2017年09月30日

【あやしい彼女】

あやしい彼女(日本).jpg

2016年 日本
監督: 水田伸生
出演: 
多部未華子:大鳥節子
倍賞美津子:瀬山カツ
要潤:小林拓人
北村匠:海瀬山翼
金井克子:相原みどり
志賀廣太郎:中田次郎
小林聡美:瀬山幸恵

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
2014年公開の韓国映画『怪しい彼女』を、『舞妓 Haaaan!!!』『謝罪の王様』などの水田伸生監督がリメイクしたコメディー。73歳の頑固な女性がひょんなことから20歳の姿に戻り、失われた青春を取り戻していく姿を描く。ヒロインの20歳時を『ピース オブ ケイク』などの多部未華子が、73歳時を『うなぎ』『OUT』などの倍賞美津子が演じる。多部による1960年代から1970年代のヒット曲の熱唱や倍賞の毒舌など、一人の女性を演じる二人の女優に期待が高まる。
********************************************************************************************************

この映画は、韓国映画(『怪しい彼女』)のリメイク。リメイク作品はハリウッドなどではかなり見られるが、日本の映画もだんだんと海外作品のリメイクが増えていくのだろうかと思わなくもない。個人的には、どうせなら単なるコピーではなく、『許されざる者』のようにうまく日本アレンジしたものだと嬉しいと思う。

主人公は、73歳の瀬山カツ。女手一人で苦労して、一人娘の幸恵を育て上げ、今は孫の翼と3人で暮らしている。韓国版『怪しい彼女』では一人息子であったが、ここでは一人娘に代わっている。そして孫がミュージシャンを目指しているという設定は同じ。思ったことを言い、行動するセツは、娘ならず町内の人とも騒動を起こしがちであるが、唯一の理解者は戦災孤児の時から苦労をともにしてきた次朗である。これも韓国版と同じ。

ある日、カツは娘の幸恵とケンカして家を飛び出す。そしてふと目に止まったのは、ある古い写真館。店頭に飾られていたオードリー・ヘップバーンの写真に惹かれ、その不思議な写真館「オオトリ写真館」に入って、写真を撮ってもらう。写真館を出たセツが歩き始めるとひったくりにあってしまう。何とセツは、そのひったくりを追いかけ捕まえるが、気がつけば自分が大幅に若返っているのがわかり混乱する。

こうしてなんと、セツは20歳の自分に戻ってしまうが、打ち明けられる相手がいるわけでもなく、家に帰れるわけでもない。やむなく、それまでケチケチ蓄えた貯金を下ろすと身の回りのものを整える。そうして次郎の銭湯で湯船に浸かるが、そのままのぼせて倒れてしまい、ひょんなことから大鳥節子と名乗って次郎の家で居候生活を始める・・・

大まかなストーリーは韓国版と同じ。ミュージシャンを目指す孫に頼まれ、一緒にバンドに加わる。そして孫の音楽を否定すると、思いっきり昭和レトロな懐かしの歌謡曲を披露する。そしてこれがまた様になっている。特に「見上げてごらん夜の星を」はなかなかの圧巻。韓国版では味わえない昭和レトロの歌の味わいは、リメイク版ならではと言える。(もっとも音響にはちょっとモノ申したい気分であったが・・・)

奇想天外なストーリーもコメディタッチなので気軽に楽しめる。しかし、背景に描かれる人間ドラマはなかなか深い味わいがある。雑誌の編集長をやっているというセツの自慢の娘の幸恵は、おばさん扱いで閑職へと異動させられている。孫の翼は、バンドのメインボーカルが就活で抜け、人生の岐路に立っている。そして偏屈に思われていたセツも、女手一つで病弱な娘を抱え、なりふり構わぬ苦労をして生きてきたという過去がある。そうしたもろもろの思いが最後に現れ、涙腺を緩ませる・・・

韓国版は韓国版で良かったと思うが、主人公が歌う懐メロはやはり馴染んだ昭和のメドレーの方が深い味わいがある。メインとなる「見上げてごらん夜の星を」は、今聞いてもいい曲だと思う。そして主人公の息子を娘に変えたことで、子育ての苦労を同じ母の立場から見ることで、最後の母娘のしみじみとした会話につながっている。まさにリメイクならではだと思う。この映画に目を付けた人は隻眼だと言える。

