2017年01月31日

ジャングル・ブック

ジャングル・ブック.jpg

原題: The Jungle Book
2016年 アメリカ
監督: ジョン・ファヴロー
出演: 
ニール・セティ: モーグリ
ビル・マーレイ: バルー(声)
ベン・キングズレー: バギーラ(声)
イドリス・エルバ: シア・カーン(声)
スカーレット・ヨハンソン: カー(声)
クリストファー・ウォーケン:キング・ルーイ(声)

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
ラドヤード・キプリングによる名作を実写化したアドベンチャードラマ。ジャングルで黒ヒョウとオオカミに育てられた少年が、一匹のトラとの出会いを通して壮大な冒険に身を投じる。監督は『アイアンマン』シリーズなどのジョン・ファヴロー。主演は2,000人もの候補から抜てきされた新星、ニール・セティ。ベン・キングズレー、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソンなどのスターが、動物たちの声を務める。動物と自然の風景の全てを創造した最先端CGに圧倒される。
********************************************************************************************************

何となく昔から「ディズニーのアニメ」という認識で記憶の底の方にある「ジャングル・ブック」。あらためて原題を見て、「ジャングルの本」というタイトルだとわかる。そんな古くて有名な物語だが、内容はほとんど記憶にないので新鮮な気持ちでこの実写版を観る。

物語の主人公は、人間の少年モーグリ。子供の頃森でクロヒョウのバギーラに拾われ、バギーラによってオオカミたちに託され、育てられていた。日々仲間のオオカミたちとジャングルの中を走り回っている。オオカミの群れを束ねるのは、リーダーのアキーラ。ジャングルの掟を守り、群れの結束を高めている。

そんなジャングルで雨季が終わり、熱くて長い乾季が訪れる。川の水が乾上がって平和の岩が姿を現すと、ジャングルには休戦の時が訪れる。この時は、普段肉食獣を恐れる草食動物たちも安心して水を飲める。しかし、トラのシア・カーンが現れると、休戦期間であっても周囲に緊張感が溢れる。シア・カーンは、かつて人間により火傷を負わされており、その恨みを人間の子供であるモーグリに抱いている。そして、水の休戦が終わったら、モーグリを庇う者に危害を加えることを示唆する。

そしてジャングルに雨が戻ってきたその夜、モーグリはこの件で揉めているオオカミたちのもとへ行き、出ていくことを宣言する。母親役を務めきたラクシャは猛反対したが、バギーラもそれがモーグリの命を救う最善の方法でもあるとして、自ら彼を人間の村に送り届けることする。しかし、モーグリを狙うシア・カーンはこれを追い、モーグリはすんでのところでこれを逃れる・・・

こうして逃げるモーグリとこれを狙うシア・カーンを中心に物語は進んでいく。そしてそれぞの動物たちとの交流。オオカミたちは群れの結束を大事にし、森の中でゾウの群れに遭遇すれば、頭を下げて敬意を示さなければならない。道中では、大蛇のカーの催眠術で食べられそうになり、熊のバルーとの出会い冬眠の手伝いをする。猿たちの王バンダー・ログに「赤い花(つまり火)」を手に入れろと迫られと、冒険が続いていく。

 何せ、登場「人物」はモーグリと回想シーンに出てくるモーグリ親子のみ。あとはすべて動物たちである。しかし、その声の出演者は実に豪華である。と言ってもわかったのは、大蛇のカーの声のスカーレット・ヨハンソンのみで、あとはわからなかったが・・・スカーレット・ヨハンソンの声だけ出演は、『her/世界でひとつの彼女』でもあったが、独特のボイスはすぐわかったのである。

 映像は実に見事であり、動物たちもみな生き生きと本物のごときである。今やどんな世界でも表現可能な映像力は改めてすごいものであると思う。個人的に気に入ったのは、モーグリと熊のバルーとのやり取りだろうか。「クマのプーさん」そのままに、うまいこと言ってモーグリにハチミツを取らせるバルー。いかにも怠け者風であるのだが、肝心なところではしっかりモーグリを助ける。キャラクター的にも一番気に入ったところである。

 本来のストーリーが同じなのか違うのかはわからないが、実に楽しめる映画である。大人から子供まで、一緒に観ても楽しいだろう。さすがディズニーと言える、ディズニーらしい映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2017年01月15日

シンデレラ

シンデレラ.jpg

原題:  Cinderella
2015年 アメリカ
監督: ケネス・ブラナー
出演: 
リリー・ジェームズ: エラ/シンデレラ
ケイト・ブランシェット: トレメイン夫人
リチャード・マッデン: キット王子
ヘレナ・ボナム=カーター: フェアリー・ゴッドマザー
ノンソー・アノジー: 大佐
 ステラン・スカルスガルド:大公

