2017年09月15日

【シン・ゴジラ】

シン・ゴジラ.jpg

2016年 日本
監督: 庵野秀明
出演: 
長谷川博己:矢口蘭堂(内閣官房副長官・政務担当)
竹野内豊:赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当)
石原さとみ:カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使)
高良健吾:志村祐介(内閣官房副長官秘書官[防衛省])
大杉漣大:河内清次(内閣総理大臣)
柄本明:東竜太(内閣官房長官)
余貴美子:花森麗子(防衛大臣)
市川実日子:尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐)
國村隼:財前正夫(統合幕僚長)
平泉成:里見祐介(農林水産大臣)
松尾諭:泉修一(保守第一党政調副会長)

<映画.com>
********************************************************************************************************
「ゴジラ FINAL WARS」(2004)以来12年ぶりに東宝が製作したオリジナルの「ゴジラ」映画。総監督・脚本は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の庵野秀明が務め、『のぼうの城』「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の樋口真嗣が監督、同じく「のぼうの城」「進撃の巨人」などで特撮監督を務めた尾上克郎が准監督。14年のハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』に登場したゴジラを上回る、体長118.5メートルという史上最大のゴジラをフルCGでスクリーンに描き出し、リピーターが続出するなど社会現象とも呼べる大ヒットを記録。興行収入は81.5億円に上り、第40回日本アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか7部門で最優秀賞を受賞した。ある時、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸で開かれた緊急会議では、地震や海底火山の噴火など事故原因をめぐって議論が紛糾する。そんな中、内閣官房副長官の矢口蘭堂は、海底に正体不明の巨大生物が生息し、それが事故の原因ではないかと推測するが……。矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官・赤坂秀樹役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人のキャストが出演し、狂言師の野村萬斎がゴジラのモーションキャプチャーアクターとして参加した。
********************************************************************************************************

「ゴジラ」映画は、近年いろいろと創られているイメージがある。それはハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』の登場で、「ついにそこまできたか」と思ったものであるが、本家がさらに追撃してきたのがこの作品。しかし、この映画はいままでの「ゴジラ」ものとはちょっと趣が異なっていた。

東京湾羽田沖で大量の水蒸気が噴出する。また、同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル崩落事故が発生する。政府は原因を海底火山か熱水噴出孔の発生と見て対応を進める。しかし、主人公の矢口蘭堂内閣官房副長官は、ネット上の一般人による配信動画や目撃報告から、巨大生物に起因している可能性を主張するが、突拍子もない意見は受け入れられない。

やがて巨大な尻尾部分がテレビ報道されたため、政府は巨大生物説を採用せざるを得なくなる。出現した巨大生物は、多摩川河口から東京都大田区内の呑川を這いずるように遡上し、蒲田で上陸、さらに周辺の建物を破壊しながら進んでいく。政府はこの事態に対し、自衛隊に害獣駆除を目的とした出動を要請する。

今回のゴジラの登場は、当初ゴジラとは似ていなく、しかも歩行せずに這う形で移動するので、てっきりゴジラと戦う怪獣なのかと思っていたら、実は進化の途中でこれがのちになじみのあるゴジラへと進化して行くのだとわかる。このあたりは、なぜゴジラが誕生したのかという理由の説明にもなっていて、ストーリーをしっかり作っているという感じがする。

観ていくうちに、いつもの「ゴジラ映画」としての違和感を覚えていく。というのも、描かれていくのは、矢口内閣官房副長官を中心とした官僚、政治家の行動で、ゴジラはその材料を提供しているに過ぎないからである。予期せぬ緊急事態の発生に政府はどのように行動するのか、各官僚の報告の様子、政治家の反応がそれぞれ興味深い。

こうした事態に対し、場合によっては立法手続きも必要となる。巨大生物を駆除するとなり、自衛隊に出動を要請するが、場所は東京の市街地の中であり逃げ遅れた市民がいる可能性もある。そうした中で攻撃命令は簡単に下せない。総理大臣も大きな判断を求められるわけで、こうした緊迫したやり取りが面白い。

ゴジラの進化が最終形になると、自衛隊だけでは手に負えず、米軍の出動となる。米国より大統領次席補佐官および大統領特使が極秘裏に来日し、独自に取得していた情報をもたらす。被害地域で微量の放射線量の増加が確認され、ゴジラが放射線源だと判明する。米軍のF35が攻撃を開始するが、ゴジラの反撃にあって全滅する。口から炎を吐き、背びれから熱線を発し、飛来するものをすべて破壊してしまう。このあたりはゴジラ映画を踏襲している。