オリジナルとは別に、むしろオリジナル以上にじっくりと味わえるリメイク映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 23:40 | 東京 ☁ | Comment(0) | ファンタジー

2017年09月24日

【エスケイプ・フロム・トゥモロー】

エスケイプ・フロム・トゥモロー.jpg

原題: Escape from Tomorrow
2013年 アメリカ
監督: ランディ・ムーア
出演: 
ロイ・アブラムソン:ジム
エレナ・シューバー:エミリー
ケイトリン・ロドリゲス:サラ
ダニエル・サファディ:ソフィー
アネット・マヘンドリュ:イザベル

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
世界的に著名なアメリカのテーマパーク、ディズニーランドなどの敷地で無許可で撮影を敢行したという異色作。仕事をクビになったさえない中年男が家族と一緒に訪れたテーマパークで遭遇する、現実と妄想の入り交じるシュールな体験を活写。悪夢的な内容や、夢と魔法のファンタジックワールドを、グロテスクな光景として映した世界観が衝撃的。
********************************************************************************************************

休暇で家族と共にディズニーランドのホテルに宿泊している主人公のジム。朝からバルコニーで電話をしているが、それは会社からの解雇通知。日本では考えられないが、せっかくの家族との休暇がとんでもないものになってしまう。さらに息子にはいたずらで締め出されてしまう始末。解雇の話を妻に言えるタイミングではなく、ジムは思いを堪えて家族とともにディズニーランドへと向かう。

男ならジムの気持ちは痛いほど想像できる。ホテルとパークを結ぶモノレールの乗り場で、ジムは咳き込んでいる者が妙に多いことに気付く。乗り込んだモノレールの車内では、フランス人の若い二人組の女性に妙に意識を奪われる。パークの中では、記念撮影をしたり、アトラクションに乗ったりと楽しい一時を過ごす。しかし、イッツ・ア・スモールワールドでは、周りの人形や家族がグロテスクに映るという気分に襲われる。

子供達もそれぞれ好みが違い、妻と娘、ジムと息子の二組に分かれることになる。子供向けの空いているアトラクションを乗り繋いで楽しむ妻と娘。一方、ジムと息子は人気アトラクション「バズ・ライトイヤー」で長蛇の列に並ぶ。しかし、順番が来た直前、機械の故障でアトラクションに乗れなくなってしまう。

息子と共に落胆したジムだが、そこにモノレールで見た2人のフランス人女性が通り掛かる。なぜか女性を追い駆けて行くジム。息子が嫌がるのもおかまいなし。妻からの電話も無視して、彼女たちと同じアトラクションに乗り続ける。挙句に、まだ小さくて無理なスターツアーズを無理強いすると、息子は体調を崩して吐いてしまう。妻になじられたジムは、今度は娘と2人で他のアトラクションへと向かう・・・

冒頭から画面はモノクロ。それはともかくとして、これは一体なんの映画なのかと訝しみながら観ていく。それは結局、最後までわからない。イッツ・ア・スモールワールドで人形の顔がグロテスクに変化したり、息子の目が黒くなったり、フランス人女性をストーカーのごとく追い掛けたり、咳をする人たちが妙に多かったり、ジムが椅子に拘束されたりと何かを暗示するかのようなシーンが次々に出てくるのだが、それが一体なんなのかわからない。

ジムの身に最後に起こったことに何か関係があるのか。ジムの妄想だったのか現実だったのか。創り手はもう少し観る者の立場になって創ってもらいたいと思わずにはいられない。とはいえ、所詮素人にピカソの絵が理解できないのと同様、立派な芸術作品は素人には理解不能ということなのかもしれない。素直に観ると全く面白くない映画である・・・

こういう映画が理解できるといいなぁと思う反面、別に理解できなくてもいいとも思う。映画は観きれないほどたくさんあるし、素人でもわかりやすい映画だけ観て楽しめばいいとも思う。いずれにせよ、自分目線で「つまらない」と断言したい映画である・・・


