スティーブもロクなものではない。バーバラの娘ジーンに大麻を吸わせ、あわよくば口説き落とそうとする有様。娘ジーンは母親に叱られると、父親の浮気を引き合いに出すものだから母親の怒りを買う。思わずビンタして、あちらでもこちらでも火花が飛び散る。

とにかくうだるような暑さは、画面を通しても伝わってくるし(まぁこの時期だからこそかもしれないが)、バイオレットの傍若無人ぶりとそれがもたらす混乱とに、どうも気分が悪くなってくる。原作は何と舞台なのだという。そういえばシチュエーションは、家の中が大半である。舞台で観ればどうなのかはわからないが、映画化されるくらいだから、とても評価は高いのだろう。

観終ってみれば、なるほどそれも頷けるという内容。メリル・ストリープにジュリア・ロバーツにユアン・マクレガーと大物が出演しているだけのことはある。原題はこの家のある郡の名前から取られているようであるが、最後まで頑張って観ればあらゆる意味のよくわかる映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 23:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