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
古くから人々に親しまれている「シンデレラ」の物語を実写化したラブストーリー。継母と義姉妹から冷遇される日々を送っていた女性が、未来を切り開く姿を追い掛ける。メガホンを取るのは、演技派俳優で『ヘンリー五世』などで監督としても高い評価を得ているケネス・ブラナー。テレビドラマ「ダウントン・アビー」で注目を浴びたリリー・ジェームズがシンデレラにふんし、その脇を『ブルージャスミン』のケイト・ブランシェット、『英国王のスピーチ』のヘレナ・ボナム=カーターといった実力派が固めている。
********************************************************************************************************

 物語は、知らぬ人がいないというくらい有名な童話。ストーリーは良く知っているが、それがあらためて実写映画となるとどうなるのか。そういう実写版は、これまでも『赤ずきん』『美女と野獣』などを観てきているが、どれも成功していると思っている。そんなわけで迷うことなく観ることにしたのがこの映画。

主人公のエラは貿易商の父と美しい母とに囲まれ、豊かに幸せに暮らしている。ところが、母が病で亡くなってしまう。エラは、「辛いことがあっても勇気と優しさを忘れないで」という母の教えを守り、美しく成長していく。やがて父に再婚話が持ち上がる。やってきたのは継母とその連れ子の娘ドリゼラとアナスタシア。エラは3人を心から迎え入れる。

そんなある日、商売に出ていたエラの父が、急な病で突然帰らぬ人となる。収入が激減することになった一家。継母は使用人をすべて解雇する。継母と娘姉妹は、使用人に任せていた仕事をすべてエラにやらせる。屋根裏部屋に追いやられたエラは召使い同然の扱いを受けることになる。寒さに耐えきれず居間の暖炉の前で眠り、翌朝その灰にまみれた顔のエラに対し、姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼んで蔑む。

それまでじっと耐えてきたエラは、悲しみのまま家を飛び出し、森へと馬を走らせる。そこでエラは、狩りに来ていた青年と出会う。キットと名乗るその青年は、実は王子であるが、王子はあえて身分を明かさずエラに心惹かれたまま二人は別れる。一方、国と王子の行く末を案じる国王は、王子に結婚を勧める。しかし、政略結婚を嫌う王子は心密かに森で出会ったエラのことを思う。結婚相手を選ぶ舞踏会を開くことを国王が決めると、王子は条件として国中のあらゆる未婚女子を招待することを求める・・・

 当時の社会に「生命保険」などというものはなかったのだろうが、一家の大黒柱が倒れ、家計が傾くというのも珍しいことではなかっただろうと思う。豊かな生活から一転して苦境に陥る。継母にしてみれば、アテが外れたであろうし、実の娘より連れ子に辛く当たるのも道理であろう。そうした辛い立場の人たちが、救いを求めるとしたら、やはりこうした「シンデレラストーリー」なのではないだろうか。多分、それは現代に至るまで変わらないだろう。

辛くとも優しさを失わないエラの元に、魔法使いがやってくる。白雪姫では悪の立場だが、シンデレラでは救いの神だ。かぼちゃを馬車に変え、ネズミたちを馬に、トカゲを御者に変え、そしてガラスの靴をプレゼントする。清く正しく生きていれば、救いは訪れるというメッセージとも言える。そうして城のパーティーで王子と再会したシンデレラは、楽しいひと時を過ごす。

最近は、映像技術によって魔法もごく自然に見える。ガラスの靴のエピソードもわかっていても嬉しくなる。やはり幼い頃に親しんだせいか、わかっていても心温まるストーリーである。結局のところ、貧しくとも辛くとも清く正しく生きるべしというメッセージがこもったストーリー。世の中の人は皆子供の頃は心を動かされ、かくあるべしと思ったはず。だが、いつのまにか継母の立場になっている人も少なくないだろう。それにしてもその継母を演じているのはケイト・ブランシェット。有名女優が悪役を演じるのは、『白雪姫と鏡の女王』のジュリア・ロバーツと趣向は一緒。それはそれで見どころでもある。

 それにしても、改めて原点の大切さを考えさせられる。わかっていても心を動かされるのは、この物語自身が持つ不変の原理だと思う。大人から子供まで、観て良しの映画である・・・


評価:★★★☆☆



posted by HH at 14:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2016年12月24日