事態は国連安全保障理事会にまで上げられ、そこで重大な決定がなされる。米国と日本との一見対等ながらいまだに「占領政策」が続いている問題も描かれ、ゴジラ映画という範疇には当てはまらない。どちらかというと、国家の緊急事態を扱ったパニック映画という意味合いが強い。そしてそこからは、我が国の政府組織の姿が見て取れて興味深い。そこにはリアリティがあるのである。

ゴジラ映画でありながら、主役をゴジラではなく政府官僚ら人間においたところがこの映画のミソであろう。映像の迫力もさることながら、人間ドラマがこの映画の魅力だろうと思う。そういう意味で、単なる「怪獣映画」に分類したくない、実に面白い一作である・・・


評価:★★★☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | パニック

2017年07月29日

キングコング:髑髏島の巨神

キングコング:髑髏島の巨神.jpg

原題: Kong: Skull Island
2017年 アメリカ
監督: ジョーダン・ボート=ロバーツ
出演: 
トム・ヒドルストン:ジェームズ・コンラッド
ブリー・ラーソン:メイソン・ウィーバー
サミュエル・L・ジャクソン:プレストン・パッカード
ジョン・グッドマン:ビル・ランダ
ジン・ティエン:サン
ジョン・C・ライリー:ハンク・マーロウ
トビー・ケベル:ジャック・チャップマン
ジョン・オーティス:ビクター・ニーブス

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作。島に潜入した調査隊が正体不明の巨大生物と遭遇し、壮絶な死闘を繰り広げる。監督は、主にテレビシリーズに携ってきたジョーダン・ヴォート=ロバーツ。調査遠征隊のリーダーを『マイティ・ソー』シリーズなどのトム・ヒドルストンが演じるほか、『ルーム』などのブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンらが共演。巨大な体でリアルな造形のキングコングの迫力に圧倒される。
********************************************************************************************************

「キングコング」と言えば、個人的にはジェシカ・ラングが主演した「1976年版」が印象深い。そしてそれ以前に創られた「1933年版」をリメイクした『2005年版』だろうか。いずれも人間が未開の地「スカル・アイランド」で発見したコングをニューヨークに連れてくるというストーリーだったが、この映画はそうした一連のシリーズとはまったく別物のストーリー。どういう位置付けなのか、興味深いところである。

物語は1944年に始まる。時に太平洋戦争の最中の南太平洋戦域。空戦で日米双方の戦闘機がとある島に墜落する。それぞれ降下したアメリカ兵マーロウと日本兵は、共に殺し合いとなるが、そこに巨大な猿が現れ、2人は殺し合いを忘れて呆気にとられる・・・コングの姿をずっと隠していた過去のシリーズに比べ、この映画は冒頭からいきなりコングが登場する。

そして時は流れ、ベトナム戦争が終ろうとしている1973年。特務研究機関モナークの一員であるランダは、ランドサットが発見した未知の島・髑髏島(スカル・アイランド)への調査の承認を得る。ランダはさらに護衛の部隊を派遣するように要請し、ベトナムから帰還予定だったパッカード大佐の部隊が同行することになる。また、元英軍特殊空挺部隊隊員のコンラッドを島の案内役として雇い入れる。ランダたちの行動を知った戦場カメラマンのウィーバーも調査隊に加わり、一行は髑髏島に向けて出発する。

髑髏島の周囲は暴風雨に覆われて船での接近は不可能という設定。それが衛星によって発見されたという状況。過去のシリーズとは一線を画すかの如きこの映画だが、舞台を現代にできないのは、地球上にはもはや未開の地はないという現実なのだろう。それでも目指す髑髏島は暴風雨で外界とは遮断されており、一行はベトナム戦争の象徴でもあるヘリコプター部隊で島へと向かう。

さっそく調査隊は、地質調査のための爆弾を投下していくが、そこに現れたコングは、次々とヘリを叩き落とす。「1976年版」では武装ヘリの前に倒されたコングだが、この映画ではヘリの攻撃に傷つきながらも、あっという間にヘリ部隊を全滅させる。この映画のコングは、なかなかの攻撃力である。