評価:★☆☆☆☆






posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | ファンタジー

2017年08月24日

【ピートと秘密の友達】

ピートと秘密の友達.jpg

原題: Pete's Dragon
2016年 アメリカ
監督: デビッド・ロウリー
出演: 
ブライス・ダラス・ハワード:グレース
オークス・フェグリー:ピート
ウェス・ベントリー:ジャック
カール・アーバン:ギャヴィン
オオーナ・ローレンス:ナタリー
ロバート・レッドフォード:ミーチャム

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
うっそうとした森の中で、一緒に過ごしてきた少年と謎めいた生き物エリオットとの掛け替えのない絆を描いた冒険ファンタジー。子役のオークス・フェグリーが主人公を好演。『ジュラシック・ワールド』などのブライス・ダラス・ハワードと、名優ロバート・レッドフォードらが共演。少年と不思議な生き物との友情や、彼らを取り巻く人々とのハートウォーミングな物語が胸に染みる。
********************************************************************************************************

まさにディズニー映画の真骨頂ともいうべき映画。
主人公のピートは、山中を家族とともにドライブしている。すると、突如現れたシカを回避しようとしたところ、車は横転。ピートは一人助かるが、森の中をさまよううちにオオカミたちに囲まれる。あわやというその時、緑のドラゴンが現れオオカミを追い払う。そしてドラゴンは、ピートを抱き上げると空へと舞い上がる・・・

そして6年の月日が流れる。子供達に森に住むという伝説のドラゴンの話をする老人ミーチャム。それを見守る娘のグレースは、森林保護の仕事をしている。ある日、普段は行かない森の奥に夫のジャックと娘のナタリーとともに行ったグレースは、髪も長く伸びた野生児に近いピートを発見し、保護する。ピートは、エリオットと名付けたドラゴンとともに森の奥で育っていたのである。

突然人間社会に連れてこられたピートは混乱する。搬送された病院から脱走を図るも、慣れない街の中であえなく保護される。ジャックとグレースに預けられたピートは、そこで森の中の暮らしとエリオットという友達について話をする。ピートの書いたエリオットの絵は、グレースの父ミーチャムが町の子供たちにおとぎ話として話しているドラゴンの絵とそっくりである。

やがて、身元が判明したピートは社旗福祉局で保護されることになる。一方ジャックの兄ギャヴィンは、ピートを見つけた森の中で何者のものともわからぬ巨大な足跡を見つける。そして付近を捜索するうちに、ドラゴンと遭遇する。一旦は這々の体で逃げるものの、ギャヴィンは仲間を集め、再び「ハンティング」に行く・・・

こうしてピートとドラゴンと町の人々の遭遇が描かれて行く。原作はずっと以前からあったようなのであるが、これまでこの話は聞いたことがない。しかし、実は東京ディズニーランドのエレクトリカルパレードに登場するドラゴンは、この物語のドラゴンなのだと聞くと、意外なトリビアにびっくりする。

少年と異生物との交流というと、何と言っても『E.T』を思い出す。この映画も『E.T』の模倣かという感じがしていたが、どうやらこっちの方が古いようである。ドラゴンといっても、「中国系」と比べるとぬいぐるみのような愛くるしいドラゴンで、火を吐いたりするが恐ろしさはまるでない。森の伐採が動物たちの住む場所を奪うというメッセージも底辺に流れているようで、さすがディズニー映画という感がある。

少年ながらピート役の子役は可愛いし、名優ロバート・レッドフォードが出て来る。年齢の割には、「おじいちゃん」に見えないのはさすがである。ここでは、子供の頃に遭遇したドラゴンの話を語りつぎ、ピートと一緒になってドラゴンを助けるいい役なのである。内容的には、子供が見ても十分楽しめるのであるが、大人もいつの間にか胸が熱くなっている。さすが、ディズニー映画である。

いろいろなメッセージが込められていて、子供向けというよりは、子供と一緒に観たい映画だと言える。1人で観てしまったのが残念で、ぜひ我が子にも観せたいと思わされた一作である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | ファンタジー

2017年05月12日

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち.jpg

原題: Miss Peregrine's Home for Peculiar Children
2016年 アメリカ
監督: ティム・バートン
出演: 
エイサ・バターフィールド:ジェイコブ・"ジェイク"・ポートマン
エヴァ・グリーン:アルマ・ルフェイ・ペレグリン
テレンス・スタンプ:エイブラハム・"エイブ"・ポートマン
エラ・パーネル:エマ・ブルーム
サミュエル・L・ジャクソン:バロン
ジュディ・デンチ:エスメラルダ・アヴォセット

<映画.com>
********************************************************************************************************
『チャーリーとチョコレート工場』 『アリス・イン・ワンダーランド』のティム・バートン監督が、ランサム・リグズによる全米ベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化し、人とは異なる奇妙な能力を持った子どもたちが織りなす物語を描いたミステリアスファンタジー。周囲になじめない孤独な少年ジェイクは、唯一の理解者だった祖父の遺言に従い、森の奥にある古めかしい屋敷を見つける。そこには、美しくも厳格な女性ミス・ペレグリンの保護のもと、空中浮遊能力を持つ少女や透明人間の男の子、常に無口な双子といった、奇妙な子どもたちが暮らしていた。主人公ジェイク役は『ヒューゴの不思議な発明』で知られるエイサ・バターフィールド、ミス・ペレグリン役は『007 カジノ・ロワイヤル』 『ダーク・シャドウ』のエヴァ・グリーンが務めている。
********************************************************************************************************

 ティム・バートン監督と言えば、これまでも“不思議系”の映画を数々と手掛けてきた監督だが、もう名前を聞くだけでその手の映画だろうとイメージしてしまう。そしてこの映画も、そんな期待通りの“不思議系”である。

 主人公は、フロリダ州に住むジェイク。両親と3人暮らしであるが、ある時近隣に住む祖父から電話を受ける。ただならぬ様子にすぐに駆け付けるが、家の中は荒らされ、祖父は目玉をくりぬかれて倒れている。そして一瞬目にした奇妙なモンスターの姿。祖父はそのまま死に際に謎の言葉を残して息絶える。小さい頃から祖父に不思議な話を聞かされて育ったジェイクは、ショックでしばらくカウンセリングを受ける。

 父親とともに祖父の遺品整理をしていたジェイクは、そこで幼い頃から聞かされていた「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」の写真やミス・ペレグリンから祖父の誕生日に送られた手紙を発見する。感じるものがあったジェイクは、父に頼み祖父に聞いたケインホルム島へ行く。そして地元の若者に教えられるまま向かった森の奥で、朽ち果てた屋敷を発見する・・・

 こうしてジェイクは、不思議な世界へと足を踏み入れる。そこはある種の「能力」を有している者にしか行くことのできない世界「ループ」であり、そこでは1943年の9月3日が永遠に繰り返されている。そしてそこにいるのは、ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち。ハヤブサに変身できるミス・ペレグリンをはじめ、怪力の少女、ふわふわと空中に浮いてしまう少女、あらゆるものに生命を吹き込む少年等々の異能力の持ち主。

 一方、祖父を殺したのはバロンという異能者に率いられたモンスター軍団。狙うは異能者の子供の目玉。こうしてジェイクは、祖父がかつて一緒に過ごしたというミス・ペレグリンと奇妙なこどもたちとバロンの陰謀に対峙することになる。この手のストーリーには、敵がいてみんなでピンチを切り抜けるというのが王道である。ジェイクもみんなそれぞれの異能を活かし、バロンと対決する。

 この異能なのであるが、その種類はみな違う。何となく観ていて既視感に覆われたのであるが、考えてみればこれは『X-MEN』シリーズと似通っているなということ。ただし、こちらの方が異能者がみんな子供ということもあって、戦いもかわいらしいものになっている。

 主人公のジェイクを演じるのは、『ヒューゴの不思議な発明』のエイサ・バターフィールド。『ヒューゴの不思議な発明』ではまだ幼い感じが残っていたが、さすがに成長している。『スーパーマン』のゾッド将軍のイメージがいまだ残るテレンス・スタンプももういいおじいちゃんである。

 祖父との幼い孫の交流。祖父の話す不思議な話に目をキラキラさせて聞き入る孫。父と子ではなく、祖父と孫という関係の持つ「深さ」もこの映画から感じるところである。我が家の子供たちにもこういう関係を持って欲しかったし、持たせてやれなかった後悔がちらりと脳裏をよぎる。

 エンターテイメントとして、純粋に楽しめる映画。ティム・バートンのこの手の作品はいつまでも観続けたいと改めて思わされる一作である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー

2017年05月01日

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅.jpg

原題: Fantastic Beasts and Where to Find Them
2016年 アメリカ
監督: デヴィッド・イェーツ
原作・脚本: J・K・ローリング
出演: 
エディ・レッドメイン:ニュート・スキャマンダー
キャサリン・ウォーターストン:ポーペンティナ(ティナ)・ゴールドスタイン
ダン・フォグラー:ジェイコブ・コワルスキー
アリソン・スドル:クイニー・ゴールドスタイン
コリン・ファレル:パーシバル・グレイブス
カルメン・イジョゴ:セラフィーナ・ピッカリー
エズラ・ミラー:クリーデンス・ベアボーン
ジョン・ヴォイト:ヘンリー・ショー・シニア
ジョニー・デップ:ゲラート・グリンデルバルド

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。『スティーブ・ジョブズ』などのキャサリン・ウォーターストンらが出演。アメリカを舞台に魔法動物学者と仲間たちが巻き起こす旋風に興奮する。
********************************************************************************************************

 大ヒットした『ハリー・ポッター』の続編というか姉妹編とでもいうか、新たなシリーズとして話題となった作品。

 1926年、イギリスの魔法使いで魔法生物学者であるニュート・スキャマンダーが、ニューヨークに到着する。まだ時代は船での移動である。何やら中に入っているらしいトランクを抱え、入国検査では中身の提示を求められ、「マグル」用を選択すると中は普通の旅行道具となっている。そしてニュートが、魔女や魔法使いを危険視するスピーチを聞いている間に、トランクから魔法生物が逃げ出してしまう。

 それをつかまえようとして戸惑うニュート。魔法生物は光るものが好きと見えて、銀行に入り込んで硬貨を次々と手に入れていく。追いかけるニュートは、たまたま居合わせたジェイコブ・コワルスキと出会う。そしてひょんなことから2人が持っていたトランクが同じものだったことから、取り違えてしまう。一方、アメリカの魔法組織に属するティナ・ゴールドスタインは、ニュートを見つけ無登録の魔法使いとして逮捕する。

 その頃、ニュートのトランクを取り違えたジェイコブのところでは、トランクから生きものが複数逃げ出してしまい、アパートを壊してジェイコブは噛まれと大混乱が生じる。ティナとニュートがジェイコブは、現場に急行し逃げた生物を探すことになる。そして2人を見張ることとなったティナは、彼らを自分のアパートに連れて行く。そこには人の心を読むことのできる妹のクイニーがいる。こうして4人は、必然的に逃げた魔法生物の行方を追うこととなり、それと並行して進む悪巧みに巻き込まれていくこととなる・・・

 終わったと思っていた人気シリーズが、形を変えて復活するというのも面白いとこの映画を観て思う。ここにはハリー・ポッターやその仲間たちは一切出てこない。唯一タンブルドアの名前が出てくるだけである。しかし、そこに展開される魔法使いたちの姿は、まさに『ハリー・ポッター』シリーズのそれである。好きな人にはたまらないかもしれない。

 そして舞台はイギリスからアメリカへと移る。時代はシリーズよりも前となる。アメリカにも魔法使いがいて、しかもイギリスでは「マグル」と呼ばれていた人間は、アメリカでは「ノー・マジ」(=ノー・マジック)と呼ばれている。イギリス英語とアメリカ英語の違いであり、ささいなところだが面白い。

 物語は、逃げ出した魔法生物を追う騒動と、それと並行して暗躍する悪役との対決があって、面白おかしく進んでいく。見所はと言えば、やはり繰り広げられる魔法の世界だろう。ニュートのトランクの中などは、やはり魔法世界ならではであり、そしてそれを実現する映像力であろう。難を言えば、タンブルドアの名前以外にも『ハリー・ポッター』シリーズの世界とのつながりがあったのかもしれないが、イマイチそのあたりがよくわからなかったことだろう。

 最後の最後にジョニー・デップが登場したりして、なかなか遊び心にも満ちている感があった。これもシリーズ化されるなら続けて観ていきたいと思うところである。夢のあるシリーズゆえに、ずっと続いていくことを望みたい映画である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ファンタジー