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅.jpg

原題: Alice Through the Looking Glass
2016年 アメリカ
監督: ジェームズ・ボビン
出演: 
ジョニー・デップ:タラント・ハイトップ(マッドハッター)
ミア・ワシコウスカ:アリス・キングスレー
ヘレナ・ボナム=カーター:イラスベス(赤の女王)
アン・ハサウェイ:ミラーナ(白の女王)
サシャ・バロン・コーエン:タイム
リス・エヴァンス:ザニック・ハイトップ
マット・ルーカス:トウィードルダム、トウィードルディー
リンゼイ・ダンカン:ヘレン・キングスレー
レオ・ビル:ヘイミッシュ

<映画.com>
********************************************************************************************************
ティム・バートン監督が「不思議の国のアリス」をもとに描いた大ヒットファンタジー『アリス・イン・ワンダーランド』の続編。悲しい過去にとらわれたマッドハッターを救うため、時間をさかのぼる旅に出るアリスの姿を描く物語で、バートンはプロデューサーとして参加。「ザ・マペッツ」のジェームズ・ボビンが新たに監督を務めた。ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、アン・ハサウェイ、ヘレナ・ボナム・カーターら前作の豪華キャストが続投。2016年1月に他界した名優アラン・リックマンも前作から引き続き声の出演を果たしており、本作が遺作となった。
********************************************************************************************************

前作から時を経て、アリスは父の船であるワンダー号で3年に渡る航海を終えてロンドンに戻る。海賊に追われたりする中、船長として果敢にリーダーシップを発揮し、無事帰港したアリスだが、母が生活苦から元婚約者のヘイミッシュに自宅の所有権を譲渡する契約を結んだことを知る。ヘイミッシュは「ワンダー号を譲渡すれば自宅の権利を返す」と告げるが、父から譲り受けたワンダー号を手放したくないアリスはこれに反発する。

そこに蝶になった芋虫のアブソレムが現れ、マッドハッターの異変を伝える。アリスは再びアンダーランドに向かう。マッドハッターは、「死んだはずの家族が生きている」と信じ、アリスに家族を探して欲しいと告げるが、アリスに「死んだ家族を探すことは不可能」と返答され病床に伏してしまう。マッドハッターを救うため、アリスは白の女王の助言で、時間を遡れるクロノスフィアを手に入れるため、アンダーランドの時間を司るタイムの元に向かう。

タイムと会ったアリスは、クロノスフィアを貸して欲しいと伝えるが、「クノロスフィアを城の大時計から取り外すと世界が崩壊する」と断られてしまう。しかし、アリスはタイムが赤の女王の応対に気を取られている隙にクロノスフィアを持ち出し、マッドハッターの家族を救うため過去に向かう。アリスは過去に戻りマッドハッターの家族や赤の女王の過去を変えようとするが、いずれも失敗してしまう・・・

前作は、「不思議の国のアリス」の物語から13年後の物語となっていた。これはさらに数年後の世界の話。アリスは再び、「不思議の国」アンダーランドを訪れる。芋虫だったアブソレムが蝶になったこと以外、アンダーランドの住人たちは前作と変わらぬ姿で登場する。手のひらをひらひらさせるアン・ハサウェイの白の女王、頭が異常にでかいティム・バートン作品では常連のヘレナ・ボナム=カーター。ジョニー・デップももちろん登場するし、前作には出てこなかったハンプティダンプティが登場したのは、個人的には嬉しいところである。

登場人物たちは、誰もが皆癖のある人物たちばかり。今回目立ったのは、やはりヘレナ・ボナム=カーターの赤の女王だろうか。異様に大きな頭を持ち、その意地の悪さから父王の怒りを買い妹の白の女王に王位継承権を奪われてしまう。以来、ハッターの家族を襲わせ家来たちに対しても気まぐれで接して酷な振る舞いをする。それが実に様になっているのである。

アリスは、ハッターのために家族を探す時間の旅に出る。赤の女王がおかしくなったきっかけの現場に出くわすが、災難を避けようとしたのに失敗し、過去は変えられないと思い知る。実はこの世界にはルールがあって、それは過去の自分に出会うと世界が崩壊するというもの。したがって、この世界の住人でないアリスだからこそ、自由に過去に行けるという筋書き。そのルールが物語にうまくブレンドされている。

不思議の国は、前作を観ている故にその不思議さのインパクトは薄れているが、その分、キャラクターで補っていると言える。ジョニー・デップの怪演も、アン・ハサウェイの白の女王も観ていて楽しませてくれる。ストーリー的にはこれでおしまいという雰囲気だが、それでいいような感じもする。これ以上の面白いストーリーはない気がするのである。