帰る手段を失ったコンラッドたちは、あらかじめ予定されていた3日後の迎えに向けて、島の中を合流地点に向かう。次々に現れる巨大生物。やがて一行は、島に住む未開の島民とそこで生き残っていたマーロウと出会う。そしてマーロウのおかげで島の様子がわかって来る。なんとコングは島の守護神であり、凶悪な生物スカル・クローラーを退治してくれる存在なのだと知る。一方ヘリ部隊を全滅させられ、部下を殺されたパッカードは、コングへの復讐の念に燃える・・・

人間だから、それぞれ立場や考え方が異なるのは仕方ない。探検に訪れた島で、いきなりコングに襲われた調査チーム。やがてコングが島の守護神であり、さらに島にはもっと凶悪な生物がいるとわかると、コングの立場は正義の味方へと変わる。しかし、最初の襲撃を根に持つ軍人たちにその考えはない。島からの脱出とコングとの対立と襲い来る巨大生物と、いろいろなものが混ざった物語。コングへの共感という点では同じだが、どうしても今までのキング・コング映画とは異なる。

「1976年版」も『2005年版』も、傲慢な人間の姿を描き、それを戒める部分があった。この映画もそれは同じ。しかし、人間社会に連れてこられたコングから感じさせられたものがこの映画にはない。島に残ったコングという点で、この映画は過去の映画とは異なる。鑑賞後の感じもそれが大きく影響する。この映画は単なる冒険モノの1つという感じである。

キング・コングの映画は単なるパニック映画ではなかったはずだが、この映画では単なるパニック映画と化している。
自分の中では、過去のシリーズとは一線を画したいと思う映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | パニック

2017年05月28日

10クローバーフィールド・レーン

10クローバーフィールド・レーン.jpg 

原題: 10 Cloverfield Lane
2016年 アメリカ
監督: ダン・トラクテンバーグ
製作: J・J・エイブラムス/リンジー・ウェバー
出演: 
メアリー・エリザベス・ウィンステッド: ミシェル
ジョン・グッドマン: ハワード
ジョン・ギャラガー・Jr: エメット
スザンヌ・クライヤー: レスリー

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を担当した異色スリラー。思いがけずシェルターの中で過ごすことになった男女を待ち受ける、想像を絶する出来事が展開していく。『リンカーン/秘密の書』などのメアリー・エリザベス・ウィンステッド、『バートン・フィンク』などのジョン・グッドマン、テレビドラマ「ニュースルーム」シリーズなどのジョン・ギャラガー・Jrらが出演。手に汗握る心理劇と、一気になだれ込む衝撃の展開に息をのむ。
********************************************************************************************************

 タイトルからは、『クローバーフィールド/HAKAISHA』の続編なのかなと予想していたが、ストーリー的にはまったく関係ない。共通点はなくもないが、その関係は観終わった今でさえも気になるところである。

 主人公は、服飾デザイナー志望のミシェル。彼氏と喧嘩別れの形で部屋を飛び出し、車で国道を走る。携帯電話には彼氏から電話が入る。ミシェルはためらいつつも彼氏の呼びかけには答えない。次の瞬間、車は大きな衝撃と共にひっくり返ってしまう。目を覚ましたミシェルは、自分が右足に大怪我を負い、点滴を受けた状態で地下室に監禁されていることに驚く。この展開は観ている方も驚く。

 やがて部屋にやってきたのは、太った大男ハワード。てっきり女の子を誘拐して何とかしようとしている変態野郎かと思いきや、そんな素振りは見られない。そしてハワードが言うには、ここは自分の農場の地下であり、外は何者かの攻撃を受けて、何らかの有毒物質で汚染されていると主張する。自分はミシェルを助けたのだと。事実なのか頭がおかしいのか。普通、後者だと思うだろう。そしてハワードの言う通り、地下室は沢山の食料等の物資を蓄えたシェルターなのである。

 そしてこのシェルターにはもう1人エメットと言う若い青年がいることもわかる。以前このシェルター作りを手伝っており、シェルターの存在を知っていて逃げ込んだとか。話の信憑性がちょっと高まる。されど、信じがたい話には違いない。ミシェルはハワードに順応したフリをしながら、脱出する機会を伺う・・・

 『クローバーフィールド/HAKAISHA』のことはかけらも出てこない。ハワードという男は自分のシェルターで独裁者のごとく振る舞い、果たしてその話は事実なのかと疑いながら映画を観て行く。ミシェルも同様である。このあたりの心理戦は面白い。そしてミシェルは隙をついてシェルターのドアまで逃げることに成功するが、そこで助けを求める顔の皮膚が爛れた女を見て愕然とする。