立派な大人となったアリス。アリスは多分、もうアンターランドには戻らないであろう。そんなエンディングが爽やかな一作である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 21:37 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2016年11月04日

PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜

PAN〜ネバーランド、夢のはじまり〜.jpg

原題: Pan
2015年 アメリカ
監督: ジョー・ライト
出演: 
リーヴァイ・ミラー:ピーター
ヒュー・ジャックマン:黒ひげ
ギャレット・ヘドランド:ジェームズ・フック
ルーニー・マーラ:タイガー・リリー
アディール・アクタル:サム・スミーゲル
ノンソー・アノジー:ビショップ
アマンダ・サイフリッド:メアリー
キャシー・バーク:バーナバス院長
ルイス・マクドゥーガル:ニブス

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
著名な冒険物語「ピーターパン」を、『つぐない』などのジョー・ライト監督が独自の視点で実写映画化。ピーターパンにはオーディションで抜てきされた新星リーヴァイ・ミラー、悪役の海賊黒ひげをヒュー・ジャックマン、フック船長に『トロン:レガシー』などのギャレット・ヘドランド、タイガー・リリーを『ドラゴン・タトゥーの女』などのルーニー・マーラが演じる。黒ひげと対峙するピーターのストーリーなど、新たなピーターパンの描かれ方に期待。
********************************************************************************************************

有名な物語の前日譚を創作するというのは、面白い試みであると思う。個人的には好きである。以前、『オズの魔法使い』の前日譚である『オズ、はじまりの戦い』を観たが、悪役も最初から悪役だったわけではなく、それぞれの物語があるものである。そういうものを想像させてくれるのは、楽しいものである。

今回のそれは、『ピーターパン』。ピーターパンといえば、ネバーランドに住む永遠の少年で、ロンドンに住む少女ウエディをネバーランドに連れていくのが本筋のストーリー。そしてこの映画は、ピーターパンがピーターパンになるまでの物語となっている。

冒頭、一人の女性が孤児院の前に赤ん坊を置いていく。ピーターという名前を書いた手紙とネックレスを残して・・・そして時は、第二次世界大戦中のロンドン。12歳になったピーターは、いつも仲の良いニブスとともに何かと意地の悪い院長に反抗している。ある時ピーターは、夜な夜な孤児たちが姿を消すことに疑問を抱く。そしてニブスと共に真相を突き止めようとするが、ある夜ドイツ軍の空襲警報が鳴る中、孤児院に空飛ぶ海賊船が現れ孤児たちを攫っていく。逃げようとしたピーターだったが、海賊たちに捕まり海賊船に乗せられる。

連れていかれた先はネバーランド。そこでは、島を支配する海賊・黒ひげによって大勢の孤児たちが集められていて、採掘作業に従事させられている。目的は、妖精の粉が宿る石。黒ひげは、不老不死の力を持つ妖精を狩り尽くしてしまったため、妖精の粉が宿る石を採掘させていたのである。ピーターも採掘に駆り出されるが、揉め事を起こし黒ひげに処罰されることになる。海賊流に船から延ばされた板から突き落とされるピーター。しかし、ピーターは一瞬、空を飛び地面に軟着陸する。

 牢獄に閉じ込めてられたピーターは、そこでフックに出会う。2人は採掘場の現場監督スミーとともに海賊船を奪い、脱出に成功する。しかし森に墜落し、そこで原住民とその王女タイガー・リリーに出会う。ピーターがメアリーから託されたフルート型のネックレスを付けていたことを知ると、タイガー・リリーは、ピーターが原住民の間に伝わる「預言の少年」であることを証明させようと、3日の間に空を飛ぶことを命じる・・・

ここに出てくるピーターは普通の少年。PANとは、原住民の間に伝わる勇者のこと。そして囚われた採掘場で出会った男は「フック」と名乗る。つまり、オリジナルの『ピーターパン』に出てくるフック船長であろう。だが、オリジナル版では敵対関係にあるはずだが、ここでは手を組んで黒ひげと対峙する。どこでどう関係が変化したのか。この映画以降にそれが描かれるのかもしれないと思うと、ちょっと楽しみである。

主人公ピーターを演じる少年は無名だが、脇を固めるのは、ヒュー・ジャックマンにルーニー・マーラーと大物陣。ストーリーも面白く、単純に楽しめる。冒頭では、空飛ぶ海賊船がスピットファイアと空中戦で銃撃を受けるが、なかなか観る者を楽しませてくれる演出である。内容的には勧善懲悪のハッピーエンドであるが、内容的にも続編が作られるのであろうと思われる。