いくら安全だとは言われても、外の世界のことは気になる。テレビもラジオもなく、情報は何も得られない。外へ行きたくても「万が一」ということはある。しかし、留まるにしてもハワードを心から信頼することはできない。打つ手がないとはまさにこのことで、ミシェルは仕方なくシェルターでの生活を続ける。なにせ食料も暇つぶしの音楽もビデオもゲームもなんでも揃っている。しかし、ハワードの言動からはどうしても打ち解けにくいものがある・・・

そしてやっぱりなんとか外へという考えになる。それはそれで当然だろう。食料も無限ではないし、いつかどこかでというタイミングがあるわけである。そうして物語は、ミシェルが再度脱出を試みルコとで大きく動く。出るも残るも地獄なら、出ようというのが信条である。そして外へ出た結果が、なるほど、「クローバーフィールド」というわけなのであろう。それはその農場が、「クローバーフィールド10番地」だということだけではなく、『クローバーフィールド/HAKAISHA』と相通じるものが出て来るのである。

 結局のところ何だったのか、ちょっと一つに絞りきれていない気がする。ジャンルは何となったら、答えに迷うところがある。面白いのか、そうでないのか、個人的には迷ってしまう映画である・・・


評価:★★☆☆☆





posted by HH at 00:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パニック

2016年11月02日

ハリケーンアワー

ハリケーンアワー.jpg


原題: Hours
2013年 アメリカ
監督: エリック・ハイセラー
出演: 
ポール・ウォーカー: ノーラン・ヘイズ
ジェネシス・ロドリゲス: アビガイル・ヘイズ
ヨハンス・マイルス

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
『ワイルド・スピード』シリーズなどのポール・ウォーカーが主演を務め、生まれたばかりのわが子を守ろうとする父親を熱演したサバイバルドラマ。巨大ハリケーンに襲われ機能停止状態の病院に残った父親が、生命維持装置なしでは生きられない娘のために必死で生き抜こうとする姿を描く。彼の妻を『ラストスタンド』などのジェネシス・ロドリゲスが好演。助けを待ちながら、さまざまな知恵と勇気を振り絞って奮闘する主人公の姿が胸を打つ。
********************************************************************************************************

 主人公ノーランは、妻アビゲイルに付き添って病院に入る。出産を5週間後に控えたアビゲイルの具合が悪くなったのである。時にハリケーン・カトリーナが町を襲い、病院内も騒然としている。ノーランの願いも虚しく、アビゲイルは女の子を生んで亡くなってしまう。生まれた子も48時間は、人工呼吸器と点滴につながれ保育器の中にいないといけない。やがてハリケーンの猛威に、病院も避難指示を受け大半の人が避難していく。

保育器を動かせないノーランはやむなく病院に残る。ところが担当医は患者を避難先に送るが戻れなくなり、ノーランは一人病院に取り残される。全館停電となり、保育器と人工呼吸器は予備電源で維持されるが、それも尽き、ノーランは手動のバッテリーを探してきて電源として利用する。しかし、充電しても持つのは3分間のみ。そこからノーランのたった一人の戦いが始まる。

これはなかなか面白いシチュエーションである(もっともノーランにそんな事を言ったらぶん殴られるだろう)。バッテリーは3分ごとに手動で回して充電しなければならない。ノーランも妻を失った悲しみにくれる間も無く、娘を助けなければならない。食料を探しに行っても3分で戻らなければならない。まるでウルトラマンである。

そしてさらに緊迫感が増すことに、点滴がなくなり、ストックを求めて院内を探し回らなければならなくなる(もちろん、3分ごとに部屋に戻ってバッテリーを回さなければならない)。さらにそのバッテリーも次第に持続時間が短くなっていく。やがては2分を切る水準となっていく。

ヘリの音を聞きつけ、屋上へ向かうも、充電時間の制限があるから常にダッシュである。さらに最大の問題点は、「寝る間がない」ということだろう。何せ3分間(それもだんだんと短くなる)である。うたた寝すらする間がない。さらにはゴーストタウンと化した町には良からぬ連中が略奪に回る。せっかく助けが来たと思ったら、なけなしの食料を奪われ、助けに戻って来てくれた看護師を射殺してしまう・・・

ノーランを演じるのは、ポール・ウォーカー。これが遺作だという。冒頭と回想シーンで妻アビゲイルが登場するが、大半は一人芝居である。次々と襲い来る試練は、なかなかの展開である。それにしても、災害時にどう振る舞うかは、その人の本性が現れるものだとつくづく思う。屋上でヘリに向かって助けを求める人々。他のビルにヘリが向かいそうになると、なんと銃撃をする。略奪をするのはもとより、自分中心になるのは観客席から観ていると如何なものかと思わせられる。その場になってみないとわからないかもしれないが、正しく振る舞えるようでありたいと思う。

ストーリーといい、そんな事を考えさせてくれるところといい、なかなか深みのあるポール・ウォーカーの遺作である・・・



評価:★★☆☆☆





posted by HH at 21:50 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パニック

2016年05月05日

ジュラシック・パーク III

ジュラシック・パーク3.jpg

原題: Jurassic Park III
2001年 アメリカ
監督: ジョー・ジョンストン
出演: 
サム・ニール: アラン・グラント
ウィリアム・H・メイシー: ポール・カービー
ティア・レオーニ: アマンダ・カービー
アレッサンドロ・ニヴォラ: ビリー・ブレナン
トレヴァー・モーガン: エリック・カービー
ローラ・ダーン: エリー・デグラー

<シネマトゥデイ>
********************************************************************************************************
スティーブン・スピルバーグ監督により映画化されて、世界的な恐竜ブームを巻き起こしたパニック・アクション大作『ジュラシック・パーク』の第3弾。不慮の事故で孤島に取り残された12歳の少年エリックを助けるため、古生物学者のグラント博士が再びあの海域に向かう……。シリーズ1作目、2作目には登場しなかった未知の恐竜も多数出現。さらにバージョンアップされた驚異的なSFX映像で産み出された迫真の恐竜たちが大暴れする。
********************************************************************************************************

最新作である『ジュラシック・ワールド(2015)』を観たばかりであるが、たまたま息子が「観たい」と言い出し、急遽観ることになったこの映画。これだけ観ないというのもなんだし、で一緒に鑑賞。

冒頭、子供連れの男がパラセールを楽しんでいる。場所はどうやら立ち入りを禁止されているはずの「恐竜の島」。ところが何かのトラブルがあって、2人は島に着陸する・・・

場面変わって登場するのは、シリーズ1作目から主人公を務める古生物学者のアラン・グラント博士。グラント博士は、助手のビリーと一緒に恐竜の研究を続けていたが、資金面での苦労が絶えない。そんな2人のもとへ実業家と名乗るポールと妻のアマンダが現われ、恐竜が存在するイスラ・ソルナ島上空を回るツアーのガイドをしてほしいと申し出る。グラント博士は研究資金を見返りに彼らの要望を渋々承諾する。

 しかし上空を舞うはずの飛行機は、島に着陸する。実はポールとアマンダの本当の目的は、8週間前にこの島で行方不明になった息子のエリックを探すことであった。ところが着陸早々恐竜たちに襲われ、飛行機はあっけなく大破。助けるどころか自分たちの身の安全も危うい状況となってしまう。そして1人また1人と恐竜に襲われていく・・・

舞台となったのは、前作とは異なり「サイトB」と呼ばれる別の島。のちに『ジュラシック・ワールド(2015)』が作られる島とは別の島のようである。当初は上空からのガイドのみと聞いていて、「島には絶対に行かない」と宣言していたグラント博士だが、騙されたとはいえ、島に入るとそこは研究者の血が騒ぐのか、興味津々の様子。

そして次々に襲い来る恐竜たち。特にヴェロキラプトルが、集団で狩をするなどの知能を有していたと評され、存在感を示す。シリーズ1作目から『ジュラシック・ワールド(2015)』まで続けて登場する「恐竜の主役」的な存在である。でかいだけのTレックスと比べて、いろいろとこなせるから丁度いいのであろう。

次々に襲い来る恐竜たちから逃げ惑いつつ、一行はエリック少年と出会い、そして脱出行となる。ハラハラドキドキしながら恐竜たちの映像をじっくり楽しめるということで、先入観から観ないでいたものの、これはこれで面白い。さすがスピルバーグといったところである。
この3作目から、マイケル・クライトンの原作から離れオリジナルストーリーになったようである。最新作も創られたし、今後も続くのかどうかはわからないが、続くのであれば観て楽しみたいと思う。

子供と一緒に楽しめるという意味でも、いい映画である・・・


評価:★★☆☆☆




posted by HH at 20:04 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | パニック