続編も楽しみにしたいと思う映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 22:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2016年10月02日

ペギー・スーの結婚

ペギー・スーの結婚.jpg

原題: Peggy Sue Got Married
1986年 アメリカ
監督: フランシス・フォード・コッポラ
出演: 
キャスリーン・ターナー: ペギー・スー・ケルチャー
ニコラス・ケイジ: チャーリー・ボデル
バリー・ミラー: リチャード・ロビック
キャサリン・ヒックス: キャロル・ヒース
ソフィア・コッポラ: ナンシー
ヘレン・ハント: ベス

<映画.com>
********************************************************************************************************
25年前のハイスクール時代にタイム・スリップした主婦の数奇な体験を描く。製作はポール・R・グリアン、エグゼクティヴ・プロデューサーはバリー・M・オズボーン、監督は「コットンクラブ」のフランシス・フォード・コッポラ、脚本はジェリー・レイクトリング、アーレン・サーナー、撮影はジョーダン・クローネンウェス、音楽はジョン・バリー、編集はバリー・マルキンが担当。出演はキャスリーン・ターナー、ニコラス・ケイジほか。
********************************************************************************************************

この映画を初めて観たのは、1987年の4月20日である。今から29年前ということになるが、個人的には強く印象に残っていて、「いつかもう一度観てみたい」と思っていた。そういう映画は何本かあるが、実際に今回は観ようと決意した次第。まだ観ていない映画を優先したいところだが、やっぱり印象深い映画をもう一度観るのもいいものだと思うからである。

主人公のペギー・スーは、高校時代から付き合っていたチャーリーと結婚して2児に恵まれたものの、夫は外に女を作って今は別居中である。ちょうど高校の同窓会が開催されるところで、ペギー・スーは娘の励ましで若々しいドレスを着込み、会場へと出かけていく。会場には、懐かしい顔が溢れている。そして、その夜のハイライトとしてクイーンとキングが選ばれることになり、キングには成功してリッチになったリチャードが、クイーンにはペギー・スーが選ばれる。しかし、興奮の最中、彼女はその場で倒れてしまう・・・

気がつくと、あたりの様子が変わっている。そこは、1960年の学校内であった。つい先ほどまで話をしていた友人たちが、高校生の初々しい姿で話しかけてくる。家に帰るとこれも若々しい両親と、まだ可愛い妹がいる。そこでペギー・スーは、自分が過去に戻ってしまったことを知る。そして、付き合っていたチャーリーが家に迎えに来る。チャーリーは、ミュージシャンになる夢をペギーに語る。

過去に戻って人生をやり直すというストーリーは、先日も『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』を観たところだが、「人生をやり直せたら」というのは、誰もが抱く願望である。現代では、チャーリーの浮気から別居生活を送り、もう離婚をする決意を固めたペギー・スーが、まさにチャーリーと付き合っている高校時代に戻るというストーリー。現代の同窓会では、「あの頃に戻れたらもう過ちは犯さない」と友人に語るペギー・スー。果たして待ち受ける「未来」にどう向かっていくのか。

過去の高校生生活は楽しく、喧嘩ばかりしていた妹とは仲良くし、ガリ勉で友達のいなかったリチャードには、タイムスリップの秘密を語る。同窓会では、「あの頃チャーリー以外に抱かれてもいいと唯一思った」と語るマイケルに近づく。しかしながら、子供達に会いたくて、現代に戻る方法を探し求める。今は亡き祖父母を訪ね、自分の身に起きたことを語るペギー・スー。祖父母は疑うことなく、その話を静かに聞く。

自分だったら、いつの時代に戻りたいだろうか、そしてその時、どういう決断を下すのだろうか。いつの間にかそんなことを考えている。違う相手と結婚するという考えは素敵だ。だが、そうすると愛しい子どもたちとは二度と会えなくなる。映画では描かれていなかったが、そんな葛藤をペギー・スーも感じていたのかもしれない。

そして、ペギー・スーの決断は、初めて観た私には心に深く残るものがあった。だからこそもう一度観たかったのであるが、その感動は再び蘇ってきた。29年の時を経ると、だいぶ記憶と違っているところもあるが、感動したところは不変であった。ニコラス・ケイジの若々しさも新鮮であり、懐かしさとともに、やっぱり自分も過去に戻って人生をやり直すチャンスをもらいたいと願わずにはいられない。

いい映画というものは、やはり何度でも観たいものだと思わせられる。私にとっては、心に残る映画の一つである・・・

評価:★★★☆☆





posted by HH at 23:